利尻島・礼文島と稚内・宗谷岬3日間の旅に行って来た。(報告1)

JUGEMテーマ:日記・一般

7日の朝から北海道旅行に夫婦で行って来た 7日朝起きたら雨が大降り(苦笑)

米子空港7時集合 朝早い事もあって案外早く到着 お蔭で駐車が空港の建物近くに停められた。

7時から受け付け 広瀬からの人は?と思っていたら 我が夫婦以外に2名の参加。

 

某社が団体で15名程と 松江から8名のグループ 他は夫婦に友達組に個人参加で総勢40名。

FDAチャーター直行便で行く旅 雨の米子空港を8時に出発 2時間10分の飛行。

 

本州上空は雲で地上は見えず・・・

 

北海道上空になって所々地上が見え出し 稚内上空は雲が少なくなって・・・

 

海岸に沿った稚内空港に到着 飛行機から直接空港に降りて 空港の建物に 予定時刻より少し早めに到着。

 

空港からは観光バス 座席指定がされていて 慌てて乗車する事もなくバスに。

北海道最初の観光は宗谷岬 バスが走り始めたら雨が降ってきて 宗谷岬では小雨。

日本最北端の地へ・・・

 

風と小雨で寒く感じた この旅最初の土産物屋に・・・

 

並んでいるのは昆布が主(笑)バスガイド曰く最初に買うと 土産を三日持ち歩くと。

どうせ昆布は買う(笑) 日程で海鮮市場も組まれている 値段を見るだけ。 
宗谷岬の小高い丘のゲストハウスで 宗谷牛の陶板焼きで昼食 美味しく食べた。

 

食後のデザートは別料金 店員が見本のメロンの切ったのを見せて注文取り。

せっかく来たのだからと妻に・・・食事の場所から宗谷岬を眺める。

 

次は宗谷岬の反対側にある ノシャップ岬に行くここに来たら晴れて・・・

 

 

 

イルカの像の前で記念撮影。

 

ハマナスの花がポツポツ咲いていた。

 

花は終りに近く 早くより咲いた花は赤い実になっていた。

 

稚内市街地でエゾシカ ところがこの岬では堂々と目の前を歩いて・・・

 

 

 

民家の庭の草を食べ始めた。

 

一行エゾシカなどお目に掛かる事は無い 何人もシカの近くで撮影。

全く動じなかった ガイド曰く民家の庭にも入って荒らすと・・・

一日目の観光はここまで バスで稚内港に行き利尻島行のフェリーに。

 

フェリーは先程見たノシャップ岬の先端を廻り 今夜の宿泊地利尻島に。

 

日が暮れてから利尻島到着 フェリーから夕陽を見る。

 

幸いにも宗谷岬を後にした頃から青空が広がった 明日は晴れるらしい。

利尻島のホテルに着いたのが18時40分頃 あたりは暗くなって気温が下がった。

ホテルに着いて温泉に入って夕食 一日目にして結構歩いた感じ。

ま〜精々楽しくである 広大な海に広い平地 見慣れない景色を見ながらである。


今日は曇りで時々小雨。明日から二泊三日で北海道旅行(笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は曇りで時々小雨 昨日までと違いちょっと蒸し暑い・・・

ま〜まだ9月になったばかり 暑い日はまだ当然あるだろうと・・・

 

集落の山や田んぼの空も雲が覆って・・・

 

稲刈りまでにはまだ間がある JAが北海道旅行を募集 その行き先が稚内に利尻島と礼文島 北海道は何回も行ったが紋別市から先には行っていない。

最北端の宗谷岬に利尻・礼文の二つの島に行きたい!(笑) 夫婦まだ歩ける 歩ける内に行って見ようとなった。

 

明日米子空港からチャーター便で 一気に稚内空港に行く行程。

宗谷岬を見て 宗谷牛陶焼きで昼食 船で利尻島に行きこの島で泊り。

次の日は利尻島観光 船で礼文島に渡りうに丼で昼食 礼文島観光 夕方には船で稚内市に戻り泊り。

 

三日目は稚内市観光 北方記念館を見て海鮮丼で昼食 サロベツ原野を見て夕方稚内空港から米子空港直行。

おおまかこんな日程である ただね〜北朝鮮がミサイル発射に核実験。

何となく騒然としたこの時期である まさかチャーター便にミサイルは無い?

 

天気予報では稚内地方は雨ではないようである 気温は20度前後らしい???

奈良の娘に電話したら稚内に二つの島は この時期高山植物の花が素晴らしいらしい。

花を見たら何でも写して帰れと 簡単に見に行かれない花がいっぱいだという・・・

明日は朝7時米子空港集合 せいぜい三日夫婦で楽しんで来る!!!(笑)


稔りの秋が来た。早生の栗が落ち稲もだんだん黄金色に色付く。

JUGEMテーマ:日記・一般

9月になったとたんに 朝晩が冷えて・・・明け方は毛布が無いと寒く感じる。

まだ残暑はあるだろうが このところは9月上旬の気温ではない。

この気温に誘われたわけではないだろうが 早生の栗が次々落ちて 妻は栗拾いに直売所に出すのに毎日処理である。

 

大木の栗の木の高い所から イガが弾けて・・・

 

 

 

弾けたイガが落ちる。

 

栗も落ちている。

 

ここは谷間 何処からか猪がメッシュを潜って出る 妻曰く猪と競争 猪には喰わしたくないとせっせと拾う。

田んぼの稲もだんだん稲穂が垂れて黄金色に色付く もう20日もすれば稲刈り。

 

 

 

5月末に田植え あれやこれや手を掛けて間もなく 米作りの最後の作業の稲刈りに籾摺り。

集落の大半が稲刈りに籾摺りは委託 ま〜せっかく手塩に掛けてここまで来た。

稲刈りに籾摺りに必要な機械は持っている 夫婦でボチボチすればいいと。

 

米価が低いのに高額な委託料を払うこともない 苦労して作った米代金 少しは夫婦で使ってもバチは当たるまいと会話(笑)

晴れ間の日に稲刈り 雨の日に籾摺りをボチボチである。

どんなにゆっくりしても 半月もあれば玄米にして出荷が出来る(笑)


キャベツにブロッコリーの苗を植える妻。早生の栗が落ちて・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

ここ2〜3日前から空気が秋に変わった 夜半から肌寒く感じる事もあるようになった。

陽の当たる場所はさすがに暑いが 日陰に入ると風をひんやりと感じる。

8月も今日で終り 明日からは暦の上で秋 残暑の厳しい日もあるだろうが秋を実感する事も多くなる。

 

夏の青空から秋の澄んだ青空になる。

 

何故か×印になった雲が・・・

 

先日トラクターで耕した畑 妻がキャベツにブロッコリーの苗を植えた。

 

 

 

活着すれば一雨毎に大きくなる 50本ずつ植えたというが夫婦には多過ぎる(苦笑)

早生の栗が落ちだした 今の所は二か所で落ちる ビニール袋に拾って。

 

これから妻は毎晩この栗の渋皮を剥ぎ その下にある渋を取って直売所にである。

ご苦労な事であるが ジッとしているのが嫌いな妻には 程よい?作業?

栗の木の傍らのミョウガが茂った場所 花が咲いていたと栗と一緒に採って来た。

 

酢の物か梅酢に漬けて食卓? ミョウガが出るようになると秋実感。


秋・冬物野菜の作付準備。

JUGEMテーマ:日記・一般

8月も下旬 妻曰くそろそろ秋・冬物野菜のため 畑をトラクターで耕してと。

トマトも抜いた キュウリも少し残して抜いた ナスも少し残して抜いた。

スイカにマクワウリの蔓は全部抜いた 注文の秋・冬用の苗がそろそろ来ると。

 

午後は所によって雨の予報 じゃぁ午前中にと共有のトラクターを畑に。

昨日用事があって一日中冷房の施設内 冷房に慣れた体?今日の暑さが堪えた!

それでも熱い風を受けて畑に・・・夏野菜を片付けた畑。

 

 

 

 

 

このところ雨が降っていない 土が焼けて熱風・・・ロータリーで掻き混ぜれば土埃が舞いあがったが 耕すのが終った。

 

 

 

妻曰く少々の高低を均すのは簡単 耕してあればどうにでもなると。

 

何の事はない夫が知らないだけで もうキャベツの苗が来ていると。

早速高低を均し畝を作り午後には植えるという ま〜お蔭で自家で作ったキャベツが口に入る。

暑い暑いと言っているが 畑ではもう秋や冬の準備である。

 

来月になれば大根などの種蒔きもするという 間引き菜が口の入るのもそう先ではない。

間引き菜が口に入る頃には 秋晴れの過ごし易い時期?(笑)


秋の空気に変わったのか今日は涼気を含んだ風。そこかしこに秋の気配・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

蒸し暑さが今日は無い 北からの高気圧の影響なのか 今日は涼気を含んだ風で 草刈りをしていて休憩に木陰に入ると スッと汗が引く感じである。

そういえば今朝は久しぶりに 芽が覚めたら毛布を掛けていた(笑)

そろそろ秋の味覚の栗の早生のイガが弾ける 草が茂っていては落ちた栗が分からない で栗の木の下の草刈り。

 

緑の草に覆われていたが刈ってスッキリ・・・

早生の栗のイガが少し色付き始めた そんな気がするのだが・・・

 

早生以外のイガ栗はまだしっかり緑が濃い。

 

妻が別の場所にある早生の栗の木の下で 1個弾けたイガが落ちていて栗を拾って来た。

 

妻曰く もう5〜6個落ちたら初物で栗ご飯をと・・・

5年日記では例年今の時期に もう少し多く拾っている 今年は遅れているのか?

栗を植えている谷間の畑 今日はその空も青空である。

 

午前の草刈りが終って 田んぼを廻って帰宅 盂蘭盆に穂が出た稲が垂れ始めていた。

 

来月末には稲刈りが出来る 新米が口に入るのもそう先ではない。

この先台風や集中豪雨など 激しい天候にならない事を願う 風は穏やかに雨はシトシトであって欲しい。

先日久しぶりに彩雲。

 

太陽から離れた一か所に彩雲。

 

空を眺め 虫を探し 草花を見つけてと 自然の移ろいを愛でる。

秋の気配がこれからそこかしこに・・・ 残暑が厳しくても秋は近い・・・


日曜日は稲の病害虫の共同防除。早生の栗がそろそろ落ちる。山道の草刈り・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

日曜日は稲の病害虫の共同防除 指定の農薬でこれ一回だけである。

集落の稲の病害虫防除は 昭和30年代から稲作農家全員での共同防除。

粉剤が出た時から今までずっと 粉剤での共同防除である 粉剤散布に50mのホースが出るまでは 散粉機を背負い田の中を歩いて散布したが 今は田の中を歩く事はない。

ホースの先端は人が持って歩く 歩く場所は畔 で防除の日までに畔草刈りをしておく。

 

畔草が長くなっていると歩き難い 草刈りは田の持ち主の自己責任(笑)

農道沿いの田は散粉機は軽トラックに載せて散布。

 

 

 

幸い日曜日は雨が降らず予定通りに終る 終われば例の如く慰労会(笑)

畔草刈りも終っている 農薬が散布してある これで当分田には入らないし 作業もない。

田にばかり出ていた そろそろ栗の早生が落ちる で谷間の栗の木の場所にと向かったら 山道の草が伸びていて軽トラックも難儀。

 

 

 

昨日からこの山道の草刈り・・・

 

草を刈って山道がスッキリ これで栗の木のある場所まで・・・

 

この奥から猪が出て来る(苦笑)

 

栗の木の下も草が伸び放題。

 

 

 

ボチボチこの場所も草刈り・・・

 

午前は晴れて暑かった!!!・・・

 

午後も暑い昼休みはたっぷり(笑) ところが13:30頃から遠雷 幾らもしない内に急に近くで大きな雷 と同時に大粒の雨が降って来た。

あのまま降り続いたら集中豪雨 幸いそうならず20分ばかりで小降りに。

雷もその後は鳴らず雨も止んだ 過激な天候はごめんである・・・

 

雨が降って少しは気温が下がるかと思ったが・・・

例年月末には早生の栗が落ちる それまでにボチボチ栗の木の下の草刈り。 


月遅れの盂蘭盆も今日で終る。稲の穂が出て柴栗のイガが大きくなる。

JUGEMテーマ:日記・一般

月遅れの盂蘭盆もあれよあれよいう間に今日で終る 亡くなった息子の初盆で人の出入りが多く 妻とバタバタだったが 明日からまた二人での生活に戻る。

盂蘭盆に改めて息子への想いに・・・

 

盂蘭盆前からバタバタ 田にもなかなか出ず その上にこのところのぐずついた天気。

カッとした陽射しが久しくない 稲の穂が出る時期に陽射しが無いのが気になる。

立秋が過ぎて田の近くの柴栗のイガが大きくなって・・・

 

陽射しが無いのは気になるが それでも稲は時期になれば穂を出す。

その稲には相変わらずイナゴが群がって・・・

 

穂が完全に出た株が多くなっていた。

 

 

 

もう一週間もすれば穂が出揃う 太陽が出て欲しいのだが・・・

谷間の栗の木の所に行って見た その時期になればその時期の花。

山裾にはこの時期に花を咲かせる キツネノカミソリの赤い花。

 

稲の花が咲きその甘い匂いに誘われたのか 山奥にいた猪が里山に降りて来ている。

至る所を掘り返していた。

 

葛が茂った場所も掘り返して・・・

 

稲の花が咲くまでは 殆ど田の周りまで出なかった猪が近くまで来ている。

稲の穂が乳化して太りだすと 猪も食べ頃になったと田に入り 稲を荒らす。

猪の被害が多くなり酷く荒らすのはこれからである 収穫が近くなると荒らす。

 

盂蘭盆は今日で終る 集落では集落の前の用水路のほとりで盆送り。

供えた物を持ち寄り送り火を焚き 集落の寺の住職が盆送りの読経。 

線香にロウソクを灯して仏を送る 我が家は新仏も併せて送る・・・


今度は天気がしゃんとしない(苦笑)稲の穂が出始めた・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

台風一過スカッとした天気にならない グズグズ曇ったり時には雨が降る。

今日も時折雨 晴れが続いた 今度はしゃんとしない天気続き 天気が偏り過ぎである。

8月も中旬 今日は近年から休日になった「山の日」。

 

間もなく月遅れの盂蘭盆 田の水見回りに出たら 稲の穂が出始めていた。

 

 

 

 

 

盂蘭盆が済んだら穂が出揃う田もある 穂が出揃ってから50日も過ぎれば稲刈り。

田植えから稲刈りまでがようやく半分過ぎた まだまだ何時かの年のように 盂蘭盆過ぎてからの長雨や 台風の襲来など天候の変化や 突発的に害虫のウンカの発生 イモチ病などの病気の発生には注意である。

 

稲刈りが済むまでは天候や 病害虫の発生には気が抜けない。

それでも穂が出れば田に入る事は殆ど無くなる とはいえ畔の草は伸びる(苦笑)

カメムシの棲み家になる畔の草は刈れと JAの指導はあっている。

とりあえず田の稲の事は休みで 盂蘭盆行事で先祖供養や新仏の供養である。


台風一過スカッとした青空にはならず(苦笑)田のイナゴが成長して飛び交う。

JUGEMテーマ:日記・一般

台風5号が昨日未明から今朝がたまでこの地に影響 昨日は未明からズッと雨だった。

幸いこの地は大雨や大風は無く まず穏やかに通過? 畑には慈雨だったかも。

まだ今日も北陸や東北は台風の影響下で 各地での濁流や強風の映像が流れている。

 

台風として史上最長の持続とも報じている 台風一過スカッとした晴れにはならず。

夏らしいカラッとした天気にもならず 今日は蒸し暑い一日になりそうである。

昨日は黒い雲で雨・・・

 

今日は青空もあるが時折雨も・・・

 

台風が過ぎた田に出て見る 大発生のイナゴが成虫になって 人や車が近づくと まだ稲の葉より畔の柔らかい草を喰っていたのが 一斉に飛び立って田の稲に移る。

白く見えるのが飛んでいるイナゴ。

 

 

 

農道の畔から歩くと一斉に飛び立つ そして稲の葉に・・・

 

まだ稲の葉を喰うのは少ない これから穂が出るようになると喰う。

最近の農薬はイナゴには影響しない? 共同防除してもイナゴは減らない。

旺盛に喰う時期と稲刈りの時期がずれて イナゴの害は気にならなくなっている。

 

珍しく家の網戸にバッタが・・・トノサマバッタかクルマバッタか?・・・

 

盂蘭盆過ぎには稲の穂が出る それまでしばらく田の作業はお休みである。

精々田の水見回りである。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM