<< 用水が入り代掻き出来る準備が出来た!破竹のタケノコも出だした(笑) | main | 用水路に水が入り昨日・今日代掻き・・・ >>

減反の田の草刈り。

JUGEMテーマ:日記・一般

米作りをする田んぼの代掻き前の作業は済んだ 後は明日の夕方に水が入るのを待つだけ。

今日は何にもしないと妻に宣言(笑) だが毎日体を動かしている。

雨も降っていないのに 何にもしないと言ったが 少しは動かないと落ち着かない。

 

そこで代掻き・田植えの作業に入れば なかなか出来ない減反の田んぼの草刈り。

畔や土手の斜面等を刈るのと違い 平面の田の草刈り 変な所に力を入れなくてもいい。

作業は順調 妻と二人なら早い・・・

 

 

 

先日少しは刈っている。

 

 

 

午前に1時間 午後に1時間で終った 先月新聞に安来市は今年の米生産量の配分 米価が安いのや高齢化などで 目標生産量に達しない 米を作れる農家は幾らでも作って良いと記事。

幾らでも作っても良いと言われても 苗や肥料に除草剤等は1月に注文。

 

ここの減反の20aばかりは 米を作ろうと思えばそう無理な事ではないが 苗や肥料等を注文した時に 今年はこれだけ作ると計画済み 米価の事など考えれば無理する事もない。

来年産米からは国の配分はしない 農家や産地の自主的取り組みで米作り。

 

今のままの米価なら 稲作付は現状高齢者によって作付 減らすことはあっても増やすのは無理。

農業機械は高額 苗や肥料に農薬は高止まり おまけに中山間地でも猪被害が多発。

作るにしても自家用と 子や孫等への縁故米だけあればいい。

 

作れば作る程赤字が大きくなる米作り 骨折り損のくたびれ(疲れ)儲けなら 作らないがいいとなる。

年々体力が衰える 病気になってもどうしようもない(というかもう病気持ち)。

今年は目の前に田植えの時 苗も肥料も農薬も準備 田起こしも済んでいる。

ま〜ボチボチである。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM