やっぱり秋日和が悪い。今日も雨である。

JUGEMテーマ:日記・一般

秋日和が悪い 今日も雨である 昨日・一昨日は曇りで一時青空も出たが・・・

集落でも連日の雨で 稲刈りが出来ない田もある。

雨が多いから田が柔らかい コンバインが入らず稲刈りが出来ない。

 

10月といえば例年秋晴れが続くのだが 今年は2〜3日晴れなら その倍以上も雨。

今日も雨で山には霧も・・・

 

 

 

一昨日時々青空が出た 雨の合間にと谷間の山道をブラブラ・・・

ミゾソバの淡いピンクの花が咲いていた。

 

久しぶりの太陽にススキの穂が 光に照らされてユラユラ・・・

 

今年は柿が豊作 色付いて食べ頃に・・・

 

消毒などしない 虫が入った柿は熟柿になって 真っ赤に色付く。

この真っ赤な熟柿を目掛けて ヒヨドリにカラスが群れで来て突く。

赤い熟柿を食べ尽くすと 色付いた固い柿も突く カラス除けに郢紊鯆イ襦

 

そんなに多く張り巡らさない 人の高さ位で木の周りに2〜3回と 枝の内側でカラスやヒヨドリが止まるだろうと思われる枝に 2〜3回張っておく これだけでカラスは殆ど防げる。

どうも郢紊聾えずらく 羽根に触れるのを嫌って来ないようである。

 

農道の畔にイヌタデの花が群生 赤い絨毯?

 

 

 

今年は豊作だったビワだが 来年もまずまずなのか蕾が出て 12〜2月頃まで次々白い花を咲かせる。 

 

 

 

朝晩が冷えるようになって 早生のミカンが色づく・・・

 

寒くなると芽を出す山田の畔のカンワラビ 今年は少し早いように感じるが まだ枯れない草の間に出ていた。

 

昨日は曇りで時々パラパラ雨 その合間にミカンやビワを植えている畑の草刈り。

 

田んぼばかりに行っていて ここには久しぶり 草が伸び放題。

柿やミカンを採りに来るのに歩き易いようにと刈った あちらこちらに栗や柿やミカンなどを植えている 全部になかなか目が行き届かない(苦笑)

稲刈りが済んだのだから ボチボチ草刈りなど手を掛けて行く。

今日は雨 ま〜こんな日はお休み これからの時期は雨ならお休みである。


昨日・今日と夏日になり暑い・・・委託した稲刈りが今日一日で終る。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日から今日は夏日 青空が広がって 半袖でも暑い・・・

 

倒れた稲も刈取りを委託 今日一日で全部終る。

 

農道の両側の稲が倒れて・・・1/3程は刈って籾摺りしたが 倒れた稲は我が家のコンバインではかなり苦労しそうで ま〜夫婦疲れて寝込んでもと委託(苦笑)

委託先のコンバインは5条刈りの大型 我が家のは2条刈り(涙)

倒れていなければそんなに苦労しない 乾燥機に入るだけ刈り 次の日に籾摺り。

 

専業で米作り 時間に日にちが掛かっても気にしないが 倒れていると刈らずに株毎引き抜き 稲扱ぎの場所に土ごと入り詰まる。

大型のコンバインになれば そんな事にならずに刈取り 籾はJAのカントリー 夫婦は手出しや手伝いは無い。

ま〜休養日も兼ねて 谷間の減反の畑や山裾をブラブラ 気が付けばガマズミの実が赤く熟れて・・・

 

東北の方でこの実でジュースを作って売り出すと 新聞の記事で見たが・・・

ドングリも熟れて落ちだしていた。

 

 

 

家の裏のドウダンツツジも色付き始めている。

 

妻は畑に「あすっこ」の苗を植えた。

 

先月に蒔いた玉ねぎも芽を出して・・・

 

明後日頃からまた雨予報 雨になると寒気が入り寒くなる 体調管理に注意との天気予報。

とりあえず今日で米作りの外での作業が終る 最後まで全部夫婦でする事は出来なかったが 稲刈りが出来るまでは手塩に掛けて作った。

ここまで出来れば老夫婦でがんばったからかも 体が動かせることは有難い!!!


今日は二十四節季の寒露。秋晴れの一日。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は二十四節季の寒露 寒露とは 露が冷たく感じられるころのこと 空気が澄み 夜空にさえざえと月が明るむ季節ですとある。

寒露初侯には 鴻雁来る(がんきたる) 雁が北から渡ってくるころ その年初めて訪れる雁を 初雁(はつかり)といいますとあり そういえば先日出雲平野に 初雁が訪れたと新聞に写真が出ていた。

 

秋日和が悪くなかなか稲刈りが進まない 雨が再三降り稲も倒れて・・・

 

今日は秋晴れ 谷間の山の早い木は色付き始めた気がする。

 

青空の下で稲刈りの人も・・・

 

我が家は残りは委託した ま〜無理して寝込んでもと・・・

寒露 畑の冬物野菜が勢いを増して大きくなる それに連れ冬の草も勢いが増す。

 

ブロッコリーにキャベツも大きくなったが 草もね〜(苦笑)

白菜も勢いが増して・・・

 

秋に咲くシュウメイギクも白い花を咲かせた。

 

朝晩の冷えに雨でシイタケも次々・・・

 

この頃は毎朝毛布が離せない 9月に残暑も少なく一気に秋になった感じである。

寒露の次は霜降 月末の頃には山の方で霜の降りる頃になる。

その頃になると 大山当たりも初雪のニュースも流れるかも?

 

委託した稲刈りの予定が明後日 雨が降らず終れば今年の米作りが終る。

作柄がどのような結果なのか? 手を掛け汗した米作り やや良くらいであって欲しいものである。


今日午後は太陽が出た。先日刈った稲の籾摺り。

JUGEMテーマ:日記・一般

毎日雨 先日はかなりの雨 谷間の斜面の畑は 耕した土が流れて・・・

 

なかなか谷間の畑は手間が掛かる 流され流されてだんだん耕土が少なくなる。

野菜を作るのに耕土が少なくなれば困る で流された土をまた畑に運んで戻す。

余分な作業である ま〜毎日専業で農作業 ボチボチである。

 

稔りの秋 ミカン類も色付き始める 早生の温州ミカンが色づき始めた。

 

夏みかんも大きくなって・・・

 

ユズもまずまず生っている。

 

午前は先日稲刈りをした籾摺り 夫婦でボチボチである。

 

出荷用の紙袋に入れ積む。

 

 

 

出荷した米は「米検査員(資格保有者)」が検査をし 等級を付ける。

紙袋に器具を差し込み玄米を抜き取り 黒い検査皿に入れて米の良し悪しを見て等級格付け。

 

まず出荷された玄米の水分鑑定 規定の数値以上なら水分過多 以下なら過乾燥で等級が下がるか規格外米。

黒い皿に抜き取って その米に籾が3粒以上あれば 調整不足で出荷した生産者に連絡 再調整かこのまま出荷なら規格外米。

ヒエの種や草の茎等遺物があれば 遺物混入 カメムシ被害米があれば規格外米。

 

格付けが1〜3等までと 規格外米がそれぞれ理由を付して生産者に通知。

今年は「きぬむすめ」1等米が 1袋30kgが6,200円。

ま〜乾燥・籾摺り調整も気を使う 出荷して買い上げてもらって米作りが終る。


やっぱり秋日和が悪い。今日も雨。雨の合間の4日に鳥取砂丘に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

秋日和が悪い 4〜5日雨が降らなかったが 今日は朝から雨 それも本降り・・・

気温も下がって暖房も悪くない(苦笑) 稲刈りはしばらくお休みである。

雨の合間になった4日に 元勤め先の退職者会で鳥取砂丘へ行った。

 

会の親睦会を兼ねて総会も・・・観光バスの中ではお互いに「元気?」。

途中の道の駅も晴れで気持ちのいい天気 島根側から見る大山と違う山に見える。

 

鳥取県は島根県の半分位の長さ 高速度も殆どつながり2時間ばかりで 砂の美術館に到着 第10期砂で世界旅行・アメリカ編をゆっくり見学。

 

入った目の前にはマリリンモンロー像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカといえば宇宙開発への歴史。

 

美術館から砂丘展望台へ 晴れて平日なのに人が多かった 砂丘で一番高い馬の背にも人が。

 

アメリカといえば今この人でしょう 展望台の展示場にはこの人の像。

 

美術館前では新しい像の お披露目セレモニー よく意味が分からないが ウォーキング デッド8とか 像の前にはゾンビ?の扮装の人が並んで・・・

 

 

 

 

 

美術館を堪能して近くの宴会場で総会 決算に予算 役員改選等順調に進行。

で 親睦懇親会 お互いの近況等話しながら ビールや酒・・・

満腹したところで 久しぶりに砂丘へ 案外何時でも来れるという気があって そうちょくちょくは来ない(笑)

 

さすが鳥取砂丘 人が砂丘を歩いていた。

 

ここを登るのはキツイだろうなと・・・

 

 

 

砂丘も堪能 帰りは定番の海鮮市場 カニや鮮魚 干物に海産物の加工品。

ま〜目で堪能 皆さんそれぞれビニール袋持参で乗車。

久しぶりの人にも会えた 砂像も見た 砂丘も歩いた 酒も飲んだ(笑)

気分転換にもってこいの非日常の一日 さ〜稲刈り!そう思ったが雨(涙)


今年は今のところ雨の日が多くて秋日和が悪い。

JUGEMテーマ:日記・一般

10月になれば秋晴れの日が続くのだが 今年は雨の日が多く秋日和が悪い。

晴れが続き田は乾き稲刈りが順調なのだが 2〜3日晴れが続けば直ぐに雨。

昨日は一日中本降りだった 雨で山は霞み田には水が溜まって・・・

 

 

 

稲刈りの済んだ田にも水が溜まり 雨と風で倒れ掛かった稲はますます倒れる。

 

この地ではこんな状態の秋を「秋びょうがわり(秋日和が悪い)」と。

今ではこんな表現はしない この地もだんだん「方言」を口にすることが少なくなって 若い人にこんな言葉を言っても理解されない(苦笑)

方言が伝わる事が難しくなる 毎日テレビやラジオから流れる標準語 学校で習うのも会話も標準語。

 

今は行こうとすれば全国どこでも行ける 更に外国にも行ける時代。

この地の方言の「出雲弁」が 理解される県などまず無い。

ブログも出雲弁でと思ったこともあるが ()付で解説する煩わしさからやめた 雨の今日そんな事を思い出した。


10月。本格的な秋。モズが竹の頂で鋭く鳴く。稲刈りも・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

10月になった 本格的に秋になり 夕暮れは早くなり朝晩が冷え込むようになった。

9月最後の30日は快晴 朝澄んだ空の下 秋告げ鳥のモズが近くの竹やぶの 枯れた竹の頂で縄張りを主張して鋭く鳴いていた。

ギチッギチッと甲高く鋭く鳴くモズ!

 

 

 

 

 

しばらく鳴いていたが 近くにライバルがいないのか飛び立った。

本格的な秋で朝の陽が 夏よりはぐっと弱まって 斜めに花に当たっていた。

 

年に何回も花を咲かせ 実を着けるイチゴの木 蕾の傍らには少し色付いた実と緑の実 その実にも朝の陽が当たって。

 

家に入る電線とイチゴの木にクモの巣 それにも朝日が当たって・・・

 

30日は快晴 倒れた稲の稲刈りをした 雨の心配なくゆっくりと・・・

 

 

 

 

 

秋になって 成虫になったカマキリが舗装の農道で威嚇!

 

カマキリは気性が荒い虫 どんな大きな物にも威嚇 これから農道で車に轢かれたカマキリを多く見る 車が来れば逃げればいいものを 車に威嚇をして逃げようとしない 結果は・・・

 

稲が倒れていたが 30日にボチボチなんとか20aを刈った。

乾燥機に入れ昨日は籾摺り 老夫婦のことだから玄米の排出を 二人の作業に合わせた量にしながらで。

それでも何とか昼過ぎには 出荷用の30kg紙袋40袋ばかり作る。

 

今日は朝から雨 夫婦休養日 といいながら妻は雨の中栗拾い。

ま〜栗拾いが趣味かと妻に聞くと 人から頼まれていると・・・


昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!

JUGEMテーマ:日記・一般

一昨日の午後から昨日の午前まで雨 風も強く思った以上に雨が多く降った。

お蔭で稲は倒れる 田にはまだ水がある ま〜今日・明日には稲刈りはしない。

それでもこの稲刈り前に これだけの風や雨はいらない・・・

 

今日は晴れの予報だが 昼前から雲が広がった・・・

倒れた稲がね〜〜〜(涙)

 

刈った田に水がある。

 

稲の根元にも水が・・・

 

昨日の雨で谷川も濁り水。

 

2〜3日も晴れ続きなら田の水も無くなる 次の稲刈りは水が無くなってから。

昨日雨が止んでから空気が変わった? 昨日午後など重ね着をした。

日に日に朝晩が冷える 朝など暖房があったが良い日も・・・

 

秋 秋 秋の花コスモスも満開。

 

満開の金木犀は早くも散り始めている。

 

木の下は散った花びらで・・・

 

 

 

散り始めた金木犀だが あの香りはまだまだ漂っている。

ここ2〜3日は稲刈りもしない 午前は奈良の娘や遠くの親戚に新米を送った。

春からボチボチ米作り 何とか娘や親戚に新米を送ることが出来て一息。


今日は雨。昨日籾摺りをして新米が出来た。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は雨予報 予報どおり10時過ぎからポツポツ雨 そして今も降っている。

昨日籾摺りをして 出た籾殻を雨までに田に運んでおいた。

籾摺りで新米が出来た 乾燥機から規定の 水分量になった籾を籾摺り機に流す。

 

籾摺り機で籾殻を剥ぎ 出て来た新米(玄米)を選別機に流し くず米を取る。

選別機の下には 不稔の米や砕けた米がクズ米として落ちる。

 

選別されて出た新米(玄米) 精米すれば何時でも食べられる。

 

出荷用の紙袋に30kgずつ入れる。

 

自家用米は30kgは重いので 20kgの紙袋に入れて保冷庫に保管。

玄米にしてみて昨年よりやや多いかな そんな感じだがまだ作付の1割程では?

雨予報だったので 昨日籾摺りで出た籾殻を雨までに田に運び 妻と栗拾い。

 

中生・晩生の栗が・・・丁度ブドウが有ったので 粒を比べて見た(笑)

ま〜栗の木の下や周辺は猪が荒らして・・・

 

足跡も残しているが 今年の春に生まれた仔猪である。

 

山に自然に生えている柴栗も落ちだした イガが弾けている。

 

10時過ぎから雨 夫婦休養日というのに 妻はどうせ濡れついで 柴栗を拾ってから休養と出掛けた。

ご苦労な事である それでも栗の木のある場所を知っている妻は まずまずの量柴栗を拾って帰った。

午後は夫婦完全に休養日である。


昨日は今年最初の稲刈り・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は雨の降らない予報 稲が倒れた ボチボチでと思い自家用にする田の稲刈り。

前夜晴れで露が降りている そう沢山の面積を刈る訳ではない。

10時過ぎから刈り始めればいい・・・

 

 

 

ボチボチ刈ったが案外倒れた所も順調に刈った。

 

今年最初の籾 運搬具にコンバインから移す。

 

 

 

約15a 昼の休憩もしっかり取り 16時前に籾を乾燥機に入れ終る。

籾の量は平年並み? 今年は稲の熟れが少し遅い この自家用以外は来月。

老夫婦での作業 少しずつ稲のある面積を減らせればいい・・・

 

昨日までの晴れで金木犀が満開。

 

 

 

辺り一面に香りを漂わせている 妻曰く金木犀が咲くと 山に雑茸が生えると。

夫はあんまり山の雑茸に興味はない(苦笑)本格的に稲刈りが始まりだすと 中生から晩生の栗が落ちだす 妻は朝晩栗の植わっている谷間の畑通いである。

今日は午前から籾摺りの準備 午前に少し籾摺り 昨日刈った籾を午後には全部玄米にする これで何時でも新米が食べられる(笑)


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 昨日は息子の一周忌法要。一年が早い・・・
    紀子 (11/20)
  • 昨日は息子の一周忌法要。一年が早い・・・
    紀子 (11/20)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    宇山辰夫 (10/02)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    あんず (09/29)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    宇山辰夫 (09/16)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    いつもの^^ (09/14)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    宇山辰夫 (08/11)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    工藤 (08/08)
  • 屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)
    宇山辰夫 (03/16)
  • 屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)
    隠れファン^^ (03/15)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM