<< 今日も春らしい暖かさ。 | main | 今日はやや風があってその風が冷たい・・・ >>

残っていた柿の木の剪定。薄日の中花や生き物が・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

3月になって暖かい日にボチボチ果樹類の剪定 残っていた柿の木の剪定。

薄日が射して風のない場所は暖かい 防寒着を脱いで脚立の上下に身軽に。

売り物にする果樹類ではない 夫婦で食べ余れば人に分ける自家用。

 

適当に?程々に?である 専業の人が見れば笑うだろうが 自己流での剪定。

休憩しながらである 座っていたら何かが動く よく見たらアマガエル。

 

ここ3日の暖かさで出たのか まだどことなくひ弱な感じである。

 

近くのスモモの枝の蕾が赤く膨らんでいた。

 

昨日はアンズの蕾 このスモモの蕾も3月中には咲くかも。


風の当たらない谷間の 陽当りの良い場所には毎年早目にワラビが出る。

日記にはこの頃初採りと記している 探したらようやく枯草の上に出ていた。

 

これ1本じゃないはずと探したら 枯草の中にあった。

 

 

 

ワラビの周りにはカカキドオシの花が 蔓を伸ばし繁茂する 隣の垣根も蔓を伸ばし超えて繁茂 そんな生命力の強さからカキドオシの名前とか。

 

この草は畑に生えると厄介 蔓を伸ばし節々から根を出す 抜いても節から折れて根があるからまた伸びる。

カキドオシの横にはヨモギが葉を広げている ヨモギには止血の作用がある。

田や畑で指等が切れた時に このヨモギの葉を揉んで 葉の中の汁が出る状態で切れた所に着けておく。

 

これで少々の傷なら血が止まり 応急の処置には対応できる。

田畑で鎌等を使い 傷に対する備えが無い時に重宝する 昔からの先人の知恵。

これから山菜の時期 もうそろそろお終いのツクシ これからのワラビにゼンマイ。

タラの芽も間もなく 山菜ではないがタケノコも 本格的に生えるようになる。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM