昨日はJA年金友の会で広島県福山市への日帰り旅行に夫婦で参加。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は夫婦で日帰り旅行に参加 広瀬・伯太からバス4台だった。

朝8時前に集落前の県道からバスに乗車 安来から高速道で福山市まで高速道。

久しぶりにお会いした人も多く 年金受給者のあいさつ?「元気ですか?」。

 

次は「何が出来ますかね?」で 大方の会話はこれで足りる・・・(苦笑)

ま〜バスの中でアルコール分を飲み ウトウトしたりガイドの説明にうなずいたり。

11時過ぎに唯一の観光の 草戸稲荷神社に到着 バス毎に記念撮影 最近流行りの希望者は1枚1,000円で 昼食後に出来上がり・・・

 

 

 

丁度祈願でお参りの客?があり 巫女さんが太鼓を・・・

 

回廊の会談で展望台に・・・

 

さすがに展望台からの眺めは良かった!!!

 

稲荷神社の隣の明王院の国宝だと言う五重の塔にもお参り。

 

観光はこれだけ 鞆の浦の鷗風亭で昼食懇親会 瀬戸内海の魚が・・・

ホテルの前は鞆の浦の海・・・

 

 

 

飲んだ(笑)食った(笑)でここ鞆の浦名物? 保命酒を買った(笑)

ゆっくり昼食懇親会で後は帰るだけ・・・ 半分以上はバスの中で寝ていた。

田植えが終わった慰労(笑) 何にも考えず楽しくであった。

 

梅雨入りしたのに雨が降らない 今日も青空 緑が濃くなる田に山が映って・・・

 

もうしばらく雨は降らない予報 梅雨の末に大雨では困るのだが・・・ 


和歌山の旅・・・(報告その2)

JUGEMテーマ:日記・一般

旅の二日目 ホテルから連絡船で桟橋に・・・ここでバスに乗り換える。

白浜に向かう途中の串本町で 奇岩の「橋杭岩」観光と休憩。

岩が橋脚のように連立・・・

 

ここも観光客が多かった ここから白浜まで直行 白浜で「三段壁」海岸が高い崖続き 南紀の熊野や那智では会わなかった 大声で歩く外国旅行団が・・・

 

エレベーターで海面近まで降りた洞窟に・・・

 

 

 

感心したのはこの近くのアロエ公園 露天にアロエがびっしり!

 

千畳敷野岩 ここでは風が強くて・・・

 

白浜の海岸通りを進み和歌山城へ 白い砂はオーストラリアから輸入したと。

 

色んな形の島を見ながら・・・

 

和歌山城までの途中の海産物 野菜 果物 土産物等の大市場「とれとれ市場」で昼食 太平洋の魚で・・・

 

和歌山はミカンの産地 旨くて安い?のがあればと・・・

こんなミカンを買う人もいるんだと・・・(苦笑)とても買えない(涙)

 

ま〜精々1k1,000円を買うのが関の山 和歌山は梅の産地 車窓には梅畑。

 

今回の最後の観光 和歌山城に着く 桜は5分咲き位。

 

城に上がるのはキツイ 下で待っていた。

 

城内は桜祭り 月曜日にも関わらず宴会の人も・・・

 

城内の庭園も巡って・・・

 

気温が上がって一枚ずつ脱ぎながらであった ここの観光が終ったら広瀬に帰るだけ・・・

和歌山市は大阪から近い事もあってか 外国の旅行団がけたたましく自撮り棒をかざして写真。

二日間天候に恵まれ 事故もなく楽しく旅 夜はカラオケもあって大宴会 もちろん館内での二次会も盛り上がって・・・

 

南紀は島根から一泊ではちょっと遠い 強行軍ではあったがめったに行けない場所。

時間に余裕なら二泊旅行がと思うが・・・

夜9時に予定の時間に石原に到着 非日常の楽しい時間であった。 

 


日・月と集落で一泊二日の奈良・和歌山の旅(報告その1)

JUGEMテーマ:日記・一般

集落で一泊二日の車での旅 旅行積み立てと自己負担で一行15名の旅(笑)

かなりの強行軍旅行? 日曜日早朝5時集落発 この日は霜で寒かった。

高速安来・米子道から中国道 途中休憩しながら最初の目的地奈良県十津川村の「谷瀬の吊り橋」へ 予定通り11時30分着。

 

生活のための吊り橋では日本一とか・・・揺れる 揺れる・・・

 

 

 

 

 

日頃の行いが良かったのか 奈良も晴れで気温も上がり歩くのに最適。

結局揺れて渡らなかったが 皆さんは向こうまでの往復渡って・・・

ここで鮎の塩焼きで昼食 ここへは高速道が無く カーブの多い道路で来た。

 

ここから次の目的地の熊野本宮大社に またまたカーブの多い道路を進んだ。

さすが暖かい地なのか 車窓からの景色は山桜が満開 熊野本宮大社に近づくにつれ ソメイヨシノも満開。

 

社務所を覆うしだれ桜も満開。

 

 

 

 

 

四つの神が祀られ 参拝の順序をガイドから聞いて参拝。

さすが熊野神社の総本山 日曜日という事もあってか参拝者が多かった。

ここでは上着はいらない気温 ただ本殿までに石段を登るのがキツかった。

 

参拝を終えて次の目的地那智の滝に・・・ここからは太平洋を左に見ながら。

 

予定通りに那智の滝に到着。

 

ここの飛沫に当たるとご利益があるとか・・・次は那智大社。

大社までは500段以上の石段を登らないと・・・ちょっとキツイ(涙)

下から参拝をして皆さんを待っていた 丁度この頃に通り雨。

 

今日の観光は終り ここから20分程で今夜の泊りの 南紀勝浦温泉に。

ホテルへは連絡船 10分程で着いた。

 

ホテル内の何か所もある温泉に・・・太平洋を眺めながらの入浴。

温泉から部屋に戻ったら丁度夕日が・・・

 

正面の島にもホテル 夜は盛大に宴会 太平洋の魚も・・・

 

朝の部屋からの景色 月曜日も和歌山は晴れ 一行バイキングで朝食。

かなり長時間のバス旅 それでも皆さん元気で(笑)・・・

和歌山名物梅の漬物もしっかり 塩加減も減塩から塩辛い物までとりどり。

 


屋久島では早くも田植え!!!屋久島から鹿児島へ・・・(旅報告その4)

JUGEMテーマ:日記・一般

二泊三日の旅最後の日 屋久島から船で鹿児島港に行き 仙厳園観光して新幹線。

三日目の朝ホテル出発は9時とゆっくり 曇りながらも所々に青空。

ホテルの周辺は自然林を散策できる広い庭園。

 

自然林にあった桜は満開。

 

ゆっくり散策してからホテル出発 米作り農家 どうしても車窓から見える畑や田が気に掛かる。

田に水が・・・ガイドの説明では田植えがされている 屋久島は台風が多い その台風シーズンまでに収穫 大体3月中に田植えをして台風が来る前の7月に収穫と・・・

 

 

 

ビワには早や袋が掛かっていた 緑の畑には何が植えられているのか?

 

港に行く途中に屋久島空港。

 

宮之浦港から出航する高速船。

 

行きは指宿港から75分 帰りは鹿児島港まで110分 桜島が見えて・・・

 

この旅最後の観光地 仙厳園 ここで昼食後観光 ここも桜が咲いていた。

 

桜の向こうに桜島 今は噴火していないとのことで 噴煙はない。

 

 

 

 

 

 

 

これで観光は終り ここからバスで鹿児島中央駅に 駅発15:59のみずほ606号に乗車 岡山着が18:58 鹿児島〜岡山間が2:59。

岡山からやくも号で安来までが約2:30 さすが新幹線だと感心。

まずまずの天候の三日間 指宿温泉の砂むしも体験した 妻は見たかった屋久杉も見た 美味しい料理も食べた。

 

何よりは夫婦共同行者等にお世話にならず 一行と歩けた。

屋久島のガイドが言っていた その時に見れる物は見ておけ 後でなんてことはするな 欲しい物があればその時に買っておけ 後でなんてもうない そうもう一度屋久島になんて出来ない。

ま〜いい旅だった この旅行で夫婦て撮った二枚の内の一枚(笑)


屋久島で滝巡り・・・桜が咲いて色んな花も咲いていた。(旅報告その3)

JUGEMテーマ:日記・一般

旅行二日目の午後は 屋久杉ランドを降りて昼食 しっかり土産を買って(笑)

ガイドが屋久島には2軒の焼酎醸造会社 日本全国に出荷できる量は作っていない この島でしか買えない銘柄。

ところが最近ではネットで買う人が増え 出荷待ちで半年待ちは当たり前で値段も定価以上 だが島に来た人には高い値段で売る訳にはいかない で土産物店では定価で買えると宣伝。

 

とは言っても一部の銘柄は高くなっているし 一日に10本程度しか出ない物もある。

運が良ければ店に並んでいるかも と思わせぶりな宣伝・・・

早速売り場 少ないと言った銘柄があった! 有ったはいいが900mmlが5,400円(苦笑)ま〜飲んで腹に入ればどれも一緒と 貧乏人の思いよう(苦笑)

 

そこまで希少の焼酎を求めなくてもと・・・結局この島でしか買えない銘柄を求めた。

昼食後訪れた滝 千尋の滝 ガイドが何度も「せんじゅ」の滝ではない 「せんぴろ」滝と・・・

 

 

 

この滝の前で一行揃って記念撮影 台紙に入れて一部1,000円。

ここの駐車場の上の公園では桜が満開 ただ工事中で行かれなかった。

 

海岸線の道路を進んで次の滝に・・・

 

モッチョム岳も良く見えた。

 

紀元杉が交通止めで行かれなかった そこでその時間分で大川(おうこ)の滝に。

千尋の滝は遠くから眺めた こんどの大川の滝は滝の下まで行って見えると。

 

 

 

 

 

どっちの滝も満足 これでこの日の観光は終り 早目にホテル。

 

部屋は5階 眺めは近くに山が・・・

 

丁度6階の食事会場は夕日が沈む眺め・・・

 

お品書きが付いて 料理が次々(笑)熱い物は熱く 冷たい物は冷たく。

妻も満足 夫も島の焼酎を飲んで料理と共に満足。

ホテル到着が早く 食事はゆっくり それでも部屋に帰ったら20時過ぎ。


鹿児島指宿から屋久島へ・・・屋久島の高山は雪が・・・(旅報告その2)

JUGEMテーマ:日記・一般

九州指宿・屋久島の旅二日目 指宿港から高速フェリーで屋久島へ・・・

乗船時間は75分 指宿はやや風があり肌寒い ホテル従業員に見送られ指宿港へ。

指宿温泉も温泉街が有るかと思っていたが ホテル等が散在 砂むし温泉はどのホテルにもあるのかと思ったが 海岸に一か所だけだった。

 

この高速フェリーで屋久島へ。

 

港を出て左手に開聞岳や薩摩半島を見ながら進む。

 

鹿児島湾を出たら太平洋かと思っていたが 大隅海峡で正確には東シナ海。

 

ほぼ遅刻に屋久島宮之浦港に着く。

 

ここから観光バス ガイド嬢の説明によると 一昨日から高山は雪だと。

屋久島は雨の多い島 霧や雨で高い山が見えるのは幸運だと説明。

 

一昨日からの雪で 樹齢3千年の紀元杉へ行く道が交通止めだと。

屋久杉ランドは交通止めにならなかった 海抜0mから標高1,100mの屋久杉ランドにバスは向かう。

 

少し霞んではいるが 發せ海領農や頂上も見える。

屋久杉ランドは薄っすらと雪 ランド内散策30分コースへ。

 

ランド入り口で人員確認 ここから森の中へ 板の歩道には雪。

ガイドの案内で森の中を進み 周囲の木のありようを見ながら進む。

 

白いのは雪。

 

 

 

森を出たら島で一番高い山が見え ガイドが雪はあったが貴方方は幸運。

 

下山途中に道路の脇に屋久猿の親子 車が動いて・・・

 

道路脇には島根では絶対無いシダが・・・

 

下山途中の山の中には滝も見えた。

 

紀元杉には行けなかった 時間が出来たので屋久杉自然観に行く。

ここでは縄文杉や紀元杉等、屋久島の自然について写真等展示説明。

さらに時間があってこの後二か所の滝めぐり バス内はゆったり・・・


ありえない少人数で九州指宿温泉と屋久島二泊三日の旅に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

8日から九州に行った ツアー旅行で集合地のJR岡山駅に行かないと どんな人が何人なのかも分からない旅(苦笑)

8日安来6:13発のやくも号 5時前に起きてまだ暗い外を見ると 雪が積もって雪明り・・・

雪がどんどん降っていたが 決められた旅行 もちろん中止の連絡などない。

 

JR安来駅 同じツアー参加者はと見るが それらしき人はいない。

定刻の電車に乗る 外は夜明けに近くだんだん明るくなる 車窓からは雪景色。

 

米子駅から同行者らしき夫婦が乗車 同行者と決まってから声を掛ければいい。

JR岡山駅新幹線改札口前集合 添乗員が旗を持って待ち受け。

島根の宇山と受付? ここでエッそうなのと ちょっと信じられない話が・・・

 

 

 

同じコースで2月末にツアー その時は600名の参加者 で申し込みを締め切ったが キャンセル待ちも多かった。

かくいう自分ももう一杯で締め切ったと言われた その後キャンセル待ちや断った人が多く 急遽8日出発のツアーを計画。

8日出発のツアーは キャンセル待ちとその後の申し込みで 30組60名を予定。

 

添乗員いわくその後キャンセル等で参加者が減った 結果倉吉4名米子2名安来2名浜田4名の12名だと・・・

ツアーで12名添乗員付き 料金は同じ ありえない・・・(笑)

岡山から浜田の人を除く8名 大阪発新幹線みずほ605号に乗車 もちろん指定席。

 

その後広島から浜田の4名が乗車 一行が揃ったところで昼食弁当。

定刻12:43に鹿児島中央駅にみずほ605号到着 駅には大型観光バスにガイド嬢が迎え。

座席は一応指定 添乗員・ガイド嬢いわく 指定はしてあるが空いている所にご自由にと。

 

バスは市内を走り 最初の目的地池田湖を目指す 鹿児島市内は路面電車。

 

車窓に南国らしい植物も・・・

 

朝広瀬は雪 8時間近く電車に乗って来た鹿児島市は青空。

ガイドさんの鹿児島弁講座?など聞きながら 島根と違った風景を見ながらバスは最初の観光地池田湖へ。

丁度この頃は雨がパラパラで風もあり 肌寒い 池田湖の向こうには開聞岳。

 

池田湖の近くの物産館で この湖に棲むという1mを超す大ウナギを見る。

池田湖は「イッシー」でも有名 ここで最初の土産・・・(笑)

開聞岳を車窓にバスは次の JR最南端の西大山駅に向かう。

 

畑の中にある無人駅 最南端の駅というだけで観光名所。

 

何でも宣伝さえ上手くすれば観光名所 駅の前の畑にはレタスが・・・

 

今日はこれだけで指宿温泉に早目に到着 行って体験したかった「砂むし温泉」。

温泉には金属物はご遠慮 カメラもご遠慮 ホテルから送られて砂むし温泉へ。

受付で砂むし温泉専用の浴衣・タオルを渡され 更衣室で下着も全部脱ぎ 渡された浴衣だけを着タオル持参で砂むし温泉へ・・・

 

砂むし温泉ではタオルで頬かむり 砂の上に横たわる これだけで既に熱い!

職員が横たわった浴衣の上から砂をかける 熱さに耐えられない 事前に熱かったら体を動かせ 我慢出来なかったら遠慮せずに起き上がれと・・・

ここの職員いわく 最低5分は我慢 10分我慢ならOKだと・・・

5分程でギブアップ ホテルの浴衣に着換えるため温泉に入ったら 熱かった部分が赤くなっていた(苦笑)

 

まっ砂むし温泉を体験 旅の目的の一つが達成 これでテレビ等で指宿温泉が出ても 行って見たいとの気は少なくなる。

ホテルの夕食は豪勢 並んだ料理以外にもカツオのたたきが食べ放題・・・

 

このツアーは食事の時にも指定席 ちゃんと部屋番号別に席がある。

最も飲み物は飲んだ人が支払(笑) 早目のホテル到着 夕食までもゆったり。

明日は屋久島へ行く船旅 朝が少々早い 一日目は満足 早目から寝た・・・

 


2時過ぎに震度4の地震。震源は鳥取県倉吉市周辺。非日常の続き・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

先程2時07分頃地震 田の事は済んだしちょっと寒く感じる 曇りで風もあるし今日は休養日 そう思って横になっていた。

突然携帯に警告音 テレビからも警告音 何が起こったか戸惑う。

突然家が揺れ出した 地震!横揺れが結構長く続いた。

 

テレビから鳥取地方で地震と報じ しばらくしてから震源は鳥取県倉吉市周辺 この地震での津波はないと速報。

テレビでは被害の状況はまだ不明 ラジオからは瓦が落ちたりしているとも。

この地では久しぶりの大きな地震 大きな被害が出ていなければよいが・・・

 

今日は朝から曇り空で風がやや強い・・・

 

 

 

午前にブラブラ歩いたら ハゼの葉が色づいていた。

 

これから朝晩の冷えもだんだんキツクなる 山の木の葉も色付き始める。

まだ10月 霜が降りる事はないが 草に降りた露が冷たくなる。

そろそろ風呂の焚き付けの 杉の葉でも拾っておかないと 冬籠りの準備(笑)

 

昨日の非日常の続き 瀬戸内海クルージングが終り 鷲羽山のホテルで総会。

総会の後親睦懇親会を兼ねて昼食 瀬戸内の魚を堪能して 楽しい一時を過ごした。

このホテルは鷲羽山の中腹 目の前は瀬戸内海 船が行きかって・・・

 

 

 

次は倉敷の美観地区に・・・やっぱ人が多い 外国語の観光客も多い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま〜せっかく来たのだからと 名物のきびだんごを買い求めた。

さすが山陽側 長袖では暑く感じた 1時間ばかり自由散策 人が多い・・・

非日常の時も18時広瀬着で終わり 夜は早々にお休みであった。


今日は非日常な一日・・・年金の会で瀬戸内海クルージング・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

丁度稲刈りも米出荷も済んだ 今日までに済むかと気になっていたが済んだ。

年金の会で瀬戸内に日帰り旅行の日 米の事は済むだろうと出席申し込みしていた。

今朝7時前に集合場所に・・・ 懐かしい?人の顔が揃っていた。

 

一行43名 観光バスが出発 バスの中で久しぶりのあいさつ・・・

ま〜年金受給者 元気?どうしていますか? 挨拶というか健康が一番の話(笑)

今日のメインは瀬戸内海クルージングに倉敷散策 バスは順調に進み最初の目的の下津井港に・・・

 

早速港からクルージング ???エッこれ? もっと大きな船を想像してた(苦笑)

 

一行43名だよ〜〜〜 と思いながら乗船・・・

 

船って広瀬の山の中では想像もつかない これで定員70名!!! 43名は定員の半分じゃん(爆笑です)

瀬戸大橋って幾度となく通った だが海の上から見た事はない 瀬戸内海遊覧も初めて。

 

 

 

幸い今日は雨も降らず波も穏やか・・・

 

瀬戸内海に浮かぶ島など真近で見た事がない。

 

田んぼしか見てないこの頃 海に島に瀬戸大橋・・・非日常だ!!!

 

 

 

 

 

瀬戸大橋の下をくぐるなんて・・・ そりゃ非日常だ・・・

堪能した45分 広瀬の山の中と 瀬戸内海の暮らしは比べようもないが 間違いなくカルチャーショックである。

年金者総会 昼食懇親会 賑やかな一時 まだ午後の非日常の時がある。

午後はまた報告 で予定の18時過ぎに帰宅 しばし非日常の思いを浮かべながら 今夜は寝床へ・・・

ゅう


昨日はJA「年金友の会」で日帰り岡山「吉備津神社と鷲羽ハイランドホテル」に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は夫婦でJA年金友の会で岡山に行った 広瀬・伯太からバス4台。

集落の前の県道バス停から乗車 田畑のことを忘れ 一日楽しんでと・・・

高速道で総社まで進み ここで高速道から一般道に そして吉備津神社参拝。

 

結構石段が急でキツかった。

 

国宝の回廊を歩く。

 

 

 

回廊の先にはアジサイ この石段も急で長い 下から見ただけ・・・

 

ここから再び高速道に乗り 瀬戸大橋の手前の鷲羽ハイランドホテルで昼食宴会。

 

 

 

 

 

宴会場の庭からは瀬戸内海が・・・左には瀬戸大橋の橋脚。

 

温泉タイムもあって妻は温泉に 少々お酒を飲んだ で夫は温泉はパス。

14時前にホテル出発 途中の物産館で買い物タイム。

 

 

 

岡山名物の桃あった 皆さんそれぞれお買い物・・・

これ買おう! そんな物はなかなか無い(苦笑) 広瀬や安来で目にするものが多い。

今は何処にいても手に入る時代 それでもせっかくの岡山 桃を買った。

 

バスの中でもアルコール類 中途でトイレタイム・・・

 

ここでもこれ買おうというものが無かった 吉備津神社に行った頃から曇り。

それでも蒸し暑さであった 蒜山SEで最後の休憩 大山は霞んでいた。

 

予定の時間より1時間遅れで帰宅 田植えが終わった「泥落とし」の一日。

非日常の一日 たまにはいい休息日であった。

今日からまた夫婦で田や畑 雨模様の予報であるが 今朝から曇りである。

ま〜疲れないようにボチボチである。

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM