二十四節季の芒種。春耕の最大イベントの田植えが終わった!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

二十四節季の芒種 芒種とは 稲や麦など穂の出る植物の種を蒔くころのこと 稲の穂先にある針のような突起を 芒(のぎ)といいますとある。

稲の種を蒔き田植えが出来るようになるまで 昔は苗代という田で育て 手で田植えをしていた 今はその苗を機械で植えられるように育てたものを JAから買って田植えである。

 

4〜5月は春耕の最盛期 田植えが終るまでは 少々の雨でも田に出て作業。

4月初旬孟宗竹のタケノコが出るようになると田に出る。

 

この頃になると裏山や 田の畔や畑も草が伸び 木は葉を大きくし緑に染まる。

 

田に元肥を撒き 田を耕し畔の草を刈り田植えの準備。

 

老夫婦は妻も元肥撒き(苦笑)

 

集落の用水路に田植えの準備の水が入り 代掻きで田の土を柔らかくし均す。

 

この頃になると孟宗竹のタケノコは終り 山に破竹のタケノコが生える。

 

ま〜夫婦共に山に入って山菜やタケノコ採りは 農作業の合間の息抜き(笑)

そんなこんなで先月末に 春耕の最大イベントの田植えが終わった!!!

機械での田植え どうしても隅や植えない所がある それを補うのは人しかない!

 

先月末から今月初めに 妻と娘が植えて・・・

 

 

 

これで田植えが終り 夫が定められた除草剤を撒き これで当分田に入る事はない。

2ヶ月老夫婦で春耕作業 今は一息ついて妻は畑に 夫は薮等の草刈り・・・

朝はゆっくり 夕方は早目に作業を止める・・・しばらくはのんびりかな?


今日は二十四節季の穀雨。新型コロナ感染者が山陰両県にも・・・!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

二十四節季の穀雨 穀雨とは たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころのこと この季節の終りには 夏のはじまりを告げる八十八夜が訪れますとある。

春のことばで「春眠暁を覚えず」があるが「朝が暖かくなり つい寝坊してしまった」とのニュアンスで言われるが もともと昔の中国の詩人が書いた詩の一節で「夜明けが早く いつのまにか朝が訪れるなんて つくづく春だなぁ」という意味とか。

 

連日新型コロナのニュース それでも季節はめぐる 朝晩の寒さも和らぐ。

川向こうのソメイヨシノの花も満開 外出自粛もあり今年は花見の気分も遠のくが満開。

 

暖冬だったせいか ブルーベリーの花も咲き始めている。

 

裏山も春めいて木の芽立ちや山桜も咲いて・・・

 

道端ではウマノアシガタの黄色の花も満開。

 

田んぼの傍の山桜も満開。

 

例年なら祭が開かれもっと多くの人が訪れる 伯太のチューリップも満開だった。

 

 

 

ビワの実も暖冬の影響なのか 小指の先程の大きさになった。

 

 

 

妻が実の多いのは間引き袋を100枚ばかり掛けた もう200枚ばかり掛けないとという。

 

桃の花も満開 今年は桜もスモモも桃もブルーベリーもアンズも同じ頃に咲いた。

 

4月も中旬 そろそろ春耕の頃 ぼちぼち一回目の田を耕す。

 

 

 

集落共有のトラクター 毎日家に居る者はなるべく平日に使用である。

新型コロナ過で何となく野山も色褪せて見え??? 春耕にも今一身が入らない???

山陰両県はコロナ感染者が久しくゼロだったが 10日ばかり前から一気に感染者。

 

島根15名鳥取3名 全国的には倍々に増加? 効果がある薬がまだない 目に見えない不安 感染者の数だけ増える。

昨日1万人を超えたとか・・・ 一家に二枚ずつマスク配布 着いたとか着かないとか!

総理はマスク業界に増産を依頼したと 不足分は充分賄えるとドヤ顔でテレビ画面。

 

そりゃ総理の膝元には充分かもしれないが 現実にはこの山陰地方ではどの店に行っても全く無い 入荷は全く不明と!

東京の義姉は電話で東京も全く無いと この地で買いも求めて店を歩き回っているのは 多くが都会にいる親戚や子供等に送る分との話 配布より安心出来る量を早急に講ずべきでは。

 

森友・加計学園・桜を見る会 どれ一つ真実は闇の中 真摯に答える気は全く無い。

コロナ対策も真剣実がないと思うのは自分一人なのか???

経済対策も必要だが もっと早い機会(2月とか3月)に 医療現場に必要な対策にドンと金を使うべきだった いや今からでも遅くはない 医療現場に必要な防護服やマスクに手袋などの手当てを行うべきでは!!!

 

しっかりした対策でないと 食料品の買い溜めや不足が生じたら・・・

国中がパニックにならないとも・・・??? そうならないように願うものである!!!!!


今日は二十四節季の啓蟄。

JUGEMテーマ:日記・一般

連日新型肺炎のニュース 小中高校は休校 各種イベントは縮小もしくは中止 大相撲初場所に選抜高校野球は無観客開催 観光地には人がまばら これから年度代わりで歓送迎会もどうなるのか?

東京上野での花見も自粛要請? 更に官公庁をはじめ人事異動に 高校大学進学による新しい学校への入学と 人の移動も多くなる。

 

トイレットペーパーにテッシュが不足するとの風聞 我が家は老夫婦 年末に買い置きの物で充分 ショッピングセンターの売り場を覗いたら一つも無い(苦笑)

ま〜買いたい時に無いのも困る しかも無かったら困る品物 どうせ腐る物ではないある時に少し多目に買う 店頭から消える 悪循環かも・・・

 

国や業界は充分有る そう言われても行き付けのスーパーに無く 店員に聞けば入荷は何時になるか分かりません そんな事を言われたらあっちこっちを探しあれば買うよな〜!!!

まっ精々風聞やデマに惑わされないようにしよう もっともラインなど無縁の老夫婦 惑わされようもないかも(苦笑)

 

今日は二十四節季の啓蟄(けいちつ) 啓蟄とは 陽気に誘われ 土の中の虫が動き出すころのこと 一雨ごとに春になる そんな季節の気配を感じながら とある。

今日は寒く午前には霰が降ったが それでも暖かい日が有ったりと・・・

 

で 2〜3日前に日当たりの良い畦道を歩いていたら なんとツクシが頭を上げていた!!!

 

 

 

 

 

西向きで午後の暖かい陽で 春が来たと頭を出した?

まだ本格的なツクシじゃなく 気の早いのがおそるおそる頭を出した そんな感じ。

梅の花は満開が過ぎ散り始めている 春の訪れが早いように感じている。

 

まだ米作りの作業をするのは早い 4月なってからボチボチである。

得体の知れない?新型ウイルスによる肺炎 早急に治療方法の確立と終息を願うのみ!!!


四国善通寺・金毘羅神宮参拝し四国札所巡りの八十八番札所大窪寺参拝し阿波踊り会館で阿波踊り鑑賞し徳島市で宿泊!

JUGEMテーマ:日記・一般

23・24日一泊二日で四国旅行 集落の参加者一行15名に妻と参加。

23日朝6時30分観光バスで出発 集落の空は黒い雲で青空は無い(苦笑)

新型ウイルス肺炎発症者が各県に 幸い山陰両県に四国での発症者は無い。

 
旅行のお世話を少しした者としては 山陰や四国で発症者が無い事で少しは安心?

早朝の出発 参加の皆さん乗車早々からテンションが上がって(笑)・・・

米子道〜岡山道と進み 車中でお神酒?のアルコールで賑やかになって・・

 

岡山道の途中から青空が広がり 瀬戸内大橋を渡る頃には快晴になった。

瀬戸内大橋の上から見える瀬戸内海に 春を思わせる太陽の光が反射して眩しかった。

 

最初の善通寺到着 ガイドの説明ではこの寺は弘法大師御誕生所だと・・・

 

この日は日曜日 人が思った以上に多かったが 外国人の姿は殆ど無かった。

ここで暗闇回廊巡り 長野の善光寺の回廊より長いと言う 前を歩く人に触りながら(笑)真っ暗闇の回廊を進み 中途で明りのある大師像に参拝。

 

次は善通寺か近い金毘羅宮参拝 その前に四国に来たからには「うどん」!

金毘羅宮参拝の参道脇のうどん店で昼食 好みだが自分的には少し硬い?

参道に有った駕籠やさんは1月で廃止(涙) 参道の途中までタクシー。

 

三連休の中日 ま〜家族連れが多かった 結構頑張ったが本殿参拝は途中で断念(涙)

 

結局本殿までの参拝者は数名 多くの参拝者は殆どマスク姿 もちろん我々も・・・

12時過ぎに琴平宮を後に八十八番札所に向かう 2時間近く高速道を離れて一般道。

四国の山道を進んだ まぁこんな山の中にというような谷間にも人家。

 

四国の山の中の風景を見ながら これまた山の中の八十八番札所の大窪寺に到着。

さすがにここは人が少なかった 歩いているのは我々の一行のみ。

 

 

 

この寺は八十八ヶ所巡りの満願寺 巡りに使用した杖の奉納場所。

 

ま〜気持ちの問題 満願寺参拝で巡礼巡りをしたつもり・・・(苦笑)

金色の看板に陽が当たって・・・

 

ここの参拝が済んだら今夜の泊りの徳島市に向かう 途中から高速度に入り進む。

徳島市の阿波踊り会館に到着 集落の一行歓迎の入り口の看板。

 

待つこと10分 阿波踊りの実演が眼前で・・・

 

何曲かの踊りの後 観覧者も踊りの輪にと勧められ 踊り好きの人が参加。

 

 

 

眼前で見る阿波踊りを堪能 なかなかテレビでは見るが実際の踊りは見ない(苦笑)

徳島市で泊り 夕食は居酒屋で地元の料理?

 

夕食で食べて飲んで一行満足? ホテルで爆睡した(苦笑)

二日目は一番札所・二番札所巡りと大塚美術館 鳴門の渦潮を船から観潮。

帰り道?淡路島の北淡町震災公園 これらは次投稿します。 

 


今日は二十四節季の雨水、昨日は先日より大雪になって・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は二十四節季の雨水 雨水とは 降る雪が雨へと変わり 氷が解け出すころのこと 昔からこの季節は農耕の準備をはじめる目安とされてきました。

早春の暖かな雨が降り注ぎ 大地がうるおいめざめるころともある。

 

そんな雨水の前日の昨日 朝目覚めて驚いた!!!(笑)17日以上の大雪!

山も畑も屋根も道路も銀世界 20cm前後の積雪 まさか雨の雨水が雪に!!!

 

車庫前の市道も雪。

 

 

 

少し花芽が膨らみ始めたヤマホウシの枝にも雪。

 

降る雪で裏山は見えず 近くの家など景色が・・・

 

本格的な冬(苦笑)こんなに積もるとは想定外?

寝ている部屋の前も木にも畑にも人家の屋根にも雪 雪に覆われた部屋になった。

 

勤めなど出ない 田畑にも出ない ま〜こんな日はコタツ。

テレビは新型肺炎関連ニュース 国会中継では野党の質問に安倍総理はヤジで応酬? はては野党の領収書を出せとの追及に そんな領収書でなくとも私が個々が支払ったと言っているのだからそうである?との強弁?

 

昼前から気温が上がりあれよあれよという間に 道路や屋根の雪が落ちて消えた。

税の確定申告 雪が融けた道路は太陽で乾き始めた場所も これなら申告会場に行ける。

申告書に領収書など一式抱えて会場に行く 雪のためか思ったほど人がいない。

 

何時間も待つ覚悟だったが 案外早く順番が来て 一式担当官に出す。

年金の源泉徴収票に社会保険領収書 経費や保険料の領収書 なんかな〜!!!一国の安倍総理のように 支払ったと私が言っているんだから支払った こんな言葉では国民の言い分は通らないよね(涙)

 

1円からの領収書を揃え それを積み上げて経費や保険料の控除を受ける。

確定申告が終って一息? 国民の義務である税申告 幸い?米作りの農閑期。

ま〜一つ一つである 明日頃から気温が上がるような予報 案外梅の花が満開になるかも?


朝から晩まで新型ウイルスによる肺炎のニュース!!!今朝はまさかの雪景色・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

連日朝から晩まで新型ウイルスによる肺炎のニュース 一日中家に居る身 どのチャンネルを回してもこの肺炎に関するニュースばかり。

まだウイルスの詳細は不明の部分も多い 治療薬の開発も時間が掛かる 感染力も強いようで国内で感染経路の不明な感染も出た。

 

高齢者や持病のある人は注意という 夫婦高齢で夫は肺がんは一応消えたが継続観察中。

ま〜なるべく人の多い場所には行かないこと それでも日々の暮しに時には買い物が必要 否応なしに人の多い場所にも行く。

これ以上国内で感染が広がらない事を祈るしかない 未知の菌による病気が広がるのは不安な事である。

 

今朝カーテンを開けたら雪景色 まさか積もるとは思っていなかった(苦笑)

幸い舗装道路には積もっていなかったが 屋根や畑は雪景色になっていた。

 

 

 

庭の椿の葉にも雪。

 

一昨日午後は快晴 身体慣らしに山道を歩いたが 真っ青な空で陽の当たる場所は暖かった。

 

川向こうの山の上には 雪で真っ白な大山が見えていた。


厚手の防寒着は脱いで歩いた 山の斜面に当たる春日?で気の早いスミレの花が一輪。

 

その斜面に枯葉の上を動く物が・・・立ち止まって見たらトカゲがゴソゴソ。

冬籠りから陽の暖かさに誘われて出たのか・・・

 

快晴で妻はジャガイモの種芋植え 畑に溝を引き元肥に堆肥を施し種芋を並べて。

 

その上に土を覆う。

 

その畑の側の梅 9日に積もった雪で膨らんだ蕾が 開くのを休んでいたが この暖かさで開いていた。

 

極端な天候 1月には雪が降らず立春が済んだら雪 そして快晴の暖かい日。

今日はまた雪 開き始めた梅の花も今日は雪に覆われている さて今年の梅はどうなるか。

妻が植えたジャガイモも雪に覆われた 梅などの果樹類 大根やキャベツは暖冬でどんどん大きくなる。

 

天気に左右される果樹や野菜物 野菜物は暖かさが続けば 成長が早まり花を咲かせようとする そうなれば大根はスカスカになり 白菜など菜っ葉物は花芽に養分が行き食べられなくなる。

日本の四季に合わせて育つ果樹類に野菜 今年の春から夏にはどんな天候になるのか心配である!!!

予報では今夜から明日も雪 どれだけ積もるのだろうか?・・・


先日の雪は消えたが寒い・・・!午後は青空で山道を歩く(笑)

JUGEMテーマ:日記・一般

先日の雪は消えた それでも午前は時折風花で気温が上がらず寒い。

こんな時にはコタツにはまり込んでいるのに限る 妻は旦那寺の婦人部の集いでお出掛け。

午後はだんだん青空が広がる コタツもいいが青空からの光を受けて歩くのもいい 春は光から・・・その光の中に出て見た。

 

雪の前に一輪二輪と咲き始めた梅 雪で咲くのを遅らせた? それでも蕾は膨らんで次気温が上がれば咲く!

 

 

 

陽当りの良い場所の梅は咲いた数が多い。

 

日陰では先日の雪が残っている場所もある。

 

裏山の下までの山道 田んぼのための農道も兼ねている 登り坂道。

 

裏山の裾まで・・・常緑の木がある下を通り裾まで・・・見た目以上にキツイ!

 

裾まで登ると視界が開ける。

 

ここまで家から30分近く歩く 帰りは下り坂 道の周辺なども見ながらである。

久しぶりに歩けば もうオオイヌフグリの青い花が咲いていた。

 

 

 

陽が当たらなくなると花を閉じる そのため長らく花を見る。

木々もそろそろ樹液を吸い上げる頃になる 暖冬の影響なのかブルーベリーの花芽が膨らみ始めていた。

 

今年も昨年と同じ面積での米作りをと思っている 天候もだが老夫婦で何とかと・・・

手に余る場合には人助けを得ながら 無理せずにボチボチでと・・・

機械化以前は重労働だった 田起こしや代掻き 田植えに稲刈りは大型機械で済む。

 

大型機械で出来ない(していない)肥料散布や畔草刈り それに水管理など結構手間が掛かる。

そんな作業はボチボチである ま〜何とかなるだろうと楽観している(苦笑)

そのためにもこれから少しずつだが歩く 身体慣らしからである・・・!!!


一昨日は立春。なのに今日はこの冬初めての積雪!!!

JUGEMテーマ:日記・一般

ご無沙汰でした 昨年11月投稿以来です(涙)秋の収穫が済み気が緩んだのか? 何をするのも億劫になり漫然と過ごしていました。

肺がんは消えているが 2月に一度病院通い 医師からはがんは心配ないが 肺にがん以外の影がある しばらくは様子を見る必要があると言われている。

 

そのせいではないと思うが 意欲がわかない それでも確定申告のための農業所得の領収書の整理を なんとか先月に終えた。

2月になって少しづつ日が長くなるのを実感 春は光からというが新しい年を迎えたなと・・・

幾らかやる気を出して(苦笑)近くの山道を運動にと歩き出している。

 

一昨日は立春 立春とは 初めて春の兆しが現われてくるころのこと この季節から数えて最初に吹く南寄りの強い風が春一番ですとある。

なんか今年は新型ウイルス肺炎の風が強烈で 春一番やスギ花粉などは隅に追いやられた感じである、

 

それでも一昨日の立春は快晴!日本晴れ! 近くの山道沿いの梅が数輪咲いていた。

 

蕾も膨らんでいた 暖冬で例年よりは早く咲きそうである。

 

真っ青な空に向かっている枝の蕾も膨らんでいるのが分かる。

 

足もとではタンポポの花。

 

スイセンも咲き始めていた。

 

そしてフキノトウも大きくなって・・・

 

山道を高台まで歩くと 雪不足でスキー場が困っているという 大山が白く見えた。

 

まだこの日はスキー場も一部しか滑れないと放送。

 

昨年の冬のように今冬は積雪が無いのか? そんな日が続いたが昨日からの天気予報で一転 この山陰にも強い寒気が来る予報。

今朝起きたら雪景色!!! 10cm位はある 真っ白の景色は二年ぶり・・・

 

庭も白くなって・・・

 

車庫前の市道も白くなって・・・

 

 

 

裏山も雪が降って霞んでいる。

 

集落の田んぼも銀世界になった 良し悪しは分からないが 冬にはやっぱり雪がないと!

 

雪は降ったが立春が過ぎてからの雪 そうそう何時までも残るとは思えない。

春の淡雪?それとも今夜も積もるのか? 冬を実感した一日だった!!!


今日は二十四節季の「小雪」能義平野に白鳥飛来に大山冠雪。

JUGEMテーマ:日記・一般

二十四節季の小雪 小雪とは寒さが進み そろそろ雪が降り始めるころのこと とはいえ雪はまださほど大きくなく 寒さもそこまでではありませんとある。

集落の裏山もようやく本格的な紅葉になりつつある。

 

 

 

一昨日妻の労災病院診察で能義平野を通ったら 白鳥のため水を入れた田に白鳥。

 

 

 

冬が来たな~と思う・・・

 

夕方に通り雨 夕日が紅葉が多くなった川向こうの山に そこに虹が・・・

 

 

 

 

 

夕日で赤くなった雲も・・・

 

夕日が落ちて薄暗くなりつつある 県道沿いの電線に渡りカラスが鈴生り。

 

何かに驚いて一斉に飛び立つ、

 

今日妻がどうしてもコンニャク玉が欲しいと言う 周辺の道の駅にはない。

例年大山周辺の道の駅に有って 買い求め正月用は自家で作っている。

妻の言い分には応えておかないとね〜〜〜(苦笑) 大山頂上付近には雪!!!

 

 

 

舛水高原のススキは枯 その上の紅葉は終り。

 

紅葉の見所鍵鈴懸峠に車も人も少なく 見える景色は紅葉の葉が落ちた景色。

 

山頂部には雪 明日晴れなら融けて無くなるかも?

 

大山周辺の道の駅三か所廻ったが無く 次で無かったら諦めようと話す。

幸い次に行った道の駅に有った!!! そう多くは無かったので妻が買い占めた(笑)

車の中で妻曰く これで正月用のコンニャクが出来ると・・・

 

大山に三度雪が降ると 我が地にも雪が降ると言い伝え 近年はなかなか言い伝え通りには雪が降らない。

温暖化の影響なのか? 地球規模での異常気象? 言い伝えによればカメムシの少ない年は 雪が少ないと言うが・・・

大雪は困るが米作り農家には 適度な積雪が欲しいのだが・・・・


深まる秋。今夜から冬型になる予報。

JUGEMテーマ:日記・一般

まだ米子の大山に初雪が降っていない 予報では午後から冬型の気圧配置に・・・

だんだん気温が下がると・・・ 昨日まで日中動けば汗が出るような気温だったが・・・

初雪の便りがニュースになれば 秋が深まる 妻は昨日までの晴れ続きに玉ネギの苗を植えた。

 

少し谷間に入った場所の畑を耕して・・・

 

200本ばかりの苗を植えた 老夫婦には有り余る?(笑)

 

今日は曇り空で時折小雨。

 

田んぼから見た裏山も少しずつ色付く。

 

庭のナツツバキも紅葉。

 

生け垣のドウダンツツジも紅葉。

 

冬に花を咲かせるヤツデも蕾が膨らむ。

 

庭のムラサキシキブモドキの実も紫に色付く。

 

朝晩が冷えるようになると 山田の畔に寒ワラビが芽を出し胞子が膨らむ。

 

何回も刈り取られたタンポポも丸い綿帽子の種 その根元にはまだ種作りをと黄色い花を咲かせる。

日一日と秋が深まり だんだんと冬の様相になって来る。

病気を持っている身 昨日はインフルエンザの予防接種 用心するのも大事か?

 

今日は妻は老人会のグランドゴルフ大会でお出掛け 寒くなるよとの一言で重ね着をし 暑くなれば脱げばいいと・・・

夫は家の周りでゴソゴソ シイタケのホダ木にボツボツ秋子が芽吹く。

重なり合ったホダ木を動かしたり 古くなったホダ木の片付け等。

 

ま〜ボチボチで無理はしない(苦笑)目に付いた事をである。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 一昨日は立春。なのに今日はこの冬初めての積雪!!!
    宇山辰夫 (02/09)
  • 一昨日は立春。なのに今日はこの冬初めての積雪!!!
    通りすがり (02/07)
  • あれやこれやだが9月で昨日は白露。それにしても残暑が厳しい・・・!!!
    宇山辰夫 (09/12)
  • あれやこれやだが9月で昨日は白露。それにしても残暑が厳しい・・・!!!
     高橋秀幸 (09/11)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    宇山辰夫 (06/06)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    ファン (06/03)
  • 5月末に死ぬ思いで田植え(苦笑)6月になって少しホッとしている(笑)
    ファン (06/02)
  • 今日が平成最後の日。明日から令和!・・・
    宇山辰夫 (05/06)
  • 今日が平成最後の日。明日から令和!・・・
    ファン (04/30)
  • 今日は風が暖かい・・・
    宇山辰夫 (03/06)
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM