東北大周遊の4日の旅。十和田湖から中尊寺(その4で終り)

JUGEMテーマ:日記・一般

弘前城の桜と人を堪能して 3泊目の十和田湖湖畔に向かう 八甲田山の中腹を超えて。

十和田湖温泉郷は日本有数の積雪地帯 毎年日本で一番多く雪が積もるが この冬は秋田に越されたとガイド。

車窓からの景色も雪が・・・

 

長さが200m 發気122mの橋を歩いて渡る。

 

まだ雪の山 その雪の前で記念撮影。

 

車窓の外は雪の壁で景色が見えない・・・

 

峠を降りて奥入瀬渓流 雪解け水で流れが多い。

 

いくつもの滝が右左に・・・

 

十和田湖畔に到着 ここで団体で記念撮影。

 

3日目の宿十和田湖畔温泉十和田荘で泊り ここは大きなホテルで宿泊客が多い。

 

ガイドがここで荷物をまとめて送れ 明日は仙台から東北新幹線 東京駅で山手線に乗り換え 浜松町からモノレールで羽田へ 特に出雲空港に帰る人は羽田で時間が少ない なるべく身軽にと・・・

妻のバッグに買った土産等送る で次の23日には家に誰もいない 24日着とお願いしたら 中国地方は26日でないと着かないと。

 

この日の夕食で初めての「せんべい汁」 醤油味の鍋に煮立ったら別添えの「せんべい」を入れろと。

どんな味になるのか? 初めて食べる!!! 味は「麩」のような食感でなかなか美味しかった。

旅の最終日 車窓から十和田湖。

 

ここから東北道を一気に走り 世界遺産の中尊寺金色堂へ。

金色堂がある山の中腹で降りて ここから境内の施設を見ながら降りる。

 

金色堂の中は撮影禁止 堂の前で最後の記念撮影(笑)

 

松尾芭蕉の句碑。

 

中尊寺。

 

境内の展望所から眺める。

 

これで見る場所は終り ここから高速道で仙台駅へ 途中で今回の旅で初めての雨に合う。

3日間はどこも快晴 4日目は朝から曇りで 仙台近くで雨。

無事羽田に着き出雲行きの飛行機に搭乗 出雲は雨だった。

夜9時前に到着 慎重に運転で帰宅は夜10時過ぎ 我が家の風呂もいい!!!

4日間楽しく旅が出来た ま〜夫婦手助けが無く歩ける それが一番だったかも? 


東北大周遊4日の旅。あの有名な弘前城の桜が満開なのを見た(報告その3)

JUGEMテーマ:日記・一般

角館の武家屋敷等を満喫 泊りの田沢湖高原温泉に向かう。

峠を越え田沢湖に向かうが 途中の山にも雪 林や道路脇にも雪。

田沢湖も晴れ 辰子像が立つ湖畔で記念撮影 この湖の向こうの雪のある山の中が今夜の宿。


17:30夕陽に駒ヶ岳が照らされて ホテル前も雪。

 

今夜もごちそうが並んで・・・

 

翌朝出発前に雪を前に写真 ま〜この時期島根県人には珍しい?(笑)

 

ここから弘前城へは峠を越える 途中の山の木の間には雪。

 

弘前には11時到着予定 この日は日曜日 ガイド曰く桜が満開で大渋滞を予想。

城の周りには駐車場が無い 観光バスが止められる場所が決まっている そこから歩き帰りも決められた時間にその場所に集合。

桜が満開で人が多い!!!

 

 

 

このソメイヨシノが日本で一番古いと説明。

 

そこいらの適当な場所で花見弁当で昼食をと・・・

 

大木の枝垂れ桜も満開。

 

弘前城 右側は写真撮影用の臨時の桟敷台。

 

城のある広場の桜も満開。

 

桜の下で津軽三味線の演奏。

 

城の堀沿いの並木の桜も満開 散り始めると堀が桜の花びらで花筏になると。

 

この夜宿泊のホテルで 弘前城の桜がニュースで流れていた。

一度はここの桜を見たかった それが満開の時に見られた 感激・堪能・

弘前城での自由行動時間は2時間30分 人の多さとその流れで道に迷いそうだった。

色んな桜も見た ビールも飲んだ 土産も買った 快晴で上着を脱いで歩いた。


みちのく三大桜と東北大周遊4日間の報告(その2)

JUGEMテーマ:日記・一般

東北に3泊4日の旅 3日は快晴で25度超えの日もあって 天気に恵まれた旅だった。

この地も暖かい日が続き 出発の前日までは蕾だった ボタンに洋シャクナゲが咲いていた。

昨日朝妻がボタンと洋シャクナゲに傘。

 

真っ赤な花の洋シャクナゲ。

 

旅2日目 北上川河畔の北上展勝地の桜に・・・途中から渋滞ながらも到着。

 

 

 

何処からこんなに人が?・・・というほどいっぱい(笑)

 

花見弁当と敷物のブルーシートを渡され 2時間の自由行動での花見。

この日は気温が上がった 喉が渇きビールを買って妻と花見(笑)

 

陽の当たる場所は避け少し木陰で・・・北上川遊覧船が出ていて船上から花見。

 

 

 

鯉のぼりもあって・・・

 

集合場所に向かうもますます人が増えて・・・

 

12:30出発で次の角館に向かう 途中の峠付近は雪が!!!

 

高速道脇にもまだ雪が・・・

 

峠近くの田んぼや家の周りにも雪 ここあたりは何時頃田植えかと気になる。

 

 

 

北上川河畔から約2時間高速道を走って角館 ここは盆地で気温が低くまだ桜は蕾で 桜は見られなかった。

 

桜はまだだったが観光客は多い 武家屋敷街を歩く。

 

 

 

ここも自由行動・・・ 

 

桜はまだだが土曜日 イベントで子供が郷土芸能の踊り。

 

ここの桧木内川堤は2kmの桜並木 咲いていればな〜〜〜!

 

晴れだったがここでは風を冷たく感じた そう来れる場所ではない 有名な桜皮細工の小物を買い求めた。

ここ出発は16時 この時間になると肌寒く感じ バスの中は暖房(笑)

ここから田沢湖を見て 田沢湖高原温泉に向かう・・・


一度は見たい!!みちのく三大桜と春彩の東北周遊4日間の旅。

JUGEMテーマ:日記・一般

4月20日朝5:40家発 自家用車で出雲空港に向かう 7:20までに搭乗手続き。

8:00発の羽田行きに搭乗 羽田空港手荷物引換所出口に 添乗員が待ち受け。

指名を名乗り待機の観光バスに乗車 出雲空港からの参加者も合わせ一行41名での旅。

 

バス内は指定の座席 参加者は徳島県・広島県・山口県と島根県からの参加者。

島根県は出雲市に川本町・美郷町からも・・・安来市からは妻と二人。

観光バスは湾岸道路から東北自動車道へ 先月行ったスカイツリーを車窓から眺めて。

 

東京は晴れで視界良好・・・

 

東北道から田んぼも見ながら北上。

 

最初の桜は三春の枝垂桜の滝桜 この桜は江戸彼岸桜系で花はもう終わって葉桜。

樹齢1300年とかで この木を見るだけでも価値があると説明 駐車場は桜は終っていても観光バスが10台ばかりに 沢山の乗用車。

 

結構観光客も多く この桜の木までの道中には土産物店が多くあった。

ここから会津磐梯山麓の猪苗代湖近くの 観音寺川の桜並木に向かう。

川の両側約2kmに桜並木 丁度満開 ここも観光バスも多く 人も多かった。

 

桜の向こうには会津磐梯山。

 

満開の桜堪能。

 

耕された田んぼを見ながら 今夜の宿泊地 蔵王の麓の温泉地に向かう。

 

宿泊の遠刈田温泉着 部屋割りで夫婦二人の部屋 早速温泉に浸かった。

温泉に満足 このホテルでの夕食は品数が多かってこれまた満足。

 

飲み物も飲んで夫婦マッサージで 早々にお休み・・・

朝起きたら快晴 窓の外には朝日を受けた雪の蔵王が 真正面に・・・

 

 

 

4日間お世話になる観光バス ナンバーが123と覚えやすい・・・

 

ホテルの前からも蔵王の山が・・・

 

2日目はここから高速道等で約3時間走り 北上川河畔の北上展勝地の桜へ。

 

北上川は雪解け水とかで水量が多い この川沿いに上流の目的地へ。

この日は土曜日 川沿いを進むと中途から 観光バスに乗用車で大渋滞。

天気も晴れで桜を見に行く人が多い 桜の有る場所まで40分程ノロノロ。

 

それでも予定より少し遅れて到着 ここの桜も満開で堪能した。

旅はまだ2日目 渋滞も気長にで見れるところは見るの気構え・・・ 


想定外の出来事で東京に行って来た!(東京は疲れる・・・!!!)

JUGEMテーマ:日記・一般

先月28日に東京の義姉(妻の姉)から電話 埼玉にいる義弟(妻の弟)が緊急入院して 容態が良くないと・・・

妻は一人では無理だと言う 天気予報では3月1日は全国的に大荒れ。

2日になれば関東も荒れがおさまると・・・ で急遽2日発の飛行機を予約 旅行社の係員が帰りは? というが行ってみなきゃ分からない で行だけの予約。

 

ところが3月と8月は旅行業界の繁忙期 飛行機の割引は無いという そんな事を言っている場合じゃないと予約。

2日朝空港で搭乗手続き 係員曰く 会員登録されれば割引とシニアサービスが受けられますが どうされますか?と・・・

今直ぐにここで出来ますが 免許証か保険証をお持ちでしょうか?

 

妻と出掛ける時には2人共保険証持参 免許証も持っていたので2人共登録。

エッというほど払い戻し 2日は天候が回復 揺れもなく順調に飛行 富士山も見えて。

 

 

 

無事羽田着 10数年ぶりの東京 ま〜人が多い!!!

何とか記憶を辿り??? 義姉の済む杉並に到着 荷物を置き義姉と3人で埼玉に向かう 特急に乗っても1時間程掛かる。

14時前に病院着 義弟は集中治療室 面会がかなうもかなり苦しそう。

 

それでも何とか会話 電話じゃなかなか症状が伝わらない この調子なら急にどうこうはなさそうだと少し安心。

病院を出て初めて埼玉は快晴と気付く(苦笑) ひとまず安心?して東京杉並に。

今夜は義姉宅泊り 妻の姉弟はこの2人になっている・・・

 

3日 義弟の症状は落ち着いている という事で夫婦で東京スカイツリーに行く。

 

この日の東京は快晴 気温も上がって土曜日でここは親子連れも多かった。

入場券売り場で30分程並んで待つ エレベーターで50秒 アッという間に350mの展望室に・・・

快晴で遠くまで見えた。

 

晴れでスカイツリーの影も・・・

 

もう一つ上まで上がられるが ここで満足?しこの階でゆっくり・・・

スカイツリーアイスも食べた 妻がここでしか売ってないという土産も。

義弟の様子も見た 次の日もう一度病院へ行き帰る事に・・・

 

この日は土曜日 小さな駅の周辺の旅行社は休み 義姉宅に向かう乗り換え駅の新宿で飛行機の予約。

ここも数十年ぶり 相変わらずすきな格好の人の多い事・・・

 

 

 

もう田舎者はなかなか電車にもバスにも乗れない 全てカード! 駅で切符を買っている人は絶対に田舎者? 切符を買う機械なんて大きな駅の売り場でも2〜3台しかない。

ずらっと並んだ機械は カードにお金を入れるチャージ機ばっかり。

 

幸い義姉にカードを渡されていたので どの駅でもかざすだけで通過 切符を入れて通過する機械も数が少ない。

4日東京は快晴で気温も上がる 1枚脱いで埼玉の義弟の入院の病院へ。

緊急入院から6日目 症状が落ち着いて顔色もいい 会話もしっかり・・・

 

なかなか簡単には会いに来れない 妻もこの日の状態を見て安心したようである。

病院から羽田までは2時間以上掛かる 乗り換えをしながら空港へ。

ここまで一緒だった義姉と別れた 帰りも晴れで富士山が・・・

 

東京では歩く 歩く で疲れた・・・一昨日と昨日は寒い事もあって夫婦共休養日。

今朝も電話があって義弟はかなり調子が良くなったと 想定外で東京。

自分の事は自分で出来る事の有り難味を感じた東京行きだった。


やっぱり秋日和が悪い。今日も雨。雨の合間の4日に鳥取砂丘に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

秋日和が悪い 4〜5日雨が降らなかったが 今日は朝から雨 それも本降り・・・

気温も下がって暖房も悪くない(苦笑) 稲刈りはしばらくお休みである。

雨の合間になった4日に 元勤め先の退職者会で鳥取砂丘へ行った。

 

会の親睦会を兼ねて総会も・・・観光バスの中ではお互いに「元気?」。

途中の道の駅も晴れで気持ちのいい天気 島根側から見る大山と違う山に見える。

 

鳥取県は島根県の半分位の長さ 高速度も殆どつながり2時間ばかりで 砂の美術館に到着 第10期砂で世界旅行・アメリカ編をゆっくり見学。

 

入った目の前にはマリリンモンロー像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカといえば宇宙開発への歴史。

 

美術館から砂丘展望台へ 晴れて平日なのに人が多かった 砂丘で一番高い馬の背にも人が。

 

アメリカといえば今この人でしょう 展望台の展示場にはこの人の像。

 

美術館前では新しい像の お披露目セレモニー よく意味が分からないが ウォーキング デッド8とか 像の前にはゾンビ?の扮装の人が並んで・・・

 

 

 

 

 

美術館を堪能して近くの宴会場で総会 決算に予算 役員改選等順調に進行。

で 親睦懇親会 お互いの近況等話しながら ビールや酒・・・

満腹したところで 久しぶりに砂丘へ 案外何時でも来れるという気があって そうちょくちょくは来ない(笑)

 

さすが鳥取砂丘 人が砂丘を歩いていた。

 

ここを登るのはキツイだろうなと・・・

 

 

 

砂丘も堪能 帰りは定番の海鮮市場 カニや鮮魚 干物に海産物の加工品。

ま〜目で堪能 皆さんそれぞれビニール袋持参で乗車。

久しぶりの人にも会えた 砂像も見た 砂丘も歩いた 酒も飲んだ(笑)

気分転換にもってこいの非日常の一日 さ〜稲刈り!そう思ったが雨(涙)


北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)

JUGEMテーマ:日記・一般

二泊目の稚内市内のホテルで 夕食にはカニが一匹づつ その他にウニなど海の物が・・・

タコシャブは酒の肴に最適?(笑) ホテルは市内の飲食店街の中 ホテルの周りには居酒屋やスナックなどが多く 道路が広いのでこの地では当たり前なのか 各飲み屋の前には客待ちのタクシー。

ホテルの夕食に満足 これ以上稚内の魚貝類を食べる そんな気がせず早目に寝た。

 

旅最後の日 最初に稚内に町役場が出来てから 100年を記念して造られた塔と中の北方記念館へ ガイド曰くこんな青空が広がって風の穏やかな日はそうそうないと・・・

 

40mばかりの高さ エレベーターで展望室へ 周囲360度青空が広がり 真っ青な海も水平線まで広がっていた そして昨日観光した利尻富士も見えて・・・

 

ここも花の時期は過ぎたというが 黄色な花が咲いていた。

 

 

展望室からの眺めに満足 バスで10分程の稚内公園に ここで見たかった「氷雪の門」に 現在はロシア領のサハリン 日本領の時には樺太 最盛期には40万人の日本人が居た 敗戦後樺太から引き揚げた人が 樺太で亡くなった人の鎮魂と望郷の思いで かすかに見える島影が見えるこの場所に建立と。

 

ガイドが島が見えるでしょう 目を凝らしてもはっきりとは見えず(涙)

 

この公園には南極観測隊と昭和基地に行き 取り残され奇跡的に一年後にも生存していた 樺太犬のジローの像も。

 

 

 

ここの公園も風が強くて 普通なら帽子など被って歩けない 今日のように青空で風の穏やかな日はそうないと・・・

時間があって公園内ゆっくり散策 これが北海道の海に陸地の風景かと・・・

この見える海は日本海 冬になると強風と大波が押し寄せる 港を守る巨大な北防波堤ドームへ・・・

 

午前はゆったり 公園など充分歩いた で旅行最後の昼食は海鮮丼(笑)

 

海老にタコにサケにイクラに・・・刺身が好物の妻も堪能。

この食堂の下が海産物を始め 北海道名物の売店で最後の買い物タイム(笑)

 

メロンもズラリ・・・カニに昆布にホッケにウニに・・・

この建物の隣がJR稚内駅 JR最北端の駅だという。

 

建物のガラス越し せっかくだと入場券を買ってホームに出て見た。

 

 

 

この看板を見ていたら そいえば今年3月に指宿・屋久島に行った時に 日本最南端の駅に行ったのを思い出した。

 

開聞岳を後ろに無人駅のホームで記念撮影 意識していなかったが 一年の内に南北最端の駅に行ったんだ(笑)

いよいよ今回の最後の観光 サロベツ原野の原生花園に。

 

湿原という事で板で遊歩道 出発は一緒でも途中で分岐し 20分コースと30分コースに。

 

この人たちは30分コースに さすが北海道 見渡す限り原野で山が見えない 地平線が見える。

 

遊歩道の両側には花がいっぱいのはず 時期が過ぎていて花は少なく 早い草は既に色付き始めた物もあった。

それでもリンドウはまだ多く見られた リンドウの周辺の草は枯れた物も。

 

それでもまだウメバチソウの小さな白い花が咲いていた。

 

見渡す限り原野 海の向こうの利尻富士がはっきり見えた

 

これで観光が全て終り稚内空港に・・・16:35発のチャーター便に。

 

チャーター便はずっと夕陽を追い続けて・・・途中で夕陽の周りに虹。

 

着陸態勢に入った翼の向こうにかすかに隠岐の島の影が・・・

 

予定より30分近くも早く米子空港着 二泊三日の北海道旅行が終った。

何せ初日に一時雨が降ったが それ以外は晴れで風もなく 最高の天気だった。

島や原野で珍しい高山植物の花を見るなら 6〜7月が盛りのようであった。

美味しい物を食べ 初めて見る景色の連続の旅 余裕があるならもう少し長い滞在も悪くないなと・・・!!!

 


北海道旅行・利尻島〜礼文島〜稚内へ(報告3)

JUGEMテーマ:日記・一般

利尻島観光が終り再びフェリーで礼文島へ 船の上から利尻富士が・・・

 

礼文島の港。

 

フェリー発着場二階で昼食 朝採れたという「うに」が山盛りのうに丼。

 

夫婦共貧乏性なんか(苦笑)あまりにも大量の「うに」に圧倒されて・・・

ま〜「うに」は少量で満足していたほうがいい???(苦笑)

うに丼で満腹し礼文島最初の観光スカイ岬 ここまで約70段の坂道がキツかった。

この景色を見たら 坂道のキツさなんか忘れた(笑)登って良かった。

 

 

 

 

 

この島も花は盛りを過ぎていた 坂道に咲いていた青い花。

 

ナデシコの花も咲いていた。

 

岬の麓の漁港。

 

山に大きな木が無い 明治時代までは大木が生えていた 2度の山火事で島の大半の木が焼けて無くなった 植林はしているが厳しい北の地ではそう簡単に森にはならないとガイド。

次は島の最北のスコトン岬。

 

 

 

岬側から来た方向。

 

ガイド曰くここは来られた人が必ず撮影する場所だと・・・

 

ま〜撮影するでしょうね〜 ここの売店で昆布アイスクリームで喉を潤す。

この島で三か所目の観光に向かう途中で ゴマフアザラシが群れていた。

 

島を走る観光バス 左右どちらかには必ず海 地蔵岩に着く。

 

地蔵岩のある元地海岸 運がよければメノウ原石が拾えるかも で海岸を探す。

 

ま〜そう簡単にある訳ない 波で洗われて丸く平べったになった小石を拾った。

再び礼文島の港に帰り 今夜の宿泊地の稚内に向かう 港から利尻富士が。

 

この日も夕陽を見ながら稚内に・・・

 

稚内には日が暮れて到着 夕食は海の物が主 うにはこの位が丁度いい(笑)

 

 

 

このホテルも湯は温泉 それにホテルが新しく ゆったり休めた。


北海道旅行稚内から利尻島へ(報告2)

JUGEMテーマ:日記・一般

北海道旅行報告2です 報告1で利尻島まで報告でしたが 稚内でノシャップ岬報告がエゾシカだけ(苦笑)

ノシャップ岬でエゾシカ以外もあった 岬を示す看板の前で記念撮影。

 

モニュメントのイルカの像の前。

 

そして利尻島にフェリーで渡り ホテルで夕食 海の物が中心。

ビールに日本酒1本飲んで 美味しく食事をして一日目は早々に寝た。

 

夕日に朝日に縁がある旅? 朝目が覚めたらホテルの窓が赤くなって朝日が・・・

 

二日目は晴れ 朝食が済んでホテル周辺を歩く ナナカマドの実が赤くなって。

 

ホテルの横手には利尻富士が見えていた。

 

この日の午前は利尻島観光 午後は礼文島に渡り またフェリーで稚内戻り泊まる。

観光バスが来て利尻島観光 ガイド曰くこの島では30分も乗っていれば次の観光場所に着くと・・・

最初の観光は姫沼 ここは何にもない その昔ヒメマスを養殖したから姫沼。

 

沼の周辺に散策道が板で作られていて それを歩いて一周だけだと だがこの一周でこの島にしかない高山植物の花が沢山見られると・・・

 

左手の利尻富士が中腹から雲 雲がなきゃ逆さ富士になると・・・

 

散策道を歩いて一周 ガイドから散策道には手すりが無い 沼に落ちるなと。

ぐるりと一周 30分も掛からなかった 花は咲いていたが盛りを過ぎていて そんなに多くはなかった。

クマザサが茂った場所も歩いた ガイドに熊やエゾシカはいないかと聞いた。

 

この島にには何にもいない 熊もエゾシカもキタキツネもタヌキもと・・・

その上に蛇もいない いるのはシマリスに犬に猫にネズミ位だと(全員笑)

バスに乗り次の観光のオタトマリ沼へ ここから見える冠雪利尻富士が北海道で有名な 菓子の白い恋人のパッケージに使用だと。

 

あいにく中腹以上は雲 ここでツアー参加者全員の集合写真。

 

仙法志御崎公園 ここから見える利尻富士は 遮るものが無い絶景ポイントとのガイド あいにくここでも中腹以上は雲。

 

御崎から見た海。

 

御崎の下の海にはゴマフアザラシが泳いでいた。

 

公園の近くの店が利尻昆布販売 とろろ昆布も製造 ガイドがここの昆布は上等だと。

 

上等かどうかは分からないが 他よりは安いような気がして 妻と買いあさり?持ち歩くのもと宅配。

昨日宅配が着いた 買っていない物が入っている 伝票にはサービス品送付と。

利尻島観光はこれで終り 途中海に突き出した岩の神社を車窓から眺め港に。

 

港から再度フェリーに乗り礼文島に向かう 時間は約40分。

 

乗客は多くない 船室は椅子席とじゅうたん敷きのの両方 皆さん殆ど横になってお休み。

12時前に礼文島に着き 昼食後に礼文島観光 利尻島も礼文島もそう大きくない。

バスでの観光なら見どころは半日で終る 夕方には稚内に戻り宿泊。


利尻島・礼文島と稚内・宗谷岬3日間の旅に行って来た。(報告1)

JUGEMテーマ:日記・一般

7日の朝から北海道旅行に夫婦で行って来た 7日朝起きたら雨が大降り(苦笑)

米子空港7時集合 朝早い事もあって案外早く到着 お蔭で駐車が空港の建物近くに停められた。

7時から受け付け 広瀬からの人は?と思っていたら 我が夫婦以外に2名の参加。

 

某社が団体で15名程と 松江から8名のグループ 他は夫婦に友達組に個人参加で総勢40名。

FDAチャーター直行便で行く旅 雨の米子空港を8時に出発 2時間10分の飛行。

 

本州上空は雲で地上は見えず・・・

 

北海道上空になって所々地上が見え出し 稚内上空は雲が少なくなって・・・

 

海岸に沿った稚内空港に到着 飛行機から直接空港に降りて 空港の建物に 予定時刻より少し早めに到着。

 

空港からは観光バス 座席指定がされていて 慌てて乗車する事もなくバスに。

北海道最初の観光は宗谷岬 バスが走り始めたら雨が降ってきて 宗谷岬では小雨。

日本最北端の地へ・・・

 

風と小雨で寒く感じた この旅最初の土産物屋に・・・

 

並んでいるのは昆布が主(笑)バスガイド曰く最初に買うと 土産を三日持ち歩くと。

どうせ昆布は買う(笑) 日程で海鮮市場も組まれている 値段を見るだけ。 
宗谷岬の小高い丘のゲストハウスで 宗谷牛の陶板焼きで昼食 美味しく食べた。

 

食後のデザートは別料金 店員が見本のメロンの切ったのを見せて注文取り。

せっかく来たのだからと妻に・・・食事の場所から宗谷岬を眺める。

 

次は宗谷岬の反対側にある ノシャップ岬に行くここに来たら晴れて・・・

 

 

 

イルカの像の前で記念撮影。

 

ハマナスの花がポツポツ咲いていた。

 

花は終りに近く 早くより咲いた花は赤い実になっていた。

 

稚内市街地でエゾシカ ところがこの岬では堂々と目の前を歩いて・・・

 

 

 

民家の庭の草を食べ始めた。

 

一行エゾシカなどお目に掛かる事は無い 何人もシカの近くで撮影。

全く動じなかった ガイド曰く民家の庭にも入って荒らすと・・・

一日目の観光はここまで バスで稚内港に行き利尻島行のフェリーに。

 

フェリーは先程見たノシャップ岬の先端を廻り 今夜の宿泊地利尻島に。

 

日が暮れてから利尻島到着 フェリーから夕陽を見る。

 

幸いにも宗谷岬を後にした頃から青空が広がった 明日は晴れるらしい。

利尻島のホテルに着いたのが18時40分頃 あたりは暗くなって気温が下がった。

ホテルに着いて温泉に入って夕食 一日目にして結構歩いた感じ。

ま〜精々楽しくである 広大な海に広い平地 見慣れない景色を見ながらである。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 春耕の最大作業の田植えが終わった(笑)!!!
    宇山辰夫 (05/29)
  • 春耕の最大作業の田植えが終わった(笑)!!!
    ファン (05/26)
  • 東北大周遊の4日の旅。十和田湖から中尊寺(その4で終り)
    宇山辰夫 (05/02)
  • 東北大周遊の4日の旅。十和田湖から中尊寺(その4で終り)
    名無しのファン^^ (04/27)
  • 今年も後7時間ばかりで終る。読んで頂いてありがとうございました。来年が良い年でありますように!!!
    宇山辰夫 (01/04)
  • 今年も今日と明日の二日。毎日曇りや雨の日続きだったが久しぶりに太陽。
    宇山辰夫 (01/04)
  • 今年も後7時間ばかりで終る。読んで頂いてありがとうございました。来年が良い年でありますように!!!
    匿名^^ (12/31)
  • 今年も今日と明日の二日。毎日曇りや雨の日続きだったが久しぶりに太陽。
    takawasi (12/31)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    宇山辰夫 (10/02)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    あんず (09/29)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM