薄曇りで暑く風も強い日である。栗の花が咲き毛虫が発生・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日はだんだん薄曇りになり 気温が上がって暑く風が強い。

田の水見回りに歩くに 稲の苗もしっかりして植えた筋状に見える。

 

 

 

稲の苗を見ていたら何かが飛んでいる ジッと目を凝らして見た。

小さな青い色したイトトンボが・・・ 気を付けて見ないと見落とす・・・

 

時々稲の葉に止まり休憩 飛ぶと何処にいるのか分からなくなる。

今度は稲の株に止まって・・・

 

一昨日夜空を見たら満月。

 

ズームで・・・

 

梅雨だと言うが 梅雨入りの日に雨で その後はまた晴れや曇り 明日は雨らしい。

この梅雨の時期に栗の花が咲く 山裾等の木が白く見えるのは栗の花。

 

 

 

作っている栗の木の花だが 一昨年から発生し出した毛虫が今年も・・・

体長が10cm余りの大きな毛虫 食欲旺盛?多く居る木は葉が無くなる。

 

 

 

この毛虫 喰って美味しい栗の木にしか付かない? 栽培の栗には沢山いる。

放っておけば葉が無くなり 栗が着かない 一昨日消毒をした。

野生の柴栗も花が咲いているが 毛虫は一匹もいない(苦笑)

 

栗の木の花はかなり強い匂い かなり離れた場所まで匂う ただ栽培する栗は改良されているのか 匂いはそう強くない。

この野生の柴栗の花は 田んぼ2〜3枚離れていれも匂う。

雨が降った時などは 栗の木の花が咲いていると直ぐに分かる。

 

梅雨になった 栗の木を植えている場所に メダカを放した池がある。

最もがんで入院以来手入れをしていない メダカも逃げていないが 昨年からその池に枝を伸ばした スモモにモリアオガエルが卵を産むようになった。

今年も池に伸びた枝に白い泡に包んで卵。

 

卵からオタマジャクシになると 泡の中から池に落ちる位置に産卵。

 

水の上に伸びた枝にしか産まない 枝は下から飛んで届く高さではない。

カエルのメスはスモモの木の根元から登り 水の上に伸びた枝に産む。

本能?どうして枝が木の上に伸びていると認識なのか・・・

無事にオタマジャクシになって池を泳いでと・・・


谷間の栗の木を植えている所に行く山道の草刈り。

JUGEMテーマ:日記・一般

田植えが終わった 隅植えや補稙は妻と手伝いの人に任せ 谷間の栗の木の植わっている場所に行く 山道が草が伸びて軽トラックで行くのに邪魔になる。

今日は少し気温が低い これならボチボチ草刈りをと行く。

舗装などしてない山道 轍以外は草 道の真ん中に両側は草が・・・

 

 

 

 

 

真ん中の草を刈り 両側も刈ってスッキリ これで軽トラックも楽に通れる。

 

 

 

 

 

草は直ぐに伸びる 栗の木の下も先月末に刈ってから 約1ヶ月でまた緑に!

 

9月までは1月に1回は刈らないと 直ぐに長く伸び緑になる。

田の畔も同じことで 1月に1回は刈らないと 稲に影響するようになる。

妻等は午後も隅植えや補稙 夫はボチボチ伸びている畔の草刈りでもと・・・

 

まだ稲は頼りない もう少し日にちが過ぎてからがいいのだが 田に入るのを少しでも早く終わりたい???

今日は気温がそう高くなく 補植などは案外楽だと妻(笑)

ま〜色んな作業も 機械での田植えが済んでいるからボチボチである。


このところ毎日田んぼ(笑)田が一段落で果樹類を見に行った。

JUGEMテーマ:日記・一般

田に水掛けだ代掻きだと このところ毎日田んぼ・・・

昨日代掻きが済んで田植えまで 2〜3日田の事は水見位でお休み。

久しぶりに果樹類を植えている 薮周りに行ったらミカンの白い花が咲いていた。

 

今年も何とか夫婦で食べられそうである。

 

先日まで花が咲いていたと思っていた ブルーベリーも実を太らせ始めて・・・

 

柿の蕾も大きくなって間もなく白い花を咲かせる。

 

スモモの実も・・・

 

先日二回目の袋掛けしたビワ 袋の中で大きくなった影が見える。

 

もう20日もすれば黄色く熟れて食べられる 今年は夫婦には余りそうである。

生け垣では赤いバラの花。

 

昨日は夏日 今日も夏日になりそうである 暑くなるとこんなのも出る(苦笑)

 

大きな毛虫が道を歩く この毛虫は特に害は無いが 見ていて気持ちのいいものではない。

暑くなって毛虫も蝶もトンボも色んな種類のが出ている 田ではブヨ(ブト)も・・・

昨日などは麦わら帽子で代掻き ブヨが出て目の周りを煩く飛んだ。


夕べは雨。夏の昆虫になって・・・ビワの袋掛け。

JUGEMテーマ:日記・一般

夕べから未明は雨 気温も下がって今朝はこっぽり毛布の中(笑)

この雨で草は緑を増す 飛んだり止まっている昆虫も夏のものになった。

小さな谷川の周りには色んなトンボ。

 

 

 

ヒメウラナミジャノメはウマノアシガタの黄色な花に。

 

まだこれからトンボもチョウも色んな種類のが出出す。

叢をジッと見ていると これからは虫の動きに見惚れる・・・

先月にビワの袋掛け その後風が強かったり雨で袋が外れたり 大きくなるかなと袋を掛けなかった実がある。

 

それらの実が思いのほか大きくなっていて 追加?で袋を掛けた。

 

大きなものは親指程にもなって・・・

 

 

 

妻と3本の木に50枚ばかり追加で掛けた このまま虫に喰わすのがもったいない。

今年はかなり間引いたので 大きな実になると期待している。

この調子で大きくなれば もう1ヶ月程先にはオレンジ色に熟す 楽しみである。

 

ビワの周りに植えているミカン類にも白い蕾が出来た。

 

間もなく白い花が咲く。

 

今年もミカンは食べられそうである 苗を買って来て植えて3年目には花。

野菜と比べれば 果樹類は気の長い話である だから余計に実が出来ると嬉しい。

妻は減反の田にサツマイモを植えると耕す。

 

夫婦でボチボチである これから先は草との戦い(苦笑) 畔草などは刈ってから10日もすれば畔が緑になる。 
少々伸びていても稲には支障はないが 害虫や蛇の棲みかになったりする。

除草剤散布や田の水見回りに 畔を歩いていて蛇が長くなっていると 飛び上がる程驚く。

 

畔の草が短ければ 害虫も蛇も棲み家にはしない。

蛇が居たからといって稲には影響はないが 人が歩いてその姿が突然目の前に現れるとね〜〜〜!!!

 


夕方から雨の予報。栗の木の下の草刈り。

JUGEMテーマ:日記・一般

今朝の天気予報でこれから西日本では大荒れの天気 特に九州・四国の太平洋側は注意と報じていた。

幸い山陰は雨は降るが 大雨にはならないようである。

それでも夕方から明日朝に掛けては雨予報 田の周りの草刈りは済んだ 谷間の山裾に栗を植えている場所の草が伸びている。

 

まずは栗の植わっている場所に上がる道から・・・

 

春になってから一度も草刈りをしていない 伸びて・・・

 

これじゃ歩くのも大変 それにこんな状態なら嫌いな蛇も居そうである。

 

 

 

今はまだ刈ったばかり 2〜3日もすれば枯れてスッキリである。

この栗が植わっている山裾の下の田は減反 その田に玉ネギを妻が植えている。

昨年はこの時期に病気が出て 勢いも弱く大きくなっていなかったが 今年はまずまずのようである。

 

サツマイモの苗もしっかり根の出た苗 生き付いてこれから茎が伸びる。

 

妻曰くこの苗から伸びた茎を 次々挿し木をして増やすと・・・

サツマイモの収穫は10〜11月 半年近くも先の話である(苦笑)

さて夕方からの雨の予報 どの程度の雨が降るのか・・・・・


今日は五月晴れ・・・畑の草刈り・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は朝の内雨 午前は曇りだったが 従兄の一周忌の法要。

こんな事の日が過ぎるのは本当に早い もう亡くなって一年か!そう思ってしまう。

久しぶりにこんな事でしか会えない他の従兄との会話 元気か?何してる?・・・

 

会えそうでなかなか会えない親戚の人 まぁ音無しは元気の証と・・・

親戚も代換りが進んで・・・それだけ自分が歳を重ねたという事でもある。

今日は黄砂の予報だったが そう酷くはならず五月晴れである 裏山もスッキリ。

 

その裾にあるブルーベリーや柿・ポポーなどを植えている畑の草が伸びた。

 

田の畔草刈りは済んだ 田に水が入るようになれば この畑もそう来れない。

妻と二人で伸びた草刈り。

 

道路脇から畑の草を刈ってスッキリ。

ポポーはまだ咲いている花もある。

 

 

 

花が済んだのには小さなマッチ棒程の実が・・・これが秋にはバナナ程の大きさになる。

 

ブルーベリーの花もそろそろお終い この木は早生 7月には熟れ出す。

 

 

 

集落の田も水が何時入ってもいいように準備が進む。

 

殆どの田で二回目の田起こしも済んだ 17日の夕方には水が用水路に入る。

それまでに隅の土を均したり 田に水が入るように堰板の準備等である。

ま〜ボチボチである(笑)


今日は曇りで風もない。妻とビワの袋掛けです。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は風が強くビワの袋掛けは無理 今朝は冷えたがだんだん薄曇りから曇りに。

風もない 気温もそこそこ上がった 一昨日までボチボチビワの袋掛け。

妻と袋掛け まず一番小さな木から始め 午前に何とかこの木が終る。

 

 

 

この木だけで約150枚ばかり 一つの袋に実が2〜3個。

 

まだ2本ビワの木 午後も引き続き袋掛けである。

ここの畑は裏山の裾野 裏山も黄緑に染まって来た これからまだまだ緑が濃くなって来る。

 

このビワの木の近くにはカリンの木 今ピンクの花が咲いている。

 

この薮周りの畑には 色んな果樹類を植えているが 蕾が膨らんだブルーベリー。

 

釣鐘状の蕾が膨らんで・・・

 

家の周りでは少し遅くに咲き始めたチューリップ。

 

春が進んで草花は至る所で花 まだ肌寒い日はあるだろうが それでも過ごし易い日が多くなった。

4月も下旬になる 暑いは寒さがぶり返すだは そんな事を言っている内に いい季節に向かっている。

目に青葉山ホトトギス そんな季節も近い 田の作業もだんだん忙しくなる。

ま〜ボチボチ(笑)・・・・・


今日は予報どおりの雨。休養日(笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は予報どおりの雨 9時過ぎから雨が降って来た 妻は老人会の総会にお出掛け・・・

昨日まで田での元肥散布などで 体を動かして今日は休養日(笑)

家の周りも春の草花が・・・ドウダンツツジも釣鐘状の花。

 

チューリップも咲いた。

 

妻が植えたチューリップはこれから・・・

 

昨日はトラクターが動いて 人の影もあったが誰もいない・・・

 

 

 

山の梨が白い花を咲かせて・・・

 

山ツツジも満開。

 

 

 

雨の小降りな時に 昨日枝を持ち上げたビワの所に行く。

改めて見ると今年は実の着きがいい だがこれ全部に袋を掛ければ 実が大きくならずに小さいのばかりになる。

 

 

 

摘果して数を少なくする 残した実が大きくなる。

 

多くても一房に2〜3個に・・・虫が付いていない形のいい物を残す。

少しばかり袋を掛けて見た。

 

雨が降っている 2〜3日は田の作業は出来ない ボチボチ袋掛け。

6月の上旬の頃から熟れ出す 今年は夫婦十分に楽しめそうである。

ビワは袋掛けだけで 消毒など薬は一切使わない 安全・安心な果物(笑)

 

大王ビワに田中ビワ どちらも摘果して数を少なくすれば ゴルフボール以上の大きさになる。

どうせ夫婦で楽しむ 完熟させて甘く果汁が多くなってから採る。

丁度田植えが終わってホッとした頃に熟れる 気は長くでその日を待つ(笑)


残っていた柿の木の剪定。薄日の中花や生き物が・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

3月になって暖かい日にボチボチ果樹類の剪定 残っていた柿の木の剪定。

薄日が射して風のない場所は暖かい 防寒着を脱いで脚立の上下に身軽に。

売り物にする果樹類ではない 夫婦で食べ余れば人に分ける自家用。

 

適当に?程々に?である 専業の人が見れば笑うだろうが 自己流での剪定。

休憩しながらである 座っていたら何かが動く よく見たらアマガエル。

 

ここ3日の暖かさで出たのか まだどことなくひ弱な感じである。

 

近くのスモモの枝の蕾が赤く膨らんでいた。

 

昨日はアンズの蕾 このスモモの蕾も3月中には咲くかも。


風の当たらない谷間の 陽当りの良い場所には毎年早目にワラビが出る。

日記にはこの頃初採りと記している 探したらようやく枯草の上に出ていた。

 

これ1本じゃないはずと探したら 枯草の中にあった。

 

 

 

ワラビの周りにはカカキドオシの花が 蔓を伸ばし繁茂する 隣の垣根も蔓を伸ばし超えて繁茂 そんな生命力の強さからカキドオシの名前とか。

 

この草は畑に生えると厄介 蔓を伸ばし節々から根を出す 抜いても節から折れて根があるからまた伸びる。

カキドオシの横にはヨモギが葉を広げている ヨモギには止血の作用がある。

田や畑で指等が切れた時に このヨモギの葉を揉んで 葉の中の汁が出る状態で切れた所に着けておく。

 

これで少々の傷なら血が止まり 応急の処置には対応できる。

田畑で鎌等を使い 傷に対する備えが無い時に重宝する 昔からの先人の知恵。

これから山菜の時期 もうそろそろお終いのツクシ これからのワラビにゼンマイ。

タラの芽も間もなく 山菜ではないがタケノコも 本格的に生えるようになる。


二十四節季の啓蟄(けいちつ)で薄曇りだが穏やかな天気。

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は二十四節季の啓蟄 啓蟄とは 陽気に誘われて 土の中の虫が動き出すころのこと 一雨ごとに春になる そんな季節の気配を感じながらとある。

また啓蟄初候には 蟄虫戸を啓く(すごもりのむしとをひらく)とあり 冬ごもりをしていた虫が 姿を現し出すころ 虫にかぎらず さまざまな生きものがめざめはじめますともある。

 

昨日は晴れから薄曇り 今日は朝から薄曇りだが穏やかな天気。

 

その穏やかな天気に誘われて 昨日に続き伸び放題の枝の柿の木の剪定。

 

柿や栗の木は昨年伸びた枝の先の 3〜4個の芽から出た新しい枝に花芽が着く。

桃やスモモのように 昨年伸びた枝に花芽を着けて 冬越しはしない。

だから剪定する時に 昨年伸びた枝の先端は切らない。

 

徒長した枝は 勢いが良いので花芽を着けず 今年新しく出た枝に花芽を着ける。

枝の更新をしない限り徒長した枝は切り 勢いの良い枝に多く行く養分を分散。

風はなく穏やかな天気 上着を脱いでの作業 薄日を受けてクモが竹で暖。

 

一匹が暖を取っていたら もう一匹が出て来て暖。

 

これから暖かい日には多く見るようになる まだまだこれから色んな虫。

午後は妻が裏山の麓の谷間にフキノトウ採り 集落より高台 雪の大山が薄曇りに霞んで見えた。

 

谷の向こうには杉の植林 花粉が飛ぶ準備で茶色になって・・・

 

今日は風もなく花粉が飛んでいない? いずれにしても近々飛ぶのは間違いない。

ま〜夫婦共にボチボチである。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM