昨日は晴れ。今日も太陽が出たので雪で倒れた竹を切る。雪の下では春の準備!

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は晴れ それでも雪はあって雪景色 晴れだと気分がいい・・・

運動だとこのところ毎日歩く 雪景色等眺めながらである。

 

裏山も青空の下 雪はそう簡単には消えないが・・・田の上も青空。

 

雪でなかなか餌が見つけられないスズメ 晴れになって電線に並んで・・・

 

何故かこのグループ?は引っ付いて並んで・・・

 

梅の木にはホオジロが・・・

 

今日も太陽 今度の雪で竹が倒れた 場所は裏山の裾。

 

雪で倒れかけた竹 雪が重かったのか 根から倒れた竹。

 

薮の下は通り道 切って片付けておかないと 歩く人の邪魔。

 

梅の木に倒れた竹もあり また雪なら下の通り道に落ちる。

 

これも切った。

 

適当な流しに切っておけば また使い道もある 切った竹の2mばかりの所にカマキリの卵 カマキリが卵を高い所に産むと その冬は雪が多く積もるとの言い伝え。

 

初夏に蜂が高い所に巣を作ると雨が多い 低い所に作ると強い風が吹く事が多い そんな虫の行う事を見て 昔から天気の予報をして来た 当たっているのかは?だが 長い年月での昔の人の知恵。

今は観測やデータに基づく天気予報 この冬は寒い日が多い? 古来より寒さが厳しいと 夏に野菜や稲の害虫が少ないとの言い伝えも。

 

竹を切っている場所は西向きで陽当りがいい ここの斜面に生えている蕗。

その根元には春の準備で 小さなフキノトウが膨らみ始めていた。

 

天ぷらにフキノトウ味噌 独特の苦みに春を感じ どちらも好みである(笑)

雪に埋もれながらも春を待つ 冬に体内に溜まった不純物を出すため 苦みが必要とか。

昨日・今日と晴れ ここの藪にある梅の木の蕾が わずかだ膨らんだような気がする。

 

暖冬なら今月末から咲き始める年もある 今年はこの調子なら3月か?

今日は気温が上がっている 竹を切りその竹を動かすと汗ばむ。

一枚ずつ冬の衣を脱ぎながらの作業 午後もボチボチ切ろうかな?


氷雨から時折雪混じりになったりして寒い〜〜〜!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

夕べは雨風 夜中に風の音に雨音が続いた 風が強いらしく時折戸の音。

天気予報では今日は雨 今夜から雪の予報。

午前に精米した米が少なくなった 明日から雪なら精米に出るのも億劫 精米してと妻から頼まれて行く。

 

風もあって氷雨 精米中に雪が混じってだんだん雪の方が多くなった。

それでも精米が終わる頃には雨も雪も止んだ 午後は曇りになったが風は相変わらず。

明日からしばらくは雪マーク ま〜そう多く積もる事も無いだろうとは思っている。

 

年末から正月に咲くヤツデの花 冬枯れに白さが目立つ。

 

この花もそろそろ終りである 気候の関係なのか 品種改良のお蔭なのか この寒いのにシイタケが大きくなっている。

 

有難いこと(笑)春子と呼ばれるのが 春一番が吹いた頃から芽吹く。

10月中ごろから秋子と呼ぶのが生え 年末頃には終るのだがこの冬は今も生えている。

今日は9日 3連休が終わって学校も始まり 勤めの人は本格的に仕事が始まった。

 

米作りの身にはこの寒空で雨や雪ならコタツ相手 一年で一番心おきなく休養。

とはいえ最近のテレビは面白くない(苦笑)相撲界や芸能界のどうでもいい?話題ばかりで どのチャンネルも同じ顔が出てしたり顔で解説?

時代物の本でも読んでいるのが一番である 明日の朝雪景色になるのだろうか???


昨日とんど祭りで神送りの火。ちょと動いてシイタケホダ木持ち帰る。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日とんど祭りで正月飾り等を焼き 神送りをして正月も終った。

例年同じ場所でとんど祭り 当番の組が神木の竹を立て そこに各家庭からの正月飾り。

 

三々五々決められた時間に集まって・・・

 

 

 

時間に火を付けて・・・

 

この火で焼いたスルメイカを食べると風邪を引かない!!!???

 

神木の竹を倒す。

 

これでとんど行事も終る だんだん夕暮れになった時刻。

 

正月も終った 今日はコロコロ天気が変わり 時折雨も・・・

ちょっと動いてみようと 妻と12月に切っておいた椎の木のシイタケホダ木を運びに行く この寒いのに道端に季節外れのタンポポの黄色い花が目に付く。

 

ホダ木は40本ばかり それに森林組合からの槇のホダ木も・・・

 

運んでさえあれば雪が積もっても 軒下でシイタケの駒菌を植える事が出来る。

 

椎の木に槇の木合わせて90本ばかり これに稙菌すれば2〜3年は作らなくてもいい。

これで老夫婦には充分 春に稙菌して寝かせておき菌が木の皮に沿って増えて 椎の木は早くて来年の春にシイタケが生える 槇の木は来年の秋になる。

ま〜気の長い話である 椎の木で長くて4年 槇の木では5〜6年は生える。

木を伐り菌を植えて生えたのを採り食べる この事が満足感と自家製であって安心感である。 


今日は二十四節季の小寒。娘を送り帰りに白鳥。また今日はとんど祭りで正月も終る。

JUGEMテーマ:日記・一般

二十四節季の小寒 小寒とは 寒さが極まるやや手前のころのこと 寒の入りを迎え 立春になる寒の明けまでの約一か月が寒の内ですとある。

これからが寒さが厳しくなり 雪が多く積もる時期を迎える 近年は暖冬の年が多く積雪も少なくなっている。

 

年末から帰郷の娘が帰る 米子駅まで送った 齢を重ねるとしばらく一緒に居た娘との別れは つい老夫婦は感傷的になる(苦笑)

送った帰りに能義平野横断 白鳥が塒用に水を溜められた田んぼに沢山。

 

 

 

餌場に行くのか飛び立つ白鳥。

 

 

 

午後になったら青空が広がった 今日は集落のとんど祭り 正月に飾った注連縄等持ち寄って焼き 正月の神である年神さまを天に送る準備で 真竹の神木を立ててある。

真っ青な空に神木が・・・

 

神木の元には各家庭から注連縄等が持ち寄られている とんど祭りは16時から。

各家庭から老若男女集まり お神酒を頂き神を送るために火を付け焼く。

この火に当たると風邪を引かないと 言い伝えられているのだが・・・

 

今は青空。

 

予報では今夜は雷に雪とか 小寒で寒の入り 雪が降っても当たり前?

今のこの青空が異常なのかも いずれにしてとんど祭りが終れば正月も終り。

明日から雪や雨でなければ ボチボチ動いてみようかなとは思っている。


正月。雨も雪もそう降らずまずは穏やかな正月。氏神さまに参拝。

JUGEMテーマ:日記・一般

元旦に集落の新年会 新年挨拶を交わした後 お神酒で乾杯の後は宴会?

昨年の秋の雨続きの話等や 今年の思いなどの話題で ほろ酔い機嫌になって帰宅。

ま~元旦 何もすることも無い(笑)もう寝るしかないと寝て 元旦を過ごす。

 

二日も寝正月(笑)昨日は寝てばかりではと 歩いて運動を兼ねて氏神さま参拝。

 

ここを登るのがね・・・ 途中2回休憩しながら無事参拝。

家族・子供・孫等の健康を願い参拝 氏神さまの境内から石段を・・・

 

途中からの景色。

 

今日も昨日も黒い雲の空 降らないだけでもと境内を出て農道を歩く。

それでも青空も出ていた・・・

 

年末も雨や曇りの日が多かった そのせいであんまり動いていない 少しは動かないとと思いしばらく農道を歩く。

裏山と集落の上は曇り空。

 

風は冷たかったが 運動を兼ねての参拝 40分程歩く 歳かね〜しばらく動かないと息切れが・・・(苦笑)

今日は坊主正月 旦那寺から本山の栞にお札持参で新年廻り。
この日にはなるべく他家を訪れない(そう父母から言われて育った)今日も寝正月。

 

明日はとんど祭 正月の終りの行事 正月飾りを持ち寄り とんど焼きで送る。

しめ飾りや古くなったお守り等とんど焼きで焼き清める。

一昔の事を思えば 正月飾りも随分と簡略化である ま〜これも時代の流れかも。 


新しい年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。初日の出がちょこっとでした。

JUGEMテーマ:日記・一般

新年あけましておめでとうです 何やかんや言っても正月は来ますよね〜〜〜!!

良くても悪くても日にちは過ぎる そして正月は来る! 前を向かなきゃと思っています。

今年も米を作るぞ!そう思っています 元旦起きたら外が明るい 曇りのはずだった。

 

今の時期太陽は8時前に山から出る それが明るい初日の出が・・・

今朝も寒いが外に出たら 向こうの山が明るい 雲の切れ間に青空 初日の出が・・・

 

 

初日が昇る前。

 

雲間から初日 ちょこっとだけ初日だった まっ今年も良い年かも・・・

 

ちょこっと初日拝んで集落の新年会 そう元旦は集落で新年会です。

今年はちょっと早目で9時から なかなかね〜午前9時からの酒盛り(笑)

集落の皆さんと新年あいさつ 揃って記念撮影 で新年祝賀会でした・・・

 

ま〜正月です 男は何にもしない(笑) 酒飲む? 寝る? そんなものかです。

庭に紅白 山茶花の赤・・・

 

イチゴの木の白い花。

 

ヤツデの白い蕾。

 

今年が穏やかな年であって欲しい 天候も穏やかな米作りに適した年。

今はグローバル 北の国からミサイルなど飛んで来ない 日本の農家が安心して米作りが出来る国。

国民庶民に目を向けた政治がされる国になって欲しいと・・・・・

良い年でありますようにです!!!・・・・・・・


今年も後7時間ばかりで終る。読んで頂いてありがとうございました。来年が良い年でありますように!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日だけの太陽 今日は雲って時折小雨も降った 予報で正月は二日まで雪マークだったのが 一週間曇りマークに・・・

この調子ではこの地では初日の出は拝めそうにない 雪よりはいいかもであるが・・・

遒け栖屬ら陽の光が射していた。

 

 

 

裏山にも雲。

 

今年も後7時間ばかりで終る 年々正月の飾りや料理も簡略化(笑)

注連縄は大分前から買う 神仏にお供えする料理も だんだん品数が少なくなる(笑)

それでも夫婦で作った米で ご飯だけは必ず供える ま〜言い訳だが神仏も夫婦で作った米のご飯なら ご苦労だったと言ってもらっていると 自己満足???

 

一昔と違い親戚が正月年賀に来るような事も少なくなった 我が家から嫁いだ姉妹や娘が来る位なものである。

明日元旦は集落の新年会 高齢の新年初めの行事 新年も頑張りましょうである。

その後は寝正月? この年齢になって取り立てて 出掛けて見ようと思う所も無い。

来年もボチボチ投稿 よろしくお願いをいたします 良いお正月をお迎え下さい。


今年も今日と明日の二日。毎日曇りや雨の日続きだったが久しぶりに太陽。

JUGEMテーマ:日記・一般

何やかんや言っていたら 今年も今日と明日の二日になった 最も何もしなくても日は過ぎ正月が来る(笑)

今月初めに積雪 直ぐに融けたが年末に雪ならと・・・結局年末には雪は無いようである。

ただ予報では元旦と二日は雪マーク 雪の正月になるのか?

 

昨日まで毎日曇りや雨 一週間も太陽が出ていない それが今朝は久しぶりの太陽。

カーテンを開けたら陽の光が部屋に射した やっぱり太陽はいい・・・

毎日集落の空には黒い雲だった・・・

 

 

 

 

 

先週から集落の農業関係の事業の清算準備 今頃は市に出す書類を含め全てパソコン処理 清算会までにと連日パソコンとにらめっこだった(苦笑)

その清算会が終ったら年賀状作り これもパソコンとにらめっこ・・・

 

一年に一回しか作らない年賀状 年賀状のソフトをいじるに あれ???確かこうだったがとキイーを押すが なかなか上手く行かず難儀>

半日以上も苦戦をしてようやくパソコン内に年賀状が出来上がる ここからまた印刷に苦戦であった。

どうにか印刷をし郵便局に・・・やれやれである。

 

今日は久しぶりの太陽 ズッと家の中 丁度来た娘と藪周りを歩く。

例年年末にフキノトウを採る 今年もと思って探したが11月・12月と気温が低いが続いてなのか たった四個しかなかった。

 

冬はこれからが本番だが一足早い春の息吹 今夜は天ぷらで春の苦みを味わう。

今年はまずまずの出来のデコポンがオレンジ色になって 程よい酸っぱさで美味しくなっていたので採る。

 

採って一週間程おくと 酸っぱさがもう少し少なくなり 酸っぱさが苦手な者にも手が出るようになる。

色んな柑橘類を植えているが ある程度年数が経ないと生らない。

秋に温州ミカン 11月からユズ これからデコポンに夏みかん。

今年はまだ山に餌が多いのか 垣根にある紅白の南天の実が熟れたままである。

 

今年も後一日半となった 息子の一周忌 老夫婦で何とか米作り 春から草刈り等をボチボチ 秋には稲刈りをして米の出荷をするはずだったが・・・

9月から雨の日が多く 3割方稲刈りをしたが 倒伏と雨模様続きのため 後は委託で稲刈りをお願いをした。

それでも我が家で食べる分と 娘等に分ける米は夫婦で作った ま〜良く働いたと夫婦で話している。

明日は大晦日 注連縄を飾り神仏に一年の感謝のお供えをして 新年を迎える。


今日は一年で最も夜が長い「冬至」。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は冬至 冬至とは 一年で最も昼が短く 夜が長いころのこと これから日が伸びていくので 古代には冬至が一年のはじまりでしたとある。

夏枯れ草といわれる「うつぼ草」の芽が出てくるころ 年の瀬も押し迫り忙しい時期ですが たまには休息も ともある。

正月が終ればおや?と日が長くなったのを 感じるようになるが年内は感じない。

 

冬至にはユズ風呂 風呂にユズを浮かべて入る 風邪を引かないとか・・・

そのユズの木の枝を昨日までに切った 妻は枝に残っていたユズを採った。

 

こんなに沢山どうするの?である。

 

妻は夕べからユズのジャム作り 家の中がユズの香りで・・・

今年はこの地はユズが不作気味 我が家はまずまずで妻はあれこれから 分けてと頼まれるらしい・・・

なんでもいい あれこれ植えておくものである 思わぬ時に分けてと・・・

 

今年も後10日 雪や氷雨が降らなきゃ外の事が出来る。

とはいえ外の事といっても 家の周りの片付け位なものが主 米作りの事は急くようなことは無い。

それでも雪が積もればバタバタするには 好ましくない(苦笑)


今日も曇りで寒い。ユズの木が伸びていて切っておく。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日も曇りで寒い それでも昨日のように雨は降らないが 時折強い冷たい風。

ユズが熟れ出した頃から 妻が木が伸びて大きくなって 發ぞ貊蠅里郎里譴覆ぁ

伸びた枝を切ってと頼まれていた ユズもそろそろ終り 少し動いてみようである。

 

ユズの木は裏山の麓の畑にある 裏山の空も黒い雲。

裏山の空も黒い雲が・・・

 

山もすっかり裸木になって・・・

 

ユズの木は高く伸びている 脚立を掛けて伸びた枝を切る。

 

ユズの木には枝に鋭い棘があって 普通の手袋では刺さってケガをする。

皮の手袋で防備 皮の手袋で手指は守れるが ズボン等には簡単に刺さるため 切った枝を始末する時には注意 気を付けないと枝を踏んだりすると長靴を貫通する事もある。

 

切った枝を運ぶのは引っ張って 畑に運ぶ・・・

 

ユズが着いたまま切っている 傷の着かないユズは妻が採る。

3本の大きなユズの木の内2本切る 先日農業新聞にユズの低木仕立ての記事 来年から剪定をして2m程度の高さに仕立てる。

紅葉の葉が残るブルーベリーの横のユズ 伸びた枝を切ってスッキリ。

 

1本切らないのは ユズも生り年と生らない年がある 今年はこの地では不作だったようだが 我が家はまずまずだったが 3本切ってしまえば来年採れないかもと思い1本切らず。

ビワの木を邪魔していたユズも切った もう花が咲いてしまった物や今咲いているのもある。

 

今花が咲いて大寒の頃には幼果になる 強い寒波が来ると幼果が凍みる。

凍みたら枯れてお終いになる 一昨年の大寒に強い寒波で花は沢山咲いたが実にならず。

この冬に強い寒波が来なければ 来年もビワが口に入る。

とりあえずユズの伸びた枝切りはこれで終り 明日は切った枝の始末である。 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 今年も後7時間ばかりで終る。読んで頂いてありがとうございました。来年が良い年でありますように!!!
    宇山辰夫 (01/04)
  • 今年も今日と明日の二日。毎日曇りや雨の日続きだったが久しぶりに太陽。
    宇山辰夫 (01/04)
  • 今年も後7時間ばかりで終る。読んで頂いてありがとうございました。来年が良い年でありますように!!!
    匿名^^ (12/31)
  • 今年も今日と明日の二日。毎日曇りや雨の日続きだったが久しぶりに太陽。
    takawasi (12/31)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    宇山辰夫 (10/02)
  • 昨日の午前までの雨で田にまだ水が・・・もう金木犀の花が散る!
    あんず (09/29)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    宇山辰夫 (09/16)
  • 北海道旅行・稚内市内観光〜米子空港(報告4)
    いつもの^^ (09/14)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    宇山辰夫 (08/11)
  • 台風5号が和歌山県に上陸。今日は二十四節季の立秋。
    工藤 (08/08)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM