盛夏。夏盛りである。

JUGEMテーマ:日記・一般

8月 盛夏である 太陽の陽射しが強い ただ今年はまだカラッとした暑さではない 気圧配置の加減なのか蒸し暑い。

雲も夏の様相・・・

 

 

 

刈った草は直ぐに伸びる もう10日すればまた草刈りである(苦笑)

 

この暑さで排水路に伸びた草には 涼を取ってかハグロトンボが止まって。

 

柿の木ではニイニイゼミが・・・

 

 

 

欅の木にはアブラゼミ 焼け付く太陽に合わせたようにジージーと鳴く。

 

妻はブルーベリー採り 強い陽射しの中次々熟れて黒くなったのを 一粒一粒採る。

 

緑の粒が赤く色付き 熟れると次々黒くなる。

 

妻曰く ブルーベリーもそろそろ終りに近いと・・・

目にいいとかで 妻はジャムにする 昼食が向かない時にはパン 作ったジャムで・・・贅沢といえば贅沢かも?

月遅れの盂蘭盆が済むまでは この暑さが続く? 暑い時期も半分は済んだかも?


大雨特別警報は解除。午後は一部に青空も・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

夕べ夜半近くから未明まで大降りの雨音 雨なら休養日(笑)朝はゆっくり。

7時前に目が覚めてテレビ 気象庁の記者会見の模様を放映。

なに!!!島根県石見地方(浜田・益田等)に 何十年も経験したことのない大雨 大雨特別警報を出したと・・・

 

特別警報は過去に3回しか発表されたことが無いと 雨雲が次々浜田などに流れ込み 局地的に大雨だと。

天気図や雲の流れから出雲地方には 特別警報になるような雨は無いようだった。

まだ被害の詳細等についての報道は少ないが 被害が少ない事を願うばかりである。

 

午前は曇り空ながら 雨は時折降る程度・・・

 

 

 

空梅雨だ 暑い 雨がなかなか降らないなどと 人間は勝手に騒ぐ(苦笑)

草花はそんな騒ぎなど関係ないと 毎年同じような時期に 同じ場所に花。

今年も田の畔ではネジバナが赤い花を咲かせていた。

 

山野草で道の駅等で売られている それも1株が結構な値段で・・・

 

掘って持ち帰っても どうせ育つ環境を変えて植える 結果枯らすだけ。

毎年田の畔で咲くのを楽しみにするのがいい どうせ毎日田んぼに出るから。

今年のトンボの発生は早い? 今月の中ごろから田に多く発生の赤トンボが まだ短い稲の葉にいっぱい止まっていた。

 

 

 

 

 

毎年今月中ごろから発生し 月末に追肥の頃に田に入ると一斉に飛ぶ。

今年の夏も暑いだろうが 案外トンボが今から発生なら 9月なれば一気に秋?

昆虫でも草木でも 野山の自然は案外季節や天候に敏感で かなり早い時期からその兆候が現れる事がある。

 

昼前には石見地方に出ていた 大雨特別警報は解除になった。

大雨 大風 大雪など大の付くような天候は おきて欲しくない 穏やかな天気がいい!


今日はどんよりした曇りだったが先程から強い雨が・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

天気予報に雨マークはあるが 雨が降らない日が多い 今日も時間帯によっては雨マーク(苦笑)

空はどんよりした曇り・・・

 

谷間の栗の木の下が草に覆われている 田の二回目の畔草刈りが済んだ。

栗の木の下もこのままじゃ草の伸び放題 一昨日からボチボチ草刈り 雨が降らないために刈った草が枯れてスッキリ・・・

 

 

 

10aばかりの面積 妻にも手伝ってもらい終った。

さて終わったが妻が真竹のタケノコ採りに連れて行けと・・・

明日は一日雨マーク 今日しか行く時が無いかと山に行く どこの山も荒れ放題。

 

こんな竹が倒れ 草が伸びた山の中を歩き回る 妻よあんたは達者だわ(苦笑)

何とかタケノコを採って車に乗ったら大降りの雨・・・それでも夫婦には充分。

 

妻は皮を剥ぎ刻んで湯がく 我らの年代は食卓に煮物が無いとね〜〜〜(苦笑)

車庫に車を入れた頃には久しぶりの雨・・・

 

この大降りの雨の中宅配便 毎年送ってもらうサクランボ・・・

 

有難い事である これまた夫婦には余る(笑)

旬の物を送ってもらい 味わえるのは贅沢な事かも・・・

さて明日は雨 雨なら久しぶりにゆっくり出来そうである(笑)


夏至が過ぎて間もなく今年も半分が経つ。ようやく梅雨らしい天気に・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日まで梅雨なのに梅雨らしくない天気 お蔭で?毎日田んぼの諸々の作業。

畔草刈りをしたり 畔から伸びた草を取ったりと あれこれの作業・・・

21日が夏至 夏至とは二十四節季の一つで 一年でもっとも日が長く 夜が短いころのこととある。

 

そしてこれから夏の盛りへと 暑さが日に日に増していきますとある。

夏至が過ぎれば今年も半分が過ぎる 今週末には7月になって今年の後半。

梅雨本番のはずだが今年は雨が降らず 連日晴天続き 梅雨は何処にと・・・

 

毎日青空・・・畔の伸びた草を刈り 妻は畔から田の中に伸びた草を取る。

 

畔に白く長い物が・・・

 

春から畔に出ていたシマヘビが脱皮 その抜け殻が長々と・・・

そして同じ場所で 大小のシマヘビが脱皮の抜け殻が重なって・・・

 

どちらも全身の抜け殻がきれいに残っていた 古来より全身きれいに残った抜け殻は 持っていればお守りになるというが 2m近くもある大きさ お守りにはちょっとね〜〜〜(苦笑)

頭もしっかり残っていた。

 

田植えから1月が過ぎた 4〜5本植えた稲の苗 分けつをして多い物は1株20本近くになっている。

 

 

 

1株20〜25本位になれば 目標の本数に達する。

 

このまま水を溜めていれば幾らでも本数が増える 増え過ぎても増収にはならない。

適度な本数が確保出来たら 来月上旬には水の入るのを止めて中干し 稲は水が無くなれば分けつが止まる。

もう3月水管理や畔の草刈り 病害虫防除 追肥等稲の管理である。

 

暑いは雨が降らないと言っていても 季節は過ぎ草木は秋に向かって準備。

先日まで木全体に真っ白に花を咲かせていた栗の木 花が色褪せ雄花の根元には小さなイガグリが出来ていた。

 

梅雨らしくないと言っていたら ようやく昨日の午後から雨 夕べから午前も雨になって梅雨になった(笑)

周囲の山には雨による霧も掛かって・・・

 

 

 

予報によればしばらく曇りや雨の日 夏野菜が大きくなった畑も一息。

キュウリやナス等もこれで勢いを増す 間もなく我が家で採れた夏野菜が毎日食卓。

四季のある日本 その四季に合わせた稲や野菜 梅雨はやはり雨が降らないと・・・


ドクダミの白い花が咲くと梅雨が近い。色々果樹類も実を着け出している。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日の午後から久しぶりの雨 雷も久しぶりに大きなのが鳴った。

夜にも雨 少しは畑も潤った 妻は買って植えた夏野菜に 水やりはしばらくしなくてもいいと・・・

谷間の日陰の場所にドクダミの白い花 この花が咲くと梅雨が近いし 梅雨の間も咲いている。

 

 

 

田の事が一息 果樹類を植えている場所に行く スモモは大分大きくなった。

 

田にばかり出ていたが キュウイは花を咲かせ小さな実を着けて・・・

 

 

 

ヤマモモは緑の実をいっぱい着けていた。

 

栗の花も咲き始めている。

 

雄花の根元には小さなイガグリ マッチ棒の先よりも小さい。

 

 

 

山にお生い茂った草の陰では 草イチゴが赤く熟れて 甘酸っぱい味を味わう。

 

田の水見回りに出れば 黒い点が二つ よく見ればカルガモの番。

 

田を泳ぎ泥水を掻き上げて二つの筋。

 

 

 

今日のテレビで米子の水鳥公園で カルガモの雛が二羽誕生 親鳥と泳ぐ姿を見に来てと・・・

この番も近くのため池かどっかで卵を産んで 雛が誕生するかも?

雛は田んぼにはまだ飛んで来ない 飛んで来る頃には苗も大きくなった頃。

ま〜あんまり田を掻き混ぜないで欲しい(笑)


米作りも田植えが終わり除草剤を散布して一息である。鴨が番で泳ぎまわる(苦笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日まで快晴続き 今日は朝から曇り 昨日までの暑さが少しは和らいだ。

昨日で除草剤散布が終り 米作りの春の作業が一段落で一息(笑)

今日で5月も終る 4〜5月と春耕であれこれ忙しかったが 今年は5月に雨が少なく 順調に田植えの準備が出来 春の作業が終りホッとしている。

 

田の事ばかりで家の周りに目を向けなかったが 気が付けばウグイスノカグラの実が赤く熟れている。

 

庭の隅のユキノシタも花を咲かせていた。

 

山裾ではガマズミも実を着けていた。

 

先日も鴨が田に来たと投稿 またまた田に来て・・・

 

これ一羽と思っていたら こちらの畔の陰からもう一羽 何のことははない番。

 

オスは羽根の色が濃い メスは薄い・・・

苗が植えてある田 お構いなしに夫婦で泳ぎまわる(苦笑)

 

 

 

幸いな事に鴨は苗は食べない 合鴨農法では合鴨に田に生えた草を食べさす。

この鴨も田に生えた草を食べるなら益鳥? 合鴨農法では田植え後に雛の合鴨を放す。

つまり稲の苗の成長と 合鴨の雛の成長を上手く組み合わせて 草を食べさす。

 

でもね〜成鳥の鴨では 苗が踏み倒され泳がれては苗が浮き上がる。

稲の苗にとっては鴨が大き過ぎる 悠々と田の中を泳がれてはね〜〜〜!

鷺でも鴨でも来るのは餌が有る 安全な米作りの田んぼの証ではあるのだが・・・


夜半から未明に大降りの雨が・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

夜半過ぎにトイレにと目が覚めた 大粒の雨音が激しくしていた。

未明に目が覚めたがまたもや大粒の雨音が・・・ 一週間ぶりの本格的な雨。

これでしばらくは田に水 4〜5日晴れが続かないと田の作業は出来ない。

 

ま〜一回目の田起こしは済んでいる 二回目は来月になってから。

朝から時折雨が降った。

 

山には霧。

 

減反の田にウマノアシガタの黄色い花 菜の花が咲いたようになって・・・

 

近くの谷川沿いにはガマズミの白い花。

 

ドングリの雄花が雨に濡れて垂れていた。

 

家の近くの柿の葉も緑が増して・・・

 

雨後のタケノコ 妻が薮に行ったらタケノコがと掘って来た。

 

老夫婦 そんなに食べられない 早速妻があれこれに電話。

今年は産地の島田が不作? まだそんなに食べていないと一気に処分(笑)

買って食べる人は高値らしい 我が家で掘って食べている者には実感が無い。

 

この時期には何時でも掘ればある 剥いだ皮は薮に還元 妻が薪で湯がく。

高値や珍しいなどの実感が無い 考えてみれば贅沢な事かも知れない。

今日は雨で夫婦休養日 ゆっくりのんびりである(笑)


風はあるものの晴れで気温が上がって・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

朝は少し冷えたが太陽が出ている 日中は風はあるが陽が当たって 気温が上がった。

今日のような気温だと動くと汗 何にもせずにブラブラならいい時候になった。

野山は春の草花や木々の芽も出て来た 色の濃いスミレの花も。

 

桃の花も満開。

 

カリンも赤い花を咲かせて。

 

裏山もだんだん春の装い。

 

先日刈った畔の草を焼く あんまり良い事ではないが 始末に困る。

 

その周りにヒラヒラ蝶が飛んで 時折草に止まって陽を浴びている。

 

 

 

今日は助っ人 薮の周りの草刈りに来た 今年はもう最盛期のタケノコがまだ少ない このままで終るのじゃないだろうが。

 

 

 

色んな果樹類を植えている ミカン類やブルーベリー ユズに柿・ビワ・桃等。

少しずつなら刈るが 一気にとなるとキツイ 助っ人は有難い。

ま〜田植えは5月末 それまでに準備であるが 田以外の事もボチボチ。

 

助っ人が薮周りの草刈り ブラブラしていたらビワの幼果が大きくなっている。

これもそろそろ袋を掛けないと 今日のような陽気が続けば 果樹類に害をなすカメムシが出て来て 幼果の汁を吸う。

果樹類も少しは人の手を掛けないと 美味しい一人前の果実にならない。

この晴れが何時まで続くのか? 田の作業は当分晴れ間じゃないと・・・


今日は雨だが一気に桜が咲いて・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は雨だが気温も昨日から上がって 一気に桜が咲いて・・・

 

 

 

 

 

ワラビも次々・・・

 

タラの芽も大きくなる。

 

柿の芽も膨らんで・・・

 

緑が濃くなりつつある田 よく見ると色んな小さな花が咲いている。

白い花 黄色い花と・・・

 

山裾では野イチゴの白い花 田植え前の頃に赤く熟れる。

 

 

 

今日から日曜日頃まで雨も降る予報 桜の開花が遅れて見頃には雨?

ま〜今更花見だと浮かれる気はないが・・・(笑)

今日の雨と暖かさでタケノコも一気に出そう 妻は早速藪に探しに行く。

 

今年はこの時期だが タケノコの出回りが無く あれこれにないかと言われると。

生え出せば幾らでも生えるタケノコ なかなか人様の思うようには行かない。

まっ雨なら休養日 ボチボチである。


桜咲き始める。ようやくタケノコが生え出して・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

1日から晴れて気温も上がる日が続いた 集落の県道前の土手の桜が咲き始めた。

更に集落内の山桜も 葉が赤く伸び花も咲いた。

 

土手の桜の木も蕾が膨らんで 色付いて見えるようになった。

 

 

 

 

 

木によっては大分咲いているのもある。

 

今週末には満開? 日中は上着なしでも過ごせるいい季節になった。

昨年より桜は一週間位遅いようである 新聞テレビでは今年はタケノコの出荷が遅いと報じている。

産地の福岡等では 3月の冷えで生えるのが遅く この時期にしては例年にない高い値段だとか。

 

我が家の藪は午後は日当たりの良い場所 3月の彼岸の頃から生え始めるのだが 今年は生えなかった。

昨日妻が旅行から帰って藪に・・・ようやく生え出したと掘った。

 

テレビではこれ位の量なら千円以上と・・・夕べは夫婦でタケノコ堪能。

タケノコは全く自然任せ 低温続きならいくらやきもきしても無い。

ま〜妻は山菜がと山を歩き 夕べはタラの芽とワラビの天ぷら。

 

これから蕗にゼンマイと山を歩く ご苦労な事である(笑)

集落でも気の早い人は田起こし そろそろと田の事が気になる時期である。

田の畔は日に日に緑が濃くなり 草刈りもと急かされる気になる。

ま〜気は長くで 老夫婦なるようにしかならないと・・・


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM