<< 久しぶりの栗の木の下は猪に人が入った??田んぼは稲が倒れそう(涙) | main | 北海道旅行稚内から利尻島へ(報告2) >>

田の水を流す(水田の落水)この地も秋が来ている。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は曇り 午後より雨も・・・集落の用水路の水が止められた。

例年10日前後に用水路の水を当番が止める 今年は昨日水が止められた。

JAの指導はなるべく刈取り最近い時期まで 水を田に入れて米の品質を上げるようにと指導 指導は分かるが集落の田の大半が粘土質 田の水が無くなるのに時間が掛かる。

 

田の乾きが悪いと田が柔らかく コンバインでの刈取りに苦労する。

刈取りまでに20日以上あるこの時期に落水 稲刈りという作業をするにはこの位の期間が必要である。

用水からの水は入らないが 今日のように雨の日もある。

 

一枚一枚の田に排水口がある 今まではそこを堰板で水を止めていた。

それを外して田の中の水が排水路に流れるようにした 今年のこれからの天気模様は分からないが 月末の頃からの稲刈りにはそれなりに乾き固くなっている?

 

北海道はもう秋だったが 今日落水に歩いて周辺を見たら この地にも秋が来ている。

竹に絡みついた蔦の葉が色づいて・・・

 

気の早いハゼの葉も赤いのが目立つ。

 

ススキも穂を出している。

 

 

 

最も我が家では秋の味覚の栗が 先月末から早生種が落ちだして 今が盛り。

残暑が厳しいかの予報 今のところ真夏日のような日はない。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM