<< 春が進み山も黄緑に!コンニャク玉(芋)を植えた! | main | 昨日今日は霧雨。今日はちょっと肌寒い・・・ >>

晴れが続き薫風吹く頃?花が過ぎ実が着く。雨予報に慌てて春耕も・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

晴れが続き吹く風も心地よい頃になった 裏山もすっかり濃淡の緑になって・・・

 

道端の畔もウマノアシアガタの黄色い花がいっぱい。

 

叢では蝶が飛んで・・・

 

花が散って梅の実も目に付くようになった。

 

アンズも実が目立つ 今年も口に入りそうである。

 

葉っぱが遅いポポーは 花が先に咲くので蕾が並んで膨らんで・・・

 

今年もビワが口に入る(笑)12月から正月に花が咲き 小指の先程になった。

果樹の汁を吸うカメムシが来る 汁を吸った跡が変形し味も悪くなる。

 

 

 

カメムシが来る前に袋を掛ける 妻と暇を見つけては3本の木に300枚位。

一房に2〜3個から多いのは10個位着いている 小さいのや傷が付いたの 既にカメムシが汁を吸った跡の有るのは間引く。

一房に2〜3個になるように間引いて袋。

 

品種は大王に田中ビワ どちらもピンポン球位からそれより大きくなる。

今袋を掛けて6月上旬の頃から熟れる ま〜夫婦の楽しみである(笑)

晴れ続きだったが昨日遅くから雨予報 25日に娘婿が休みでトラクター使いに来る。

 

天気予報は雨 急遽春耕をしようと妻と相談 22日に朝からトラクターに乗った。

 

 

 

昼食は妻が買って来たおにぎりを農道で済ませ 夕方まで乗り続けて1町ばかりの田起こし とりあえず春耕の一回目を終る。

 

夕べは雨音を子守唄にぐっすり寝た 雨までに一回目の春耕が終り一安心。

田起こしでトラクターに乗っている間 妻は畔から伸びたセリを取る。

 

セリはなかなか農薬が効かない 田起こしでトラクターのロータリーでセリを細切れにする その細切れの一つ一つから根が出て繁茂する。

そうならないように妻が畔からのセリを取る ま〜目に付かない作業である(苦笑)

 

田起こし作業を畔から鷺が・・・

 

この鷺が田植え後の田に入って 苗を踏みながら餌を探す 大きな足で幼苗を泥の中に踏み込む この時は害鳥!!!

今日は明け方まで雨 夫婦共に午前は休養日(笑)

h 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM