やっぱり秋日和が悪い。今日も雨。雨の合間の4日に鳥取砂丘に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

秋日和が悪い 4〜5日雨が降らなかったが 今日は朝から雨 それも本降り・・・

気温も下がって暖房も悪くない(苦笑) 稲刈りはしばらくお休みである。

雨の合間になった4日に 元勤め先の退職者会で鳥取砂丘へ行った。

 

会の親睦会を兼ねて総会も・・・観光バスの中ではお互いに「元気?」。

途中の道の駅も晴れで気持ちのいい天気 島根側から見る大山と違う山に見える。

 

鳥取県は島根県の半分位の長さ 高速度も殆どつながり2時間ばかりで 砂の美術館に到着 第10期砂で世界旅行・アメリカ編をゆっくり見学。

 

入った目の前にはマリリンモンロー像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカといえば宇宙開発への歴史。

 

美術館から砂丘展望台へ 晴れて平日なのに人が多かった 砂丘で一番高い馬の背にも人が。

 

アメリカといえば今この人でしょう 展望台の展示場にはこの人の像。

 

美術館前では新しい像の お披露目セレモニー よく意味が分からないが ウォーキング デッド8とか 像の前にはゾンビ?の扮装の人が並んで・・・

 

 

 

 

 

美術館を堪能して近くの宴会場で総会 決算に予算 役員改選等順調に進行。

で 親睦懇親会 お互いの近況等話しながら ビールや酒・・・

満腹したところで 久しぶりに砂丘へ 案外何時でも来れるという気があって そうちょくちょくは来ない(笑)

 

さすが鳥取砂丘 人が砂丘を歩いていた。

 

ここを登るのはキツイだろうなと・・・

 

 

 

砂丘も堪能 帰りは定番の海鮮市場 カニや鮮魚 干物に海産物の加工品。

ま〜目で堪能 皆さんそれぞれビニール袋持参で乗車。

久しぶりの人にも会えた 砂像も見た 砂丘も歩いた 酒も飲んだ(笑)

気分転換にもってこいの非日常の一日 さ〜稲刈り!そう思ったが雨(涙)


北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)

JUGEMテーマ:日記・一般

二泊目の稚内市内のホテルで 夕食にはカニが一匹づつ その他にウニなど海の物が・・・

タコシャブは酒の肴に最適?(笑) ホテルは市内の飲食店街の中 ホテルの周りには居酒屋やスナックなどが多く 道路が広いのでこの地では当たり前なのか 各飲み屋の前には客待ちのタクシー。

ホテルの夕食に満足 これ以上稚内の魚貝類を食べる そんな気がせず早目に寝た。

 

旅最後の日 最初に稚内に町役場が出来てから 100年を記念して造られた塔と中の北方記念館へ ガイド曰くこんな青空が広がって風の穏やかな日はそうそうないと・・・

 

40mばかりの高さ エレベーターで展望室へ 周囲360度青空が広がり 真っ青な海も水平線まで広がっていた そして昨日観光した利尻富士も見えて・・・

 

ここも花の時期は過ぎたというが 黄色な花が咲いていた。

 

 

展望室からの眺めに満足 バスで10分程の稚内公園に ここで見たかった「氷雪の門」に 現在はロシア領のサハリン 日本領の時には樺太 最盛期には40万人の日本人が居た 敗戦後樺太から引き揚げた人が 樺太で亡くなった人の鎮魂と望郷の思いで かすかに見える島影が見えるこの場所に建立と。

 

ガイドが島が見えるでしょう 目を凝らしてもはっきりとは見えず(涙)

 

この公園には南極観測隊と昭和基地に行き 取り残され奇跡的に一年後にも生存していた 樺太犬のジローの像も。

 

 

 

ここの公園も風が強くて 普通なら帽子など被って歩けない 今日のように青空で風の穏やかな日はそうないと・・・

時間があって公園内ゆっくり散策 これが北海道の海に陸地の風景かと・・・

この見える海は日本海 冬になると強風と大波が押し寄せる 港を守る巨大な北防波堤ドームへ・・・

 

午前はゆったり 公園など充分歩いた で旅行最後の昼食は海鮮丼(笑)

 

海老にタコにサケにイクラに・・・刺身が好物の妻も堪能。

この食堂の下が海産物を始め 北海道名物の売店で最後の買い物タイム(笑)

 

メロンもズラリ・・・カニに昆布にホッケにウニに・・・

この建物の隣がJR稚内駅 JR最北端の駅だという。

 

建物のガラス越し せっかくだと入場券を買ってホームに出て見た。

 

 

 

この看板を見ていたら そいえば今年3月に指宿・屋久島に行った時に 日本最南端の駅に行ったのを思い出した。

 

開聞岳を後ろに無人駅のホームで記念撮影 意識していなかったが 一年の内に南北最端の駅に行ったんだ(笑)

いよいよ今回の最後の観光 サロベツ原野の原生花園に。

 

湿原という事で板で遊歩道 出発は一緒でも途中で分岐し 20分コースと30分コースに。

 

この人たちは30分コースに さすが北海道 見渡す限り原野で山が見えない 地平線が見える。

 

遊歩道の両側には花がいっぱいのはず 時期が過ぎていて花は少なく 早い草は既に色付き始めた物もあった。

それでもリンドウはまだ多く見られた リンドウの周辺の草は枯れた物も。

 

それでもまだウメバチソウの小さな白い花が咲いていた。

 

見渡す限り原野 海の向こうの利尻富士がはっきり見えた

 

これで観光が全て終り稚内空港に・・・16:35発のチャーター便に。

 

チャーター便はずっと夕陽を追い続けて・・・途中で夕陽の周りに虹。

 

着陸態勢に入った翼の向こうにかすかに隠岐の島の影が・・・

 

予定より30分近くも早く米子空港着 二泊三日の北海道旅行が終った。

何せ初日に一時雨が降ったが それ以外は晴れで風もなく 最高の天気だった。

島や原野で珍しい高山植物の花を見るなら 6〜7月が盛りのようであった。

美味しい物を食べ 初めて見る景色の連続の旅 余裕があるならもう少し長い滞在も悪くないなと・・・!!!

 


北海道旅行・利尻島〜礼文島〜稚内へ(報告3)

JUGEMテーマ:日記・一般

利尻島観光が終り再びフェリーで礼文島へ 船の上から利尻富士が・・・

 

礼文島の港。

 

フェリー発着場二階で昼食 朝採れたという「うに」が山盛りのうに丼。

 

夫婦共貧乏性なんか(苦笑)あまりにも大量の「うに」に圧倒されて・・・

ま〜「うに」は少量で満足していたほうがいい???(苦笑)

うに丼で満腹し礼文島最初の観光スカイ岬 ここまで約70段の坂道がキツかった。

この景色を見たら 坂道のキツさなんか忘れた(笑)登って良かった。

 

 

 

 

 

この島も花は盛りを過ぎていた 坂道に咲いていた青い花。

 

ナデシコの花も咲いていた。

 

岬の麓の漁港。

 

山に大きな木が無い 明治時代までは大木が生えていた 2度の山火事で島の大半の木が焼けて無くなった 植林はしているが厳しい北の地ではそう簡単に森にはならないとガイド。

次は島の最北のスコトン岬。

 

 

 

岬側から来た方向。

 

ガイド曰くここは来られた人が必ず撮影する場所だと・・・

 

ま〜撮影するでしょうね〜 ここの売店で昆布アイスクリームで喉を潤す。

この島で三か所目の観光に向かう途中で ゴマフアザラシが群れていた。

 

島を走る観光バス 左右どちらかには必ず海 地蔵岩に着く。

 

地蔵岩のある元地海岸 運がよければメノウ原石が拾えるかも で海岸を探す。

 

ま〜そう簡単にある訳ない 波で洗われて丸く平べったになった小石を拾った。

再び礼文島の港に帰り 今夜の宿泊地の稚内に向かう 港から利尻富士が。

 

この日も夕陽を見ながら稚内に・・・

 

稚内には日が暮れて到着 夕食は海の物が主 うにはこの位が丁度いい(笑)

 

 

 

このホテルも湯は温泉 それにホテルが新しく ゆったり休めた。


北海道旅行稚内から利尻島へ(報告2)

JUGEMテーマ:日記・一般

北海道旅行報告2です 報告1で利尻島まで報告でしたが 稚内でノシャップ岬報告がエゾシカだけ(苦笑)

ノシャップ岬でエゾシカ以外もあった 岬を示す看板の前で記念撮影。

 

モニュメントのイルカの像の前。

 

そして利尻島にフェリーで渡り ホテルで夕食 海の物が中心。

ビールに日本酒1本飲んで 美味しく食事をして一日目は早々に寝た。

 

夕日に朝日に縁がある旅? 朝目が覚めたらホテルの窓が赤くなって朝日が・・・

 

二日目は晴れ 朝食が済んでホテル周辺を歩く ナナカマドの実が赤くなって。

 

ホテルの横手には利尻富士が見えていた。

 

この日の午前は利尻島観光 午後は礼文島に渡り またフェリーで稚内戻り泊まる。

観光バスが来て利尻島観光 ガイド曰くこの島では30分も乗っていれば次の観光場所に着くと・・・

最初の観光は姫沼 ここは何にもない その昔ヒメマスを養殖したから姫沼。

 

沼の周辺に散策道が板で作られていて それを歩いて一周だけだと だがこの一周でこの島にしかない高山植物の花が沢山見られると・・・

 

左手の利尻富士が中腹から雲 雲がなきゃ逆さ富士になると・・・

 

散策道を歩いて一周 ガイドから散策道には手すりが無い 沼に落ちるなと。

ぐるりと一周 30分も掛からなかった 花は咲いていたが盛りを過ぎていて そんなに多くはなかった。

クマザサが茂った場所も歩いた ガイドに熊やエゾシカはいないかと聞いた。

 

この島にには何にもいない 熊もエゾシカもキタキツネもタヌキもと・・・

その上に蛇もいない いるのはシマリスに犬に猫にネズミ位だと(全員笑)

バスに乗り次の観光のオタトマリ沼へ ここから見える冠雪利尻富士が北海道で有名な 菓子の白い恋人のパッケージに使用だと。

 

あいにく中腹以上は雲 ここでツアー参加者全員の集合写真。

 

仙法志御崎公園 ここから見える利尻富士は 遮るものが無い絶景ポイントとのガイド あいにくここでも中腹以上は雲。

 

御崎から見た海。

 

御崎の下の海にはゴマフアザラシが泳いでいた。

 

公園の近くの店が利尻昆布販売 とろろ昆布も製造 ガイドがここの昆布は上等だと。

 

上等かどうかは分からないが 他よりは安いような気がして 妻と買いあさり?持ち歩くのもと宅配。

昨日宅配が着いた 買っていない物が入っている 伝票にはサービス品送付と。

利尻島観光はこれで終り 途中海に突き出した岩の神社を車窓から眺め港に。

 

港から再度フェリーに乗り礼文島に向かう 時間は約40分。

 

乗客は多くない 船室は椅子席とじゅうたん敷きのの両方 皆さん殆ど横になってお休み。

12時前に礼文島に着き 昼食後に礼文島観光 利尻島も礼文島もそう大きくない。

バスでの観光なら見どころは半日で終る 夕方には稚内に戻り宿泊。


利尻島・礼文島と稚内・宗谷岬3日間の旅に行って来た。(報告1)

JUGEMテーマ:日記・一般

7日の朝から北海道旅行に夫婦で行って来た 7日朝起きたら雨が大降り(苦笑)

米子空港7時集合 朝早い事もあって案外早く到着 お蔭で駐車が空港の建物近くに停められた。

7時から受け付け 広瀬からの人は?と思っていたら 我が夫婦以外に2名の参加。

 

某社が団体で15名程と 松江から8名のグループ 他は夫婦に友達組に個人参加で総勢40名。

FDAチャーター直行便で行く旅 雨の米子空港を8時に出発 2時間10分の飛行。

 

本州上空は雲で地上は見えず・・・

 

北海道上空になって所々地上が見え出し 稚内上空は雲が少なくなって・・・

 

海岸に沿った稚内空港に到着 飛行機から直接空港に降りて 空港の建物に 予定時刻より少し早めに到着。

 

空港からは観光バス 座席指定がされていて 慌てて乗車する事もなくバスに。

北海道最初の観光は宗谷岬 バスが走り始めたら雨が降ってきて 宗谷岬では小雨。

日本最北端の地へ・・・

 

風と小雨で寒く感じた この旅最初の土産物屋に・・・

 

並んでいるのは昆布が主(笑)バスガイド曰く最初に買うと 土産を三日持ち歩くと。

どうせ昆布は買う(笑) 日程で海鮮市場も組まれている 値段を見るだけ。 
宗谷岬の小高い丘のゲストハウスで 宗谷牛の陶板焼きで昼食 美味しく食べた。

 

食後のデザートは別料金 店員が見本のメロンの切ったのを見せて注文取り。

せっかく来たのだからと妻に・・・食事の場所から宗谷岬を眺める。

 

次は宗谷岬の反対側にある ノシャップ岬に行くここに来たら晴れて・・・

 

 

 

イルカの像の前で記念撮影。

 

ハマナスの花がポツポツ咲いていた。

 

花は終りに近く 早くより咲いた花は赤い実になっていた。

 

稚内市街地でエゾシカ ところがこの岬では堂々と目の前を歩いて・・・

 

 

 

民家の庭の草を食べ始めた。

 

一行エゾシカなどお目に掛かる事は無い 何人もシカの近くで撮影。

全く動じなかった ガイド曰く民家の庭にも入って荒らすと・・・

一日目の観光はここまで バスで稚内港に行き利尻島行のフェリーに。

 

フェリーは先程見たノシャップ岬の先端を廻り 今夜の宿泊地利尻島に。

 

日が暮れてから利尻島到着 フェリーから夕陽を見る。

 

幸いにも宗谷岬を後にした頃から青空が広がった 明日は晴れるらしい。

利尻島のホテルに着いたのが18時40分頃 あたりは暗くなって気温が下がった。

ホテルに着いて温泉に入って夕食 一日目にして結構歩いた感じ。

ま〜精々楽しくである 広大な海に広い平地 見慣れない景色を見ながらである。


今日は曇りで時々小雨。明日から二泊三日で北海道旅行(笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は曇りで時々小雨 昨日までと違いちょっと蒸し暑い・・・

ま〜まだ9月になったばかり 暑い日はまだ当然あるだろうと・・・

 

集落の山や田んぼの空も雲が覆って・・・

 

稲刈りまでにはまだ間がある JAが北海道旅行を募集 その行き先が稚内に利尻島と礼文島 北海道は何回も行ったが紋別市から先には行っていない。

最北端の宗谷岬に利尻・礼文の二つの島に行きたい!(笑) 夫婦まだ歩ける 歩ける内に行って見ようとなった。

 

明日米子空港からチャーター便で 一気に稚内空港に行く行程。

宗谷岬を見て 宗谷牛陶焼きで昼食 船で利尻島に行きこの島で泊り。

次の日は利尻島観光 船で礼文島に渡りうに丼で昼食 礼文島観光 夕方には船で稚内市に戻り泊り。

 

三日目は稚内市観光 北方記念館を見て海鮮丼で昼食 サロベツ原野を見て夕方稚内空港から米子空港直行。

おおまかこんな日程である ただね〜北朝鮮がミサイル発射に核実験。

何となく騒然としたこの時期である まさかチャーター便にミサイルは無い?

 

天気予報では稚内地方は雨ではないようである 気温は20度前後らしい???

奈良の娘に電話したら稚内に二つの島は この時期高山植物の花が素晴らしいらしい。

花を見たら何でも写して帰れと 簡単に見に行かれない花がいっぱいだという・・・

明日は朝7時米子空港集合 せいぜい三日夫婦で楽しんで来る!!!(笑)


昨日はJA年金友の会で広島県福山市への日帰り旅行に夫婦で参加。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は夫婦で日帰り旅行に参加 広瀬・伯太からバス4台だった。

朝8時前に集落前の県道からバスに乗車 安来から高速道で福山市まで高速道。

久しぶりにお会いした人も多く 年金受給者のあいさつ?「元気ですか?」。

 

次は「何が出来ますかね?」で 大方の会話はこれで足りる・・・(苦笑)

ま〜バスの中でアルコール分を飲み ウトウトしたりガイドの説明にうなずいたり。

11時過ぎに唯一の観光の 草戸稲荷神社に到着 バス毎に記念撮影 最近流行りの希望者は1枚1,000円で 昼食後に出来上がり・・・

 

 

 

丁度祈願でお参りの客?があり 巫女さんが太鼓を・・・

 

回廊の会談で展望台に・・・

 

さすがに展望台からの眺めは良かった!!!

 

稲荷神社の隣の明王院の国宝だと言う五重の塔にもお参り。

 

観光はこれだけ 鞆の浦の鷗風亭で昼食懇親会 瀬戸内海の魚が・・・

ホテルの前は鞆の浦の海・・・

 

 

 

飲んだ(笑)食った(笑)でここ鞆の浦名物? 保命酒を買った(笑)

ゆっくり昼食懇親会で後は帰るだけ・・・ 半分以上はバスの中で寝ていた。

田植えが終わった慰労(笑) 何にも考えず楽しくであった。

 

梅雨入りしたのに雨が降らない 今日も青空 緑が濃くなる田に山が映って・・・

 

もうしばらく雨は降らない予報 梅雨の末に大雨では困るのだが・・・ 


和歌山の旅・・・(報告その2)

JUGEMテーマ:日記・一般

旅の二日目 ホテルから連絡船で桟橋に・・・ここでバスに乗り換える。

白浜に向かう途中の串本町で 奇岩の「橋杭岩」観光と休憩。

岩が橋脚のように連立・・・

 

ここも観光客が多かった ここから白浜まで直行 白浜で「三段壁」海岸が高い崖続き 南紀の熊野や那智では会わなかった 大声で歩く外国旅行団が・・・

 

エレベーターで海面近まで降りた洞窟に・・・

 

 

 

感心したのはこの近くのアロエ公園 露天にアロエがびっしり!

 

千畳敷野岩 ここでは風が強くて・・・

 

白浜の海岸通りを進み和歌山城へ 白い砂はオーストラリアから輸入したと。

 

色んな形の島を見ながら・・・

 

和歌山城までの途中の海産物 野菜 果物 土産物等の大市場「とれとれ市場」で昼食 太平洋の魚で・・・

 

和歌山はミカンの産地 旨くて安い?のがあればと・・・

こんなミカンを買う人もいるんだと・・・(苦笑)とても買えない(涙)

 

ま〜精々1k1,000円を買うのが関の山 和歌山は梅の産地 車窓には梅畑。

 

今回の最後の観光 和歌山城に着く 桜は5分咲き位。

 

城に上がるのはキツイ 下で待っていた。

 

城内は桜祭り 月曜日にも関わらず宴会の人も・・・

 

城内の庭園も巡って・・・

 

気温が上がって一枚ずつ脱ぎながらであった ここの観光が終ったら広瀬に帰るだけ・・・

和歌山市は大阪から近い事もあってか 外国の旅行団がけたたましく自撮り棒をかざして写真。

二日間天候に恵まれ 事故もなく楽しく旅 夜はカラオケもあって大宴会 もちろん館内での二次会も盛り上がって・・・

 

南紀は島根から一泊ではちょっと遠い 強行軍ではあったがめったに行けない場所。

時間に余裕なら二泊旅行がと思うが・・・

夜9時に予定の時間に石原に到着 非日常の楽しい時間であった。 

 


日・月と集落で一泊二日の奈良・和歌山の旅(報告その1)

JUGEMテーマ:日記・一般

集落で一泊二日の車での旅 旅行積み立てと自己負担で一行15名の旅(笑)

かなりの強行軍旅行? 日曜日早朝5時集落発 この日は霜で寒かった。

高速安来・米子道から中国道 途中休憩しながら最初の目的地奈良県十津川村の「谷瀬の吊り橋」へ 予定通り11時30分着。

 

生活のための吊り橋では日本一とか・・・揺れる 揺れる・・・

 

 

 

 

 

日頃の行いが良かったのか 奈良も晴れで気温も上がり歩くのに最適。

結局揺れて渡らなかったが 皆さんは向こうまでの往復渡って・・・

ここで鮎の塩焼きで昼食 ここへは高速道が無く カーブの多い道路で来た。

 

ここから次の目的地の熊野本宮大社に またまたカーブの多い道路を進んだ。

さすが暖かい地なのか 車窓からの景色は山桜が満開 熊野本宮大社に近づくにつれ ソメイヨシノも満開。

 

社務所を覆うしだれ桜も満開。

 

 

 

 

 

四つの神が祀られ 参拝の順序をガイドから聞いて参拝。

さすが熊野神社の総本山 日曜日という事もあってか参拝者が多かった。

ここでは上着はいらない気温 ただ本殿までに石段を登るのがキツかった。

 

参拝を終えて次の目的地那智の滝に・・・ここからは太平洋を左に見ながら。

 

予定通りに那智の滝に到着。

 

ここの飛沫に当たるとご利益があるとか・・・次は那智大社。

大社までは500段以上の石段を登らないと・・・ちょっとキツイ(涙)

下から参拝をして皆さんを待っていた 丁度この頃に通り雨。

 

今日の観光は終り ここから20分程で今夜の泊りの 南紀勝浦温泉に。

ホテルへは連絡船 10分程で着いた。

 

ホテル内の何か所もある温泉に・・・太平洋を眺めながらの入浴。

温泉から部屋に戻ったら丁度夕日が・・・

 

正面の島にもホテル 夜は盛大に宴会 太平洋の魚も・・・

 

朝の部屋からの景色 月曜日も和歌山は晴れ 一行バイキングで朝食。

かなり長時間のバス旅 それでも皆さん元気で(笑)・・・

和歌山名物梅の漬物もしっかり 塩加減も減塩から塩辛い物までとりどり。

 


屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)

JUGEMテーマ:日記・一般

二泊三日の旅最後の日 屋久島から船で鹿児島港に行き 仙厳園観光して新幹線。

三日目の朝ホテル出発は9時とゆっくり 曇りながらも所々に青空。

ホテルの周辺は自然林を散策できる広い庭園。

 

自然林にあった桜は満開。

 

ゆっくり散策してからホテル出発 米作り農家 どうしても車窓から見える畑や田が気に掛かる。

田に水が・・・ガイドの説明では田植えがされている 屋久島は台風が多い その台風シーズンまでに収穫 大体3月中に田植えをして台風が来る前の7月に収穫と・・・

 

 

 

ビワには早や袋が掛かっていた 緑の畑には何が植えられているのか?

 

港に行く途中に屋久島空港。

 

宮之浦港から出航する高速船。

 

行きは指宿港から75分 帰りは鹿児島港まで110分 桜島が見えて・・・

 

この旅最後の観光地 仙厳園 ここで昼食後観光 ここも桜が咲いていた。

 

桜の向こうに桜島 今は噴火していないとのことで 噴煙はない。

 

 

 

 

 

 

 

これで観光は終り ここからバスで鹿児島中央駅に 駅発15:59のみずほ606号に乗車 岡山着が18:58 鹿児島〜岡山間が2:59。

岡山からやくも号で安来までが約2:30 さすが新幹線だと感心。

まずまずの天候の三日間 指宿温泉の砂むしも体験した 妻は見たかった屋久杉も見た 美味しい料理も食べた。

 

何よりは夫婦共同行者等にお世話にならず 一行と歩けた。

屋久島のガイドが言っていた その時に見れる物は見ておけ 後でなんてことはするな 欲しい物があればその時に買っておけ 後でなんてもうない そうもう一度屋久島になんて出来ない。

ま〜いい旅だった この旅行で夫婦て撮った二枚の内の一枚(笑)


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 昨日は息子の一周忌法要。一年が早い・・・
    紀子 (11/20)
  • 昨日は息子の一周忌法要。一年が早い・・・
    紀子 (11/20)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    宇山辰夫 (10/02)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    あんず (09/29)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    宇山辰夫 (09/16)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    いつもの^^ (09/14)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    宇山辰夫 (08/11)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    工藤 (08/08)
  • 屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)
    宇山辰夫 (03/16)
  • 屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)
    隠れファン^^ (03/15)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM