<< 裏山の裾野の田まで歩くと雪で白くなった大山が見える。 | main | この頃少し気温が高く梅の花が咲いた。 >>

二十四節季の「雨水」の日に雨。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は二十四節季の雨水(うすい) 丁度この日に雨 昨日から気温が上がって冷たくない雨。

雨水とは 降る雪が雨へと変わり 氷が解け出すころのこと 昔からこの季節は 農耕の準備を始めるめやすとされてきましたとある。

雨水初候には 土脈潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)早春の暖かな雨が降り注ぎ 大地がうるおいめざめるころ 古くは「獺魚を祭る(かわうそさかなをまつる)」という 不思議な季節とされていましたとある。

 

このところ曇りや雨の日が多かったが 昨日はどうしたことか青空が広がり暖かい日。

 

 

 

妻は雨や曇りに日に伸びた 畑の草取りを一日したという。

夫は午前は松江医療センター予約診察日 例により採血・レントゲン。

採血の時に看護師曰く あなたえらく手が冷たい 車に暖房してなかったの?と。

 

おまけに冗談めかして体温があるの? 体温測ってよと体温計を渡された(苦笑)

体温計は36.6度 あら体温はあるのねって・・・冷たくなった体では来れません(笑)

それにしても指先とか冷たいわよ 酸素濃度が測れるかな?だって・・・

 

採血が終って看護師にここ10日程血痰が出る 鮮血?それとも違った色? どちらとも出る時がある 今痰が出る?と聞かれ出ますで採痰。

ま〜無事?採血・採痰・レントゲンが終って診察 レントゲンに血液検査 どちらも良好。

痰は検査に出した そう心配する事は無いと思うが この先10日も続くようなら何時でも診察に来い で終り。

 

診察が終わって昼前の帰り道 朝の青空からだんだん薄雲が広がった。

午後は前々から妻に頼まれていた玉ネギへの追肥 なかなか雨などで出来なかった。

この2月半ばに追肥しないと 春先から大きくなるのに影響がある。

 

妻の要望に応えて追肥 株間の草は取ってある 葉っぱの根元の玉ネギが太るだけ。

3〜4月に一気に太る そのための追肥 4月になって追肥しても太らない。

農作物はその時期時期を見て 適宜に適した肥料管理が必要である。

 

多分これで今年も新玉ネギが食卓に・・・昨日追肥して今日は雨・・・

少しづつ春に向かって季節が移る 少し暖かい日が続いた シイタケの春子の芽が出だしている。

 

 

 

今日の雨で大きくなる ただ時々霜が降りる程気温が下がる日がある。

もうしばらく三寒四温が続き春になる 春になるのはいいがこの冬は雪が少なかった。

3月になって湿った重たい雪は困る 山の木が折れ柿などの果樹類も折れる。

 

その季節相応の天候であって欲しい 雨水が終ればこれから晴れの日には ボチボチと米作りの春作業の段どり?

昨年刈取りが出来ず伸びて枯れた畔草刈りや 土が詰まった田の配水の溝浚え。

諸々細々した作業をと 少しづつ体を動かす事になりそうである。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM