金木犀が咲き柿の葉は色付いたのも。稲刈りが終り一息である!

JUGEMテーマ:日記・一般

台風18号の影響は少なく 今日は朝から青空が広がり少し暑い・・・

9月末から金木犀が咲き始めた。

 

一気に満開になり色が濃くなって・・・

 

木全体が黄金色に染まって 早くも散り始めている。

 

暑い日もあるが朝晩が冷える日もあって 柿の葉が黄色や赤い色になる。

 

 

 

アケビも気の早いものは 赤くなったり割れたり・・・

 

 

 

まだ時期は早い?まだまだ緑の実が多い。

 

1日に娘夫婦が稲刈りの手伝い コンバインに乗ったり籾運び・・・

9月末から三日連続で稲刈り 真夏日もあったがお蔭で稲刈りが終った!

 

稲刈りが終って一息である まだ自家用等の籾摺りがあるが 少し休養である。

 

集落の田んぼの稲も殆ど無くなった。

 

少し早めに刈った田にはヒコバエの芽が出て 緑に見える田も・・・

 

妻は暇さえあれば谷間の柴栗拾い この先にある木からも落ちると・・・

 

今年は不作だというドングリ それでもポツポツと落ちている。

 

先月下旬に妻が植えた白菜等 適度の雨で活着し元気を出している。

 

明日は氏神さまの秋の大祭 参道になる農道の入り口には幟が・・・

 

自転車は栗拾いから帰る妻(笑)今夜は雨の予報 明日も休養日!

稲刈りが済めば 今年の米作りの田での作業はほぼ終り 後は畔草の始末。

作柄はまずまず? 天候が偏り過ぎてだんだん米作りが 難しくなっているように感じた今年の米作り!!!


昨日は快晴で今年始めての稲刈りをした。野山は秋の気配が多くなって・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日まで2〜3日晴れの日 一昨日は猪が入って来る田に それでもと防除網を張った 集落の家が近いのに入る。

猪に喰わせるのもいいかな? でも何にもしないではシャクである。

 

右手の山から出る 毎回入る山手の場所には猪道(獣道)この網でしばらくは防げる。

一昨日は秋の雲 ウロコ雲が出て 次の日は晴れる予感? 

 

その雲に彩雲 雲水滴に太陽の光が反射 真上に七色の雲。

 

そして昨日は雲一つも無い秋晴れ! 妻と二人で自家用と子等に分けるための稲刈り。

天気予報では夕方から曇りで 所によっては夜に雨と・・・

日中には雨が降らない 二人で気ままにボチボチ稲刈り・・・

 

10時前から刈り始めた コンバインは順調 今年初めての籾を運搬機に・・・

 

昼前には気温が上がって・・・熱中症になってはと車の陰で休憩しながら。

 

午前に1枚の田を刈り 午後には大小2枚の田を刈った。

 

夕方には何とか乾燥機一杯の稲刈りを終る 籾摺りして米にするのはもう少し先。

籾摺りは雨の日でも出来るが 紙袋に入れるのは30kg 老夫婦にはキツイ(苦笑)

助っ人の日程に合わせてボチボチである・・・夕方には雲が出て来た。

 

先日来そこいらの山道や田の周りを歩き回る(笑)秋の気配が多くなった。

アケビも大きくなってこの先熟すのを待つ。

 

ドングリも熟すのを待つ。

 

アケビに似た形のポポーの実が熟れ出した 熟れて少しづつ黒くなる。

 

先日妻の労災病院診察の帰りに 米子のJAグリーンセンターに売ってあった。

2個入って150円 人の多い大きな町では売れるんだ〜と・・・

我が町の小さなグリーンセンターでは 多分これはなんだ?で終り(苦笑)

 

集落の入り口の田の畔の彼岸花が満開。

 

普通彼岸花は赤い花。

 

集落の谷あいの道路端には変わり彼岸花 真っ赤なはずが白色が混じって・・・

 

何時かは白色の彼岸花に???

 

朝晩が冷える日が多くなって 夜明けに寒さで目が覚める事も再三に・・・

9月も間もなく終わる 10月には本格的な秋 稲刈りも本格的になる。

さて気になるのは天気と作柄 秋晴れが続き順調な稲刈りと まずまずの作柄であって欲しいものである!!!


稲刈りを月末頃から始めようと思っているのに猪が(怒)!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

やっぱり時期になると稲穂も熟れ出す この調子なら月末には稲刈りが始められる・・・

稲穂も膨らみ黄金色に色付いて来た。

 

 

 

そんな矢先に田に猪が入り 稲を荒らし倒したり稲穂を喰ったり・・・

 

集落の人家の近くの田 汗水流して手塩にして育てた稲 一晩で荒らした(怒)

 

稲を踏み荒らし稲穂を扱いて喰っている 今更防除の網を張るのもシャク(苦笑)

こうなれば喰う程喰わせてやる そんな開き直りの気持ちだが・・・

ま〜全部は喰わないだろう もう10日もすれば稲刈りを始める。

 

野生の本能で猪も美味い稲穂を目掛けて出て 我が家の田を荒らした! 今年も美味しい米が出来たと喜ぶべきだと負け惜しみ???

ここ2〜3日朝晩がめっきり冷えた? 明け方に寒さ?で目が覚める(苦笑)

週末には秋の彼岸 彼岸の時期に咲く赤い彼岸花が目に付く・・・

 

咲いていたのは一輪 その周りには蕾が・・・

 

植物は暑さや寒さがあっても その時期に毎年大体合わせて花を咲かせる。

中には例外もある? 梅雨から夏に咲くネジ花が時期外れで咲いていた。

 

ま〜同じ種類でも へそ曲がりなものもある? この時期に見るのは珍しい。

稲刈りを始めるようになったら 天候が安定して秋晴れが続く事を願っている。


5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

今年くらいキツく苦しい思いの田植えは初めて もう米作りは出来ないかと思った。

5月になって今年は雨が少なく 米作りの作業が順調に・・・

二回目の田起こしも順調 中旬には今年から密蒔きの苗も家の周りに・・・

 

長屋の周りにも庭にも苗。

 

集落の田にも灌漑用水路から水を入れて・・・

 

雨が少なく乾いた田の用水路に水・・・

 

用水路に水が入れば次は代掻き ま〜毎日家に居て専業(笑)

共同代掻き前に個人で代掻き・・・

 

代掻きした田に周辺の山が映って・・・

 

共同でも代掻き。

 

代掻きから田植えまで少し日がある 山歩きが好きな妻と破竹のタケノコ採り。

雨が少なくまだ少ない・・・

 

それでも夫婦には充分。

 

畑では梅雨の花も・・・

 

さぁ〜20日過ぎから田植え 今年は少し余裕をと思い3日共同の田植え機を使う事にした。

今年は勤めで娘夫婦が手伝いに来ない それでも夫婦で初日順調に田植え ところが雨の降らない今年 初日の午後雨降りになって・・・・

雨に濡れたがまずまずで初日が終った。

 

その夜から腹痛!!! 次の日に田植えどころじゃない 掛かり付け医院へ

腸感冒の診察 先生田植えですが・・・ とりあえず注射に点滴・・・

午前中医院のベッドの上 先生田植えは? ま〜無理するな いけないと思ったら直ぐにやめなさい そんな忠告を聞きながら帰宅。

 

前日夜から物が食べられない 歩けば息切れ! 寝ているわけにもいかない。

妻に田植え機に乗っているだけ 後の事は何もしないよと言いながら田へ。

今年から密蒔きの苗 それが重く感じる事(苦笑)

 

何とか二日目の田植え 三日目この日で終らないと次の日は 順番待ちの人が植える。

この日で三日食べていない 息切れはキツクなるし 苗を受け取る力も出ない。

田植え機に苗設置も妻 機械に乗って運転だけの状況 午後早目に何とか機械での田植えを終った!!!

 

田植えが終わった次の日は もう寝床から出られない(涙)半日寝ていた。

妻は人を頼み隅植え ま〜見ているだけ こんなにキツイ田植えは初めて。

 

 

 

ま〜なんとか今年の田植えが終わった 齢を重ねるという事はこんなことか?

我が身体が思うように動かない 歩いて息切れなどは初めての事・・・

何とか除草剤の散布もした しばらく田は水見回りである。

まっ身体あっての米作り 身体を労りながらボチボチである(笑)


今日は立夏。連日の農作業でいささか老夫婦お疲れ〜(苦笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は二十四節季の立夏 立夏とは しだいに夏めいてくるころのこと あおあおとした緑 さわやかな風 気持ちいい五月晴れの季節ですとある。

立夏初候には 野原や田んぼで 蛙が鳴きはじめるころ オスの蛙が メスの蛙を恋しがって鳴く声だとかとある。

 

五月になってから雨は降らず 五月晴れの日が続き連日田んぼに出ての作業 刈った畔草を焼き元肥の二回目を撒き 昨日今日は二回目の田起こし・・・

妻は田に生えているセリを取り 田起こしが済んだ田の隅を耕す・・・

ま〜夫婦共いささかお疲れ・・・(苦笑)

 

10連休だと騒いでいるテレビには関心がなく 夜は夕食後は二人共早々に寝床。

それでも今日は二回目の田起こしが済み 少しは田の作業に余裕が出来た気分(笑)

集落の空も昨日までは五月晴れ・・・

 

田の周りの山の椎の木の若芽も茂りつつあり 黄緑にか輝く・・・

 

庭ではボタンの花が咲き。

 

生け垣の藤の花も咲き。

 

減反の田では 途絶えることなく昔作っていた蓮華の花が今年も咲く。

 

 

 

今年は季節が進んでいるのか? 谷間の山ではウツギの花が咲く。

 

 

 

田んぼの作業の合間に竹藪に行けば タケノコが幾らでも生えている。

 

そうそう食べられないが それでも時々はと妻が皮を剥ぐ。

 

そのタケノコを簡易竈で妻は湯がく。

 

ま〜贅沢といえば贅沢かも?(苦笑)今夜はタケノコとワラビを一緒に味噌煮だという。

今日は寒冷前線が通過 ところによって雷に雨の予報 二回目の田起こし中に遒け澄

一時パラパラと雨 せっかく乾いた田の土がまた濡れる 焦ったが幸いそれ以降は曇り。

 

ま〜老夫婦ボチボチだと言いながら作業 これで当分はゆっくりとである。

曜日も日にちも関係ない 気になるのは空模様だけである(笑)  


今年の米作り作業が終わった!何故か今年の秋作業は疲れた・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

先日12日に今年の米作り作業が全部終わった 先月から続けていた収穫作業。

稲刈りをして籾を乾燥機に入れ 乾燥したら籾摺り作業 例年これの繰り返しで全部の田の稲刈り 全部の籾の乾燥と籾摺りをして来たが 今年は乾燥・籾摺りを全部出来なかった。

 

夫婦共歳を重ね繰り返しの作業がキツクなり 今年は稲刈りをして籾をJAのカントリー利用にした。

乾燥・籾摺りは自家米と少しの縁故米だけ 7反分はカントリー利用(苦笑)

11日に自家米と余分な米は出荷用に この作業も娘婿が来て手伝いで終った。

 

出荷用の30kgの紙袋がこれほど重く感じたのは初めて 歳は取りたくないと・・・!!!

今年の米質はまずまず ま〜これなら1等米?

 

娘婿に手伝ってもらいようやく出荷用の袋に・・・(苦笑)

 

この米も直ぐに集荷業者が取りに来て 籾摺り作業場も全部片付けが出来た。

袋の持ち上げ下げで 夜には足腰が痛く今日もまだ痛い・・・

籾摺りで出た籾殻も片付け 米に関する作業が終って一息である(笑)

 

今日は夫婦ゆっくりである なかなか秋らしい秋晴れが無い 今日も曇り。

 

集落の田も稲刈りの済んでない田は僅か 外は風が冷たくなっている。

米の作業が終って谷間の方をブラブラ・・・早くから色付くハゼが赤く色付いて。

 

空気が冷たく感じるようになると 花を咲かせるミゾソバのピンクの花。

 

昨年実がほとんど着かなかった柿の木 今年は鈴生り 妻と採る。

 

 

 

 

 

生り過ぎて柿は小ぶりが多いが 食べては甘く美味しい(笑)

これだけあれば あっちこっちの知人に配るしかない(苦笑)

小ぶりでも味はいい 配った先では喜んでもらえた?・・・・・

もう2〜3日は骨休め? 身体のあちらこちらの痛いのが治るまで・・・


今日は雨。昨日で稲刈りが終り休養日。まだ籾摺りが残っているが・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は雨 ここ3〜4日稲刈りに籾摺りと休みなしの毎日だった。

幸い昨日で外作業の稲刈りが終って 雨音を聞いても気持ちがゆったり・・・(笑)

先日自家米と縁故米は籾摺りが終り 精米をすれば何時でも新米が食べられる(笑)

 

今日の雨予報で雨までに 外作業の稲刈りを終えようと 三日連続稲刈りをした。

幸い手伝い人がいて 夫婦二人での稲刈りは無かったが さすがに高齢者の夫婦もお疲れ気味である(苦笑)

今朝8時過ぎに起きて雨の中田に出て見た・・・

 

集落の田に残っている稲は少ない 川向こうの山には霧が・・・

 

晴れ続きだったので 田が固く稲刈りは順調だった。

 

 

 

気になっていた猪の入った田 刈る前日見回ったらまた入っていた。

 

稲は倒し足跡がくっきり ま〜入っている場所は僅か 畔には足跡がいっぱい 足跡から小さな猪 こんな猪が一番荒らしまわる(苦笑)

 

 

 

稲の中を歩き通り道にしたのか 稲を筋状に倒している(怒)

 

気になっていたこの田の稲刈りもした それでも20〜30株位は踏んで倒していた。

これで稲刈りの済んだ田に入っても気にならないが 畔を掘り返すのがね〜!

畔が壊され 来春代掻きに水を溜めようとすると 水が漏れる そのために補修に余分な労力が必要。

 

稲が無くなってもやっぱり 猪には田や畔には出て欲しくない!!!

一昨日は暑かった そのせいなのか田の周りの舗装道路に 近くの谷川から沢蟹出て歩いていた。

 

蜘蛛も暑さのせいか 蜘蛛の巣の真ん中で獲物を待っていた。

 

野の生き物も冬籠りの準備? 気温が上がれば夏の動きをするのかも?

ま〜とりあえずは外の作業の稲刈りが終ったが 稲刈りもコンバインに乗っていれば楽のように見えるが 操作に手足を使い気も使う 夜には足腰が痛い(涙)

 

明日は乾燥機に入っている籾の籾摺り これが出荷用の30kgの神袋の持ち運びが かなりキツイ作業(汗)

今年最後の米作りの作業 これが終ればもう残った作業はボチボチ・・・

もう一踏ん張りである 収穫量は昨年とそう変わりない? 明日の結果である。


台風25号が山陰沖の日本海北上中で風が強い。新米が出来ました!!!

台風25号が日本海北上中で 風が強い! 島根県内には暴風警報が出ている地域もある。

午後から夜に掛けて島根県に最接近 これからまだ風が強くなる予報。

ただ今の所は風だけで 雨は降っていなく吹く風が生暖かい風 気温が真夏日?

 

雨は降っていないが集落の空は黒い雲。

 

雲脚は早い 青空が出ている場所もある。

 

昨日午後は先日刈った稲の籾摺り 妻と二人でボチボチ・・・

乾燥機から直接籾摺り機に籾を流し 籾摺り機から玄米を選別機に流し クズ米を選別し出荷できる玄米を 出荷用の紙袋へと・・・

 

粒張りもまずまず 思ったより収量もある 精米すれば何時でも新米(笑)

 

出荷用紙袋(30kg入り)を積み上げて・・・

 

今日は集落の氏神さまの秋の大祭 台風接近もあって稲刈りはしない。

風が強い妻が栗拾いに・・・たまには夫も行って見る 結構落ちてた。

 

まずまずだと妻は・・・柴栗も拾っていた。

 

栗の木周辺をブラブラ アケビが熟れていた。

 

熟れているならせっかくだと 採って帰る 5個同じ枝に生ったのも。

 

まだ熟れていない緑のアケビもある もうしばらくしたら熟れる。

 

妻が畑にレタスの苗を植えるという 先月植えたカリフラワーに白菜は大きくなって。

 

これ二人には多過ぎる? そう夫は思っているが 手伝いもしないし野菜の事は妻任せ 黙っているに限る(苦笑)

もう二回稲刈りをすれば今年は終る 天気予報では台風一過明日からは晴れ?

その二回は夫婦でボチボチで出来る 晴れなら朝10時頃から刈り始め 幾らゆっくりでも15時頃には終る。

夫婦専業なのだから 二人で刈るのも当たり前なのかなとも思っている。


一昨日から稲刈り。今日も午前は稲刈り。これで次は台風後(苦笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

雨続きから一昨日は曇りながら 雨は降らない予報 で妻と自家用米にする稲刈り。

雨が降りそうな雲が出たが 夕方まで降らず 夫婦でボチボチと稲刈り・・・

妻が隅の稲を鎌で刈り 夫はコンバインで稲刈り・・・

 

まっ夫婦で気楽に稲刈り タンクに籾が溜まれば籾運搬具に移す。

 

 

 

一昨日は乾燥機に満杯分を刈り 籾を乾燥させておく 籾摺りは雨の日に。

昨日は快晴の秋晴れ あれやこれやに電話したら手伝ってやると・・・

隅刈りにも手伝い 籾運搬にも手伝い 稲刈りにも手伝い で結局5名で稲刈り。

 

夏日になって暑かった 娘婿がコンバインを使い 籾はJAカントリーに。

その運搬も手伝いの人が専属で運搬 夫は刈る順序等の指示だけ?(笑)

 

妻は午後は同窓会 よろしくお願いしますの一言でお出掛け(笑)

10時前から刈り始め 17時前までコンバインを殆ど動かし 50aばかり刈る。

 

先日の台風の雨で穂近くまで水浸かり 田にはまだ水があったが案外田んぼが固く 思ったより難儀をせずに稲刈り。

これで作付面積の半分程の稲刈りが終る 今日は夜に雨予報。

降らないならと姉夫婦が手伝い 13時頃までに20a近くを刈った。

 

明日頃からまた台風の影響で雨 残りの稲は今年は9月の天気の悪さで熟れが遅い。

台風が逃げてからで十分 明日から雨 乾燥機に入っているのを籾摺り。

今日午後は夫婦骨休めでブラブラ・・・ま〜なるようにしかならない(笑)


曇り空です。田に猪が入って稲を倒している・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は曇り空 気温はそう低くない でもスッキリしない天気。

 

この平坦地の田まで猪が出て 田の中を歩き稲を倒した!!!

足跡から夕べではなく一昨日 ただ田の中を歩くならいいのだが 稲を倒すのは(怒)

 

穂は喰っていないが 歩き回り稲を倒し踏んで歩いている。

 

畔もミミズを探すのか掘り返している 畔を壊すのも水を溜めるのに困る。

 

足跡から今年の春生まれた小さい猪 こんな猪が兄弟姉妹一団で走り回って被害が大きい。

多分そう何回も出ない? 手間暇掛けて網を張る事もない もう10日もすれば稲を刈ってしまう それまで出ないようにである。

 

谷間の柿の葉が色付く どうして?という位赤くなって・・・

 

四国のどっかの村で 柿の葉や松葉にモミジの色付いたの等を 彩として都会の料亭向けに販売して 高齢者の収入にしているという。

自然での色付き 料理を乗せたり飾りにと好評とか・・・

 

 

 

柿の木の下にキノコが生えている おそらく食べられないキノコ?

 

秋の七草の萩の花が咲いている。

 

 

 

同じく秋の七草の葛 花が終りエンドウ豆のような莢に種。

 

妻がサツマイモを掘った 赤い色の品種で猛暑だったにも関わらずまずまず。

 

竹の負子に半分位 毎日食べるわけではない 夫婦には充分・・・

妻が芋の蔓を切って掘る準備 蔓の陰に居たコオロギが飛び出て舗装道路の上に。

 

 

 

虫の世界は秋たけなわ・・・ 夜鳴き声が良く聞こえる頃である。

秋の花が咲き実を着ける コオロギ等秋の虫の声 稲が熟れつつある田には猪が出る 自然と共生の掛け声はいいが 共生出来ないものもある(苦笑)

稲刈りが終るまでは 米作りもまだまだ油断は出来ない(笑)

秋雨前線が逃げてスッキリした秋晴れになり 稲刈り作業が順調に出来て欲しい!!!


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 一昨日は立春。なのに今日はこの冬初めての積雪!!!
    宇山辰夫 (02/09)
  • 一昨日は立春。なのに今日はこの冬初めての積雪!!!
    通りすがり (02/07)
  • あれやこれやだが9月で昨日は白露。それにしても残暑が厳しい・・・!!!
    宇山辰夫 (09/12)
  • あれやこれやだが9月で昨日は白露。それにしても残暑が厳しい・・・!!!
     高橋秀幸 (09/11)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    宇山辰夫 (06/06)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    ファン (06/03)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    ファン (06/02)
  • 今日が平成最後の日。明日から令和!・・・
    宇山辰夫 (05/06)
  • 今日が平成最後の日。明日から令和!・・・
    ファン (04/30)
  • 今日は風が暖かい・・・
    宇山辰夫 (03/06)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM