<< 今日は二十四節季の「大暑」。 | main | 夏だから暑いのは当たり前(汗)今年もイナゴが多い・・・ >>

稲(きぬむすめ)もそろそろ穂ばらみの時期。JAの現地指導会。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日・一昨日と曇りで蒸し暑かった 各地で大雨の被害も・・・

なにせこの頃の天気は激し過ぎる 空梅雨気味から一転日本各地で集中豪雨。

人的被害に家屋被害 山は崩れ河川は氾濫 田畑は浸水 道路は寸断と。

 

このところ10日ばかり前から 九州だ東北だ関東だと豪雨 昨日は松江でも家屋浸水。

穏やかな天候であって欲しいものである。

田植えから2ヶ月 そろそろ稲(きぬむすめ)も穂ばらみの時期 これからの管理についてJAによる現地指導会。

 

蒸し暑い中汗だくで説明を聞く 今のところ平年並みの生育状況。

稲の葉の色具合 幼穂の出来具合等聞き これからの水管理に追肥等の指導。

葉の色が褪せ過ぎていたら直ぐに追肥 そう褪せていない田は月末に追肥。

 

水は間断潅水を心掛けてと・・・言われる事は分かるが なかなかね〜〜〜(苦笑)

集落でもコシヒカリを作っている人がある そのコシヒカリは早くも穂が出ている。

 

花が咲き白いオシベとメシベが穂の外に出ている。

 

稲の花は早朝から午前中に咲く 風の無い朝に田の畔に立つと甘い匂いが漂う。

一週間位次々咲き受粉する 受粉したら乳状の米になる成分が出来る。

穂が出て40〜50日もすれば稲刈りである きぬむすめの出穂は来月中旬。

 

水稲の現地指導では畔草についても 穂が出るようになると害虫のカメムシの棲み家になる 草刈りの奨励も・・・

ボチボチ畔草刈りである。

 

今日はだんだん青空が広がって・・・

 

昨日までの蒸し暑さが和らいで 風もあって草刈りが捗った。 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM